フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 赤煉瓦

赤煉瓦倉庫で雨宿り。

あちこちにお花畑が。
image
image
image
image
赤レンガ倉庫の前に佇む旧税関事務所。又の名を右突堤中央事務所の遺構。

「右突堤事務所」って、ネーミングセンスありまくりです。

小降りになった隙に、一気に関内へ。

スタジアムから歓声が聞こえて来ましたが、あれは本物?

今シーズン、まだ未勝利の横浜ベイスターズ。

現在、3-0でリード。
image
image
今日は勝つでしょう、多分。

スタジアムの熱気は、外にいてもワクワクして来ます。

遠くまで走り出すつもりが、近場の散歩に終わってしまう、いつものパターンでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2月7日、日曜日。雲一つない晴天。

いつだったか、日没サスペンデッドで辿り着けなかった大岡川の源流を目指して出発。

途中で気が変わって、河川敷を離れて、そのまま海沿いに。
IMG_5140
ソメイヨシノにも小さな蕾が。

赤煉瓦倉庫から大桟橋へ。

右の方に停泊しているのは、クルーズ船の飛鳥Ⅱ。
IMG_5143
ホテルニューグランドあたりは、私たちの間では「エリアD」と恐れられる縁起の悪いゾーン。

この辺りのホテルで結婚式を挙げたやつらは、ことごとく離婚(Divorce)するという魔境です。
IMG_5146
IMG_5148
マリンタワーは改修中。

元町通りの裏手に「ジェラール水屋敷地下貯水槽」 という国登録有形文化財を発見。
IMG_5169
幕末に来日したフランス人実業家アルフレッド・ジェラールが建設した蒸気機関の給水工場の遺構だそうです。

錦鯉がゆった〜り泳いでいました。

案内プレートによるとジェラールは西洋瓦やレンガ工場も経営していたとのこと。近くに赤煉瓦の遺構もあるに違いない!

元町公園といういかにもな公園をぐるっと回るとエリスマン邸という洋館の脇に「ブラフ80メモリアルテラス」という、艶めかしい赤煉瓦の遺構が。
IMG_5164
IMG_5162
IMG_5161
山手80番館にかつて建てられていた屋敷の基礎が残されています。

時代と風雪に耐えた赤煉瓦の、なんと色っぽいことよ。 

煉瓦の積み方はイギリス積み。 
IMG_5156
装飾用のスクラッチ煉瓦や化粧煉瓦、タイルレンガと違う、実際に柱や壁として家屋を支えていた構造煉瓦の遺構は儚いドラマを感じさせてくれます。
IMG_5154
これは、令和元年10月15日の台風19号に直撃されて樹木が倒れたあとから出土した煉瓦の塊、だそうです。

塊の上部に見えるのは、地震に弱い煉瓦造りを補強するために鉄柱を通していたのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ようやく、お仕事が落ち着いて、お昼はゆっくり蜂の家。

夜飲み歩かないホテル生活は健康的ですが、夜も早いのに真っ暗の東京を見ながら缶ビールは精神衛生上悪い気がします。

カツカレー。1000円。じゃがバター付き。
image
image
image
〝コロナ前〟よりも混んでる歌舞伎座横にある人気のカレースタンド。

優しい味わいだけど、他にはない不思議なコクと甘みのあるカレー。
IMG_5101
そして、夜。といっても7時過ぎですが。
IMG_5099
IMG_5096
そして、夜はYURAKU CONCOURSEの慶屋でカレーうどん。ものすごく久しぶりでいつ以来か思い出せません

ガード下らしく電車の通るそれなりな音が頭の上からガタンゴトンと落ちてきます。
IMG_5093
IMG_5094
2畳もない調理スペースにカウンターもキツキツで5席。 歩道にテーブルは2卓。

なんか思い出してきました。ビールは自分で取るんだった。缶ビール400円、カレーうどん(ご飯付き)600円。
IMG_5095
ご飯は最後に投入しておじや風に。

緊急事態宣言が2月7日に解除されたら、この生活ともオサラバ…。解除された街でこそホテル暮らしがいいんですが、そんなこと言い出しても始まらないです。

三省堂でボクシングビート2月号を買って、ホテルに帰り着きました。

今夜はオンライン飲み会。

デパ地下でおつまみ仕込もうと思ってたのに忘れてしまった。

それにしても、オンライン飲み会はやっぱり苦手です。とにかくお誘いがあっても断ってますが、むかーしの友人だったりすると、断りにくいし…。


ああ、でも仕事のオンライン会議はとっとと終わらせやすいからいいです、大好きです。

オンラインは仕事に限ります。

もちろん、プライベートはオフライン。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

めっちゃ図々しい輩と、遠巻きに遠慮する人。

誰でもそうかもしれませんが、私の仕事でも周りにいるのはそんな人種に大別できます。

どっちも面倒臭い人々なのですが、日曜日の夜10時過ぎに電話してきたのは、前者の「めっちゃ図々しい輩」でした。

急なお仕事の依頼か?という予感は外れ「娘の誕生日プレゼントにサンリオワールドで買ってきて欲しいものがある」とのこと。

「今はホテル生活で遠出はしたくない」と断る私に図々しい輩は「そのホテルからすぐ近くなんです」と、今日から気分転換に変えたホテルをなぜか知っていました。

会社には居場所を教えないでと念押ししたはずですが、誰もわしのいうことなど聞きやしない…。
image
サンリオワールド。確かにそこにあったことを今まで知らなかったのが不思議なくらいの距離にありました。

前を通ったり、視界に入ってたりはしてたのでしょうが、興味が全くないと存在すら認知出来ないようです。

それにしても「自分の会社の人ではない仕事関係者にプライベートの用事をお願いするって、どういう神経してるんですか?」と嫌味の一つでも言ってやろうと思いました。

んがッ、しかし!まだ札幌勤務前の2014年に国産ウイスキーのモルトの逼迫に恐怖した私が、札幌在住のこの男に超面倒な買い物を余市までお願いした6年以上前の記憶がまざまざと蘇り、嫌味の言葉を飲み込みました。

あのときは「余市って札幌から地下鉄で二駅とかの距離じゃないことは理解していますか?」と嫌味を言われたっけ。

そのサンリオワールド至近に佇んでいるのが YURAKU CONCOURSE有名な〝ワープスポット〟です。
image
image
「有楽コンコース」。名前や出立ちからして、昭和も昭和、終戦直後のバラックのオーラを発散しています。
image

小さなネオンは点灯していても、トリスバーもミルクホールもやってません。営業しているのは屋台のようなカレーうどん屋さんだけ。

もはや、映画のセットといっても過言ではありません。
image
お店が並ぶ反対側の壁には、何故か任侠映画の古いポスターが延々と剥がれまくっています。
image
近代的なビルが立ち並び、地下鉄構内も美しい有楽町ですが、明治時代に建設された赤煉瓦が連なる高架橋の下には昭和の遺物がしっかりこびりついています。

近いうちにあのカレーうどんを啜らねばなりません!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

年末の土曜日だというのに、四谷で一仕事。

午前中で片付けて好天のもとお散歩。

目当ては以前、何度か草野球したことのある球場。

外濠公園総合グラウンド。観覧席700席、照明灯4基、スコアボード、ダッグアウトを完備。
IMG_4881
IMG_4883
IMG_4886
江戸城の外堀を埋め立てたあとに作られた、東京のど真ん中にある立派な草野球場です。 

左翼110メートル、中堅70メートル、右翼90メートル、その変形ぶりは三角ベース。世界一豪華な三角ベースです。

ヤンキース時代の松井秀喜が 帰国した際に、報道陣への労いと懇親を兼ねて草野球を企画したのがここだったような…?

松井は憎っくき読売の主砲、手のつけられない強打者でしたが、熱狂的な阪神ファンだったことを除いても尊敬の念しか湧いてきません。

メジャーに行ったときは「これで心置きなく応援できる」と嬉しかったのを思い出します。

駅方向に戻り「こうや」でわんたんめん。 前は1000円だったと思いましたが1100円になってました。
IMG_4889
真昼間のビール、最高です。

そのまま、歩いて赤坂見附まで。迎賓館から東宮御所の坂道を下ります。
IMG_4891
IMG_4892
こいつも立派じゃ。入りたいとは思いませんが、立派じゃ。

この豪壮な建築物には、赤煉瓦など一個も使ってないじゃろう。

要人の訪問中は、迎賓館からすぐ向かいの上智大学の校舎はテロリストが狙撃場所として侵入しないように封鎖されるそうです。
IMG_4894
守衛さんの詰所も可愛くてかっこいいのだ。
IMG_4895
迎賓館と東宮御所は隣接。この激しすぎる和洋混合ぶりも日本らしくていいですねえ。

学生時代に神宮外苑や皇居、迎賓館を何度か走ったことがありましたが、練習コースとしてはアップダウンがある迎賓館が一番でした。信号のない周回3.3㎞、いいコースです。

神宮外苑から国立競技場もすぐそこ。足を伸ばそうと思いましたが、家族と待ち合わせてるので地下鉄の駅へ潜ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

名奉行と聞いて真っ先に思い浮かぶのは〝ちょいとヤクザな〟遠山の金さんか、〝大岡裁き〟の大岡越前です。
桜吹雪の金さんは架空の人物ですが、大岡越前は実物のお奉行様でした。

その大岡越前が執務(享保2年=1717年〜元文元年=1736年)した南町奉行所は、かつて有楽町一帯にありました。
image
15年前に有楽町再開発に伴って行われた発掘調査では、下水溝や井戸、土蔵などに加えて「大岡越前守御屋敷」と墨書きされた荷札も出土したそうです。

この写真↑は石組下水溝の一部を再現したものです。

赤煉瓦のような経年劣化による爛れた色気はないものの、石組というのは風雪を撥ね返す男らしい頑健のオーラが放たれています。
image
今は、待ち合わせ場所だったり、ベンチとして座ったり、テレビ局の撮影クルーが大荷物を置いてたり…。

約300年後でも役に立ってるさまには、越前守もきっとお喜びでしょう。

×××××××××

銀座のアップルストアのリンゴも真っ赤に腫れ上がっています。
image
あれ?写真では真っ赤じゃないですね。

隣のHUBLOTも早仕舞い…。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ということで、またまた近場を散策。

休日が好天に恵まれるのはなかなか素晴らしいものです。日が落ちるのが早くなったのは寂しいですが。

かつて「走って見てきた赤煉瓦」などとほざいてた気もしますが、もはや走る気が起きません。

ジョギングシューズにトレーニングウェアと格好だけで、ふらりと散歩に出かけます。

帝蚕倉庫(復元)の赤煉瓦。もしかしたら赤煉瓦ニワカファンになる以前に何度か通ったことがあるかもしれませんが、しっかり見るのは初めて。
image
image
IMG_4590

「帝蚕倉庫」というその文字面からしてもう、明治と赤煉瓦のオーラを強烈に放っています。

素晴らしい。

もはや、エロい。

そして、そのまま日本大通りを直進。
image
麗しきジャックを抜けると、横浜市都市発展記念館という建物前に恐るべき赤煉瓦の遺構が!

横浜市開港記念会館。まさにこいつは、ジャックである。

とにかく美しい。

ひたすら気品がある。
image
image
横浜の水道局でよく展示されている卵形下水管。ここにもありましたか。
image
横浜市瓦斯(ガス)局のガスタンクの土台基礎部分を構成していた赤煉瓦。

エロい…。ものすごくエロい…。
image
日本最古のガス管。こんなものまで。

気分が高揚すると走り出すのは人類の本能、スキップするように関内駅方面へ。

横浜公園に入ると目の前は、横浜スタジアム。歓声が聞こえてきます。しかし、この歓声はスピーカーから流れているダミー?

今日は読売戦だったか?
image
image
ああ、そういえば、今年は一度もプロ野球観に行かなかったな。

スタジアム周りの案内スタッフに聞くと、今日は2万8000人を入れているとのこと。来年の東京五輪の会場でもあり、そのテストを重ねているとのこと。

スタジアム前には、チケットが手に入らなかったのか、ベンチに座って応援しているベイファンも。
image
image
ここでハンバーガーと、ベイスターズのクラフトビール↑というのも一興ですが、生観戦じゃないから却下。

思いつくまま、イセザキ・モールへ。
image
image
ここで野球観ながら一杯、これもまた至福じゃ!

初めて入る店です。

このネーミングで野球観れんかったら怒るで、しかし!!と、急速に横山やすし化しつつ、テレビ前右斜め45度の席に案内されました。

image
image
白センマイ刺しとホルモン焼き。

そして、キリンラガー。クラシックラガーだったら100点でしたが。

そして、メニューで気になった「純米酒ホーム」へ。

今、劇的に終わりました!ベイ、サヨナラ勝ち!

「純米酒ホーム」は店員が注いで受け皿にこぼすスタイル…ここでトラブル発生。
image
びや〜!受け皿溢れるまで、思いっきりこぼされた!

「これ、やり直しやろ?」と、ガッとコップ酒飲み干して、おそらくバイト君に問い詰めると予想以上にオロオロしてしまったので「もう一杯、今のも付けていいから」と追加。

 しかし、意外と完成度が高い「純米酒ホーム(家)」。うまい。

同じようなことは結構ありますが、九段下のバイトなんかは「受け皿までこぼすのが当店の売りです」と言い切って、受け皿をもう一つ出してひたひたに酒注いでヨコチョにつけました。

まー、どうしようもない酔っ払いもいますが、基本的に酒飲みなんて暇つぶし、お酒飲むのも含めて、なんでもいいから酔えるおもろいこと探してるだけなんです。

ベイのサヨナラ逆転勝ち!でカウンターしかない店内ですが、パラパラと拍手。

隣に座ってたお兄ちゃんから「やっぱ横浜ファンですか?」と聞かれて「ベイも好きやけど虎キチやねん」と話すうちに、この店のメニューについて「チューリップ頼まないと!」と薦められました。
image
チューリップ、鳥の足ですな、よくあるメニューですが、一個90円にしては大ぶりで肉付きもよろしい。確かに、うまい。

劣悪な油で揚げたであろう、仕上がりの黒さもまたそれはそれでよろしい。 

もはや、健康のための散歩なのか、ただの場末の酒場巡りなのか、わけがわからなくなってきた「歩いて見てきた赤煉瓦」でした。

…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

京橋に「煉瓦とガス燈」という碑があります。

明治初期、文明開化のシンボルとして銀座は煉瓦建築が進められ、街路照明ににはガス燈が用いられました。

この、京橋の親柱でもあったガス燈の胴体部分は明治7年に建立された当時のもので、頭部は忠実に復元したそうです。
IMG_4493 (1)
IMG_4492 (1)
通りを挟んだ交番は、このガス燈の擬宝珠、お洒落な「帽子」を模しています。

交番横の観光プレートには「大正期の京橋」の姿も。左端下に、確かにガス燈の親柱が確認できます。

それにしてもお洒落な街並みです。これだけ見たらヨーロッパです。
IMG_4491 (1)
今の味気ない京橋銀座界隈と比べると、大正時代のセンスの良さにはちょっと驚きです。東京駅なんかもそうですが。

この瀟洒な京橋の下を流れる京橋川は、きっと臭くて汚くて、そのうち工場の排水なんかも流れ込んで 来るのでしょうけど…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

秋晴れ、無風、日曜日。

絶好の散歩日和。もはや、ランニング日和ではないのである。散歩である。

目指すは二代目横浜駅の遺構なのだ。

昭和2年、1929年竣工という万里橋を渡ってすぐ、瀟洒なマンションのエントランス脇に、二代目横浜駅の基礎部分がしっとりと佇んでいました。
image
1929年ですからリング誌創刊1922年を始まりとするボクシング歴では紀元7年。

ちょうど年間最高選手賞などが制定された頃です。

このクラシックな灯籠、当時はガス灯だったのでしょうか。

image
大正4年、1915年開業も、大正12年の関東大震災で焼失。わずか8年の生涯だった二代目横浜駅。

カッコイイです。

何がどう間違って今の永遠に未完成の猥雑で不細工な横浜駅になってしまったのか。
image
このガラスの下にも遺構が保存されているのですが、汚れがひどくてよく見えませんでした。

残念。 
image
image
image
image
105年の風雪を受けて、何とも艶かしく爛れた赤煉瓦は色気まで発散しています。

ああ、こんなところにあんな駅舎があっただなんて!

エロいわぁ〜。

そういえば、このブログをスタートしたのは2017年、Yahooのスポーツナビ+?でした。

エロイ・ロハスのドキュメンタリーを書いたのですが、すぐにNG。

なんと「エロ」がダメだったんです。しかし、エロイ・ロハスがダメとは…。

NGワードがいっぱいありましたが。私のような低脳下劣な輩もいますから、まぁ当たり前ですね。
IMG_4477
IMG_4480
それにしても好天、メインストリートはものすごい人だかりでしたが、裏道を縫って進みます。

長い歴史を経た赤煉瓦を見ると酒が飲みたくなるーーこのパブロフの犬な性癖が私に内含されているのは、先日ようやく気づきました。
IMG_4470
一人飲みに良さげな店がまた、いっぱいあんねん、横浜界隈。

上野界隈にもある「ほていちゃん」。

チェーン店ですが、一人立ち飲みにはぴったり。立ち飲みは10%引き、瓶ビール「サッポロラガー」は410円。料理が一人飲みに丁度よろしい。
IMG_4472
IMG_4473
鯨ベーコンからモツ煮込み、ハラミユッケ、生ビールにホッピー、中追加2。しめて2200円。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昼下がりというか、もはや夕方。
ずっと降り続いていた雨も上がり、午前中は陽も差していましたが、またどんよりと低い雨雲が垂れ込めています。

仕事先の人、学生時代の友人からちょっと会おうぜというお誘いになんだか乗り気になれず、ダラダラと過ごして、この時間になってお散歩。

自分が寂しいときは無理矢理にでも引っ張り出すくせに、せっかく誘ってくれた友人を断ったことに自己嫌悪しつつ、多摩川へ。
image
まだ、すかーっと晴れてたらこんな気分にならなかったのかと、天気のせいにしつつ、足元の悪い河川に降ります。
image
image
河川敷に外野天然芝の野球場が縦列に7面も。都心ではありませんが、贅沢な草野球空間です。

1時間ほど歩いて向こう岸の玉川陸閘へ。
image
image
以前も紹介した赤煉瓦造りの陸閘です。

歴史を重ねた赤煉瓦を見ていると、不思議なことにムラムラと酒が飲みたくなりました。

これは、札幌時代の条件反射、パブロフの犬です。赤煉瓦が好きだと思ってたのは、酒が深くリンクしていたことに今更ながら気づいてしもうた。

普段は自宅近辺で飲むことが極端に少ないのですが…。家族から夜ご飯を買って来てと頼まれてましたが、まだ4時です。

河川敷を上がって目指すは、もういつ以来になるのか思い出せないほどご無沙汰の聖地・溝の口。

玉川陸閘を例外にして私とは全く縁のない二子玉川から、ジョッグでわずか10分足らずに聖地があります。

戦後の焼け跡に立ち上がったバラックの香り漂う、というか、きっと実際にそうだった西口へ。

ところが…。

なんだか違和感が。何が変わったかと言われたらわからないのですが、何かが違う。

すぐ脇を走るJR南武線がうるさい、いろんな飲み屋の匂いが混濁しているのは以前のままなのですが…。

わざとらしい。
image
image
生ビールとホッピー中味×3で退場。

ここは前に火事があったんだっけ?なんというか…。
image
image
image
この神社のガラガラ?

っていうかこれ、なんて名前なんだろう?誰でも見てて触ったことがあるのに、正式名称はおろか俗称も知らないなんて!そんな物体、他にありますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ