フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: モルトの話 お酒の話

【ソーバーキュリアス】Sober(しらふ)Curious(ふりをする)を組み合わせた造語。イギリスやアメリカの若者を中心に、トレンドになっている「ソーバーキュリアス」。「お酒は飲めるけれども、あえて飲まない選択をする」というスタンスを意味する言葉。
IMG_2251
政治が彼らをサポートする義務がある見上げた若者たち「ヤングケアラー」と違い「ソーバーキュリアス」の問題は私にとって切実な問題です。

喫煙者にとって住みにくい世の中が続いています。

昔、むかし。1970年代やら80年代の時代は飲食店はもとより駅構内やホームでもタバコは喫い放題、日本中あちこちが、とにかくモクモクしていた世の中でした。

東京2020でこの流れが一層強化・ダメ押しされ、喫煙者が窮屈な世の中どころか、タバコ文化が事実上滅亡すると思われていましたが、コロナ禍の直撃で飲食店への完全禁煙の流れもストップ「タバコ吸えます」の看板もよく見かけます。

スポーツの世界ではタバコや酒がパフォーマンスにマイナスであることは、古くから知られてきました。 

ヤクルト、西武を優勝に導いた広岡達郎監督は、禁酒・禁煙や食習慣など私生活にまで踏み込んで選手を徹底管理しました。

禁酒・禁煙で優勝したわけではありません。大の大人の食生活や生活習慣に監督が口出しするのも、どうかと思います。

海老沢泰久の「監督」は日本のスポーツ小説史上、最高傑作の一つですが、現実の広岡達郎は野茂英雄の大リーグ挑戦のときの言動から、どうしても好きになることが出来ません。

当時の広岡はあの程度でも、日本屈指の大リーグ通と見られていました。

「野茂は絶対に通用しない。大リーグの厳しさとレベルの高さに泣いて帰って来る。そのときに日本球界は受け入れてはいけたない」。

ほぼ日本中のメディアと専門家が野茂に否定的でしたが、広岡はその中でも急先鋒でした。

「アマチュア米国代表の主軸でも野茂のストレートには押されて、フォークはカスリもしなかった。米国では大リーガーになってから大きく成長するとか日本で言われてるけど、そんなわけない」という古田敦也の言葉や「単純に面白い。野茂君の速球とフォークは米国でも通用するはず」という長嶋茂雄のエールが嬉しかったですが、私は「通用しないかもしれない」と漠然と思っていました。

「米国で大リーグに上がることすら出来ない選手が日本で破格のパワーや技術を見せつけタイトルを獲るのに、その逆(日本の二軍選手がメジャーで本塁打王を軽々と獲る)はありえない」と嘲笑う広岡の言葉に対して納得できる反論は思い浮かびませんでした。

ただ、古田の理屈は実にその通りだと感じていましたし、大リーグの打者が野茂を簡単に攻略することは難しいはずだと思うようになっていました。

結果は誰もが知っているように、広岡の「日本人が大リーグで通用するわけがない」という見立ては全くの大間違いでした。

欧米と違い、日本のスポーツ文化が学校〝教育〟をベースに発展したことの歪みは、最も人気のある団体競技、野球に凝縮さています。

その歪みはプロでも変わりませんが、時代を考慮しても広岡のやり方が成熟した人間に対して一線を超えていたことは彼のやり方が指揮を執ったいずれの球団でも極めて短い時間で瓦解したことからも明らかです。

もちろん、欧米のアスリートのように個々の選手が栄養・調整トレーナーを雇用して生活習慣を徹底管理するのは素晴らしいことです。

前置きが長くなりました。

〝お酒のピンチ〟のお話です。

タバコと同様にアルコールが健康に害を及ぼすことは、今更言うまでもありません。禁煙ほど禁酒の動きが大きくなっていない理由は〝受動喫煙〟〝ポイ捨て〟など他の人に悪影響や迷惑を及ぼすことが軽微だったことからです。

しかし、広い目で見ると飲酒による健康被害は医療費の膨張という、深刻かつ甚大な損失につながります。

受動喫煙はないものの、飲酒の強要や、大声を出したり暴力を振るったり、街や電車を汚したり…お酒によるタバコよりも酷い被害も多くの人が嫌な経験をしていると思います。

ただ、タバコと同じくマナーを守って愉しむことは自由です。

もちろん「国際連合」「国際保健機構」が最強タッグを組んで「アルコールは悪者」キャンペーンを強化している現状では、喫煙者同様に酒飲みも〝狭量で住みにくい世の中〟の足音が大きくなっています。

明治維新の昔から「グローバル・スタンダード」に弱い日本が酒類業界も含めてこの流れに全面的に賛同(全面降伏?)しているのは不思議なことではありません。

まあ、それにしても余計なお節介です。
o1280072014904044552
かつて、タバコは堂々の広告スポンサーで、それはスポーツ専門誌でも変わりはありませんでした。

アルコールはまだ、生き残ってはいますが、広告が「毒だから飲むな」的な趣旨の、タバコと同じ扱いになるかもしれません。
IMG_5434
そんなアンチ・アルコールのムーブメントの牙城である米国ですが、ボクシングのリングは治外法権。

バドワイザーやクアーズの露出はめっきり減っても、コロナやテカテのメキシコブランドが席捲、SHOWTIMEのイベントではアイリッシュ・ウィスキーが大スポンサー。

バドガールを見かけなくなっても、テカテガールやコロナガールはあちこちのリングでラウンドボードを掲げて腰を振っています。
IMG_3635
メキシコ料理とメキシコビールは、私の大好きなメッチメイクです。

ボクシングと並んで、タバコと酒のスポンサーに支えられてきた民度の低いモータースポーツは一足先にレースクイーンの廃止など〝健全化〟の道を歩んでいます。

国連とWHOの政策に最後まで抵抗を続けるスポーツは、ボクシングでしょう。

さすが、私が大好きなスポーツです。
 

最後に、大嫌いなアルファベット3文字団体であるWHOや国連の取り組みが「タバコとは違い、アルコールそのものを害悪と決めつけているわけではない」ことは、お断りしておきます。

WHOは、禁止薬物やドラッグはもちろん、タバコと酒も一切嗜まない選手で世界タイトルを争う承認事業にも乗り出すのも良いかもしれません?

「WHO世界バンタム級チャンピオン〜〜〜」。
7288.
WHOのロゴマークなんて、そのままチャンピオンベルトのバックルに使えそうです↑。なかなか格好いいかもしれません。




…それにしても、アルファベット団体ってロクなもんないですね。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

札幌時代の前から、10年以上も、お付き合いのあるお店が、お店を閉めるというので、ずっとお酒を飲んでいました。
image
正確には今夜の8時で店をたたんだので、そっから先は、お店じゃないです。

ときどき、止まり木に腰掛けて、生ビールとウイスキーを舐めさせて頂いた、私にとっての人生のエイド・ステーションの一つでした。

お店のマスターとは、今までの10年以上、全部合わせても1時間も会話を重ねたことはないと思います。

それでも、なんだか居心地の良いお店ってあるもので、久しぶりに席についても、ベルギーやドイツの新しい生ビール、珍しいモルトが入ったときは、必ず教えてくれます。

会社や仕事先の人間を連れて行くことも、ほとんどない、お店でした。

今から思い返すと、勝手な独りよがりですが、相思相愛なお店でした。

菅義偉も小池百合子も精一杯、頑張ってくれていると思います。

そう思わなきゃ、やってられません。

誰が悪いわけでも、ありません。

ただ、菅義偉も小池百合子も、残念ながら、ヒーローじゃありませんでした。

マスターとは、会話が少なかったせいで、彼の出身地が札幌だということ、お互いに年下だと思ってたこと、などなどなど…今更なことをクスクス笑いながら、話しました。

誰も悪くないのだけれど、飲食店や旅行業の一部の人たちに、この不運と不幸の荷物が全部のしかかる。

誰も悪くはないのだけれど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

image
image
横浜散歩。

普段はハンバーガー店なんかには近寄らないのだが、beer & hamburgerの「beer」に吸い寄せられてしまった。

店内も空いてて、すぐに飲んで食べれると思いきや10分近く待たされて席に。

しかも、周囲はカップルだらけ

そして、タブレットでオーダーしてから、さらに約10分。
image
image
それにしても、この手のハンバーガーってまともに食えないのに、何故この形状なのか?

ハンバーガーはビールに良く合って美味しかったが、もう2度と訪れることはあるまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この季節は別れと出会いの季節です。

人事異動やら転職やら。

今月上旬、お昼ご飯から帰ると、取引先が「メールもしましたが異動になりまして」と後任の方を連れてアポなしで待ち構えてました。

かれこれ5年もお付き合いがあり、笑えない過去の失敗談の数々をお詫びして、笑い会った後。

先方から「真っ昼間ですが軽くビールでも。銀座に黒ラベルのアンテナショップがあるんですよね。行ったことないから連れてって下さい」と、〝逆指名〟。

この程度の逆指名は可愛いもんです。

というわけで、地下鉄銀座駅構内の「サッポロ生ビール 黒ラベル THE BAR」へ。

本当に軽く20分位のの挨拶には丁度良いお店です。

半年くらいご無沙汰してる黒ラベルのアンテナショップでしたが、以前は劇的にショボかったおつまみメニューがリューアル、充実していました。
image
ビールは一杯500円。馬刺しロース、580円。この画像は、さっき一人でランチ代わりに飲んで食べたときのものです。銀座サンドというサンドイッチ(580円)もなかなかお薦めです。

お店の人からビールの説明を聞きながら、3人で粛々と2杯ずついただきました。

「いやあ、ビールって美味しいもんですね」と前任者の方が言ったところでようやく気付きました。

この人、お酒飲まないはず…。

「お酒飲まない私をいつも気遣ってくれて申し訳ないと思ってました」と言われたのですが…お酒を飲まない人を気遣う?…そんな記憶は全くないのです…。

確かに打ち合わせと称して、よく酒席を設けてましたが、そんな気配りは私には出来るわけがありません。

 

なんというか、別れというのは、やっぱりしんみりしちゃうものです。

社会人としてあるまじき不義理な性格の反動か、私の周りには不思議なくらい律儀な方々が集まってくれます。
 

対面でのご挨拶は激減してるとはいえ、慌ただしい季節です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ホテル住まい、週末に自宅へ戻る。訳の分からない生活になってまだ半月も経ってないのですが、ずっとこんな毎日を送り続けてきた気分です。

長期出張などのホテル暮らしは大好きですが、それは仕事終わりに知らない町を楽しめるから。

お酒を出す店は、従来の夜時間での営業が事実上禁止されたため、ランチやテイクアウト、そして昼飲みと試行錯誤を強いられています。

毎晩飲み歩いていた私のとって、今の生活はちょっとした囚人です。


今日のお仕事はこの解体中の木造駅舎がある街です。

オシャレな風見鶏が特徴的な駅でしたが、全国的な人気スポットとしてはあまりに小さく、建て替えとあいなりました。

それにしても、近代的な(別の言い方なら味気ない)駅舎に成り果てましたなあ。
IMG_5071
タクシーを降りてすぐに、想像以上の人出に戸惑いました。銀座・有楽町の比ではありません。

思えば、若い頃からこの街で遊ぶことは一度もなかったはずです。

金曜日とはいえ平日、それなのに不要不急な感じが丸出しの若者で溢れています。
IMG_5072
原宿。手前が大きく使い勝手の良くなった新駅舎。奥に見えるのが解体中の木造駅舎です。

お仕事までに少し時間があったので、昼飲み。
IMG_5068
中ジョッキ380円。安いです。
IMG_5069
ごま油にネギをまぶしたタコ刺し。480円。

そして、たこ焼き6個380円。

久しぶりのヒットなお店でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

グローブやバット、スパイク…何か買い物をするときは、実際に手にしてみて自分の体にフィットするかどうかを確かめます。

メーカーやブランドである程度絞り込むことはありますが。

中学、高校と野球をやってきて実際に木のバットを試合で使うことはほとんどありませんでしたが、木目の流れや目の詰まり具合をよく見て買っていました。

いきなり話は酒に飛びますが、お酒を買うときもラベルや瓶の形とか〝ジャケ買い〟することもあります。

よく飲むバーボンの銘柄「メーカーズマーク」は〝ジャケ買い〟と言ってよいかどうかわかりませんが、見た目で「良いもの」があれば買っちゃいます。

「内容を全く知らない状態で、店頭などで見かけたパッケージデザインから好印象を受けたということを動機として購入すること」がジャケ買いの定義とするなら、ちょっと違います。
IMG_5054
このバーボン、キャップを手作業で封蝋しているのが特長です。

封蝋は「手作業なので世界に2つと同じものはありません」とのこと。どこの売り場でも大抵並んでる大量生産品のはずですが、手作業だそうです…。

なんて、疑惑の目を突き刺すのが、今夜の趣旨ではありません。

この、これまでに何十本も空けてるであろうバーボンを買う〝ジャケ買い〟ポイントが封蝋です。

封蝋の垂れ方が特長的なのとか、垂れの長いものとかを見つけると思わず買ってしまうことがあります。
IMG_5055
今日買ったのは瓶裏のラベルまで垂れてました。出来たら、ラベルの真ん中にドロドロっと垂れて欲しかったところですが、さすがにこればかりはリクエストできません。

かつて明治屋が輸入販売していたメーカーズマークでしたが、現在はサントリー傘下に。

スコッチが典型ですが、サントリーが主導すると「容量が減る」「アルコール度数が下がる」「表ラベルデザインがダサくなる」という、お決まりのコースを辿ってしまうのですが、メーカーズマークは「容量減(750㎖→700㎖)」だけに踏みとどまっています。

アルコール度数は45度のまま、表ラベルも昔のまま。

この独特の封蝋を無くしたら、さすがに抗議文を送りつけます!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

緊急事態宣言のおかげで無駄に忙しい日々。

やっとまともな休日、横浜ぶらり、二軒。
image
「牛すじおでん」。客は私だけ。生ビール、小ぶりのジョッキですが190円。

そして、マリナード地下街という、この階段下にホームレスの方々がゴロゴロ寝てるわきを通って、立ち飲み屋へ。

あの人たちは働く気はあるのだろうか?あるなら、多忙な私を手伝って欲しい…。

image
image
現金引き換え制のお店は、渋谷の富士屋本店など立ち飲み屋ではよくあるスタイル。

サッポロラガー大瓶410円。お客さんは7人でしたが、お姉さん1人のワンオペ。

それでも、滞りなくテキパキオーダーをこなして、酔っ払いの相手もパーネル・ウイテカーばりに完璧にいなしてます。

あのお姉さんなら是非、多忙な私を手伝って鬱陶しい顧客をさばいて欲しい。


 

久しぶりに明るいうちからお酒を飲んでいると、スマホに友人の受験生から「テスト終わりました」の律儀なご連絡が。最近の子は、本当に礼儀正しい。


あー、そういやそうでした、共通テスト初日でした。

ニュースを見てると「問題量が多い」「教科書に載ってない一般常識がいくつか出た」など全般的に難しかったようですが、メールくれた子はいずれも自己採点で予想以上だったと…ほんまかいな。



ここ数日、私は密を避けてホテル拠点なのですが、先日帰宅した朝はたまたま小学生の登校時間。

見知らぬ小学生も大きな声で「おはようございます」も挨拶してくれます。

私も「おはよう」と返事してましたが、小学生の1人が私に近づいては離れる謎の動作を繰り返してきました。

このブログだけでなく、相当に痛い奴がいるなと「おはよう、早く学校いけよ」と相手してあげてると、マスク越しの目元に見覚えが…去年の春に一緒に「ソーシャルディスタンスごっこ」で遊んだ小学生でした。

マスクしててすぐにわからなかったのですが、私もマスクしてるのに彼の方が気付いてくれた。

「また、走ろう」とソーシャルディスタンスごっこをねだられました。

ちゃんと覚えてくれてたのか。

「またな」と答えたものの、この季節です。途中でばてて汗をかいた体を冷やしてしまうとシャレになりません。

春まで、おあずけ。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

極地探検家アーネスト・シャクルトンが、南極探検に向かうニロムド号に積み込んだ「Mackinley’s Rare Old Highland Malt Whisky」のうちの11箱がほぼ完璧な状態でベースキャンプの地下から発見されたのはちょうど100年後の2007年のこと。

MACKINLAY’Sの親会社となったホワイト&マッカイのマスターブレンダー、リチャード・パターソンがテイスティングを行い、当時の味わいを再現したレプリカ。

リチャード・パターソン、バランタインのロバート・ヒックスに並ぶブレンダーのレジェンドです。

瓶の裏面には「I  BELIEVE  it is  IN  OUR NATURE  to  EXPLORE to  REACH OUT  into the  UNKNOWN(未知への飽くなき探究心は人間の本能なのだ)」とエンボス加工が施されています。

値段は3000円を切りますが、キャップはコルク。700㎖入り、アルコール度数40度。
IMG_4941
シングルモルトを世界に広めた第一人者マイケル・ジャクソン(1942年3月27日 - 2007年8月30日) 監修のウィスキーグラスでいただきます。

色合いは浅い琥珀、香りは甘い穀物、若い印象が強い。もちろん、最初はニート(そのまま)で。

最初の味わいはドライで、口に含んでいるとナッツの甘みが感じられます。

ダルモアやアイル・オブ・ジュラ、グレンファークラスなどのモルトをブレンドしているそうですが、ピートの香りは弱い。熟成樽の気配もほとんど感じられません。

「ロックがお薦め」ということで、氷を一つ落とすと、ナッツに加えてスパイシーな香りがふわっと広がりました。水割りにするとさらに柔らかくなりそう。

「114年前に南極探検の伝説的な探査船ニロムド号に積まれたウィスキーのレプリカ」という物語が飲ませてくれるお酒です。

ボクシングでで例えると「有名なボクシングファミリーの血を引く25歳。英連邦ジュニアフライ級8位。13戦9勝3KO3敗2分 」。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

天気が良いので朝から公園でお仕事。

11月頃から急に超繁忙期を迎えて、人材募集をすることになりました。

主に私の仕事をお手伝いしてもらうので、当然私が募集広告の文言を決めるはずでしたが、各方面から猛反対を受けて却下。

その文言は、有名な極地探検隊アーネスト・シャクルトンが出した隊員募集広告を模したもので、自分では素晴らしい出来と確信したのですが…。

ちなみに、⤵︎ これがその募集広告です。

MEN WANTED for Hazardous Journey.Small wages, bitter cold, long months of complete darkness, constant danger, safe return doubtful. Honor and recognition in case of success.Ernest Shackleton
 
求む男子。至難の旅。僅かな報酬。極寒。何ヶ月も続く暗黒の長い日々。生命の危険は常にそこにある。生きて還る保証はできない。ただし、成功の暁には名誉と賞賛を得る。 アーネスト・シャクルトン

もちろん、このまんまじゃありません。

Shackleton-tour

ニロムド号による遠征(1907-1909年)で、シャクルトンが前線基地として建てたベースキャンプからほとんど手つかずのウイスキーが発見・回収されたのですが、この味わいに近づけて〝再現〟されたのがShackleton です。

帰りにこいつを1本購入。
IMG_4926
箱書きの説明によると、ニロムド号に「Mackinley’s Rare Old Highland Malt Whisky」を25箱積み込んだとあります。

マッキンレーのモルトです。そして、この再現プロジェクトでマスターブレンダーを務めたのはだれあろう、リチャード・パターソンその人です。
IMG_4932
グレーンウィスキーを使わずにモルトだけをブレンドした、バテッドモルトです。

すぐ開けて飲みたいのですが、これから野球の練習とバカ中学生の勉強会です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日が短い、です。日没は午後4時過ぎ。5時で真っ暗です。

朝から在宅ワーク、昼前からはボクシング観戦の試合の合間に仕事をしながら、カネロの圧勝まで見届け、16時前に大岡川を減量に向かって走りました。

もちろん「ガンダム」は観に行きません。あっちは行ってはいけません。

て、絶対に源流に辿り着かないのはわかってましたが…。
image
源流の泉まではわずか12㎞。

全部歩いても2時間ちょっとで辿り着く、計算です。キロ6分かけてゆっくり走って1時間とちょっと、の計算です。

それで、辿り着いても5時は回ってます。あたりは真っ暗です。

そして、全ては川の全長12㎞を根拠にした計算です。

分かってます、河口や源流を目指す場合は川の全長に何の意味もないことを。しかも、こんな時間に。

川を泳いで遡上するなら12㎞ですが、源流まで河川敷が整備されているはずもなく、現実には走る道など無くなって、川から離れて、迂回と川との再会を繰り返しながら、進んでゆくのです。

全長12㎞の川を河口から源流まで辿るとしたら、20㎞前後の距離を踏破する腹積りが必要です。

日が暮れてタイムアウト。
image
image
源流が近い雰囲気ですが、まだ半分程度。あと5キロ以上あるはずです。

ここからトボトボ走ったり歩いたりで、どこぞの駅を目指します。

しかし、寒い。どこかでビバークせねば、と餃子屋さんに駆け込みました。

こんな冷え込んだ日にビールは飲めん、というのは錯覚、気のせいでした。

中生を干してハイボールと焼き餃子。

image
うむ。餃子もハイボールも普通じゃ。
image
というわけで、飲み直し。

チェーン店のお寿司屋さん。無難です。日本酒、辛丹羽を薦められましたが、ワシそれ昨日飲みまくった後やねん、でもいただきましたが。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ