フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 赤煉瓦

赤煉瓦遺構の魅力の一つは、現役で活躍しているということです。

日本は諸行無常が染み付いた社会で、観光地でもない限り、欧米のように古い建造物や街並みを大切にする習慣は稀薄です。

しかし、赤煉瓦建造物の中には街の中に溶け込み、現役バリバリのものも珍しくありません。

東京藝術大学の校舎のように当時の赤煉瓦の外観を残しながら、鉄筋などで補強して今も使われている建物や、東京駅のように大正バージョンを見た目だけ完全復元したものは、現役とはいえ、構造物の芯まで当時のままではありません。

それに対して、JR高架の新永間市街線高架橋などは、110年以上も〝芯から〟当時のまま東京を支えるインフラです。赤煉瓦が支える高架の上を山手線がガンガン走り、すぐ横を新幹線が通っているのは壮観です。

今日のご紹介は東京都北区中央図書館。

残念ながら〝芯から〟ではありませんが、現役バリバリです。
IMG_7192
見た目は普通の公立図書館ですが、左に見える赤茶屋根の建物、コイツが見事な赤煉瓦建築なのです。

図書館脇の階段を降りると、町にある赤煉瓦遺構の多くがそうであるように、唐突にそれが出現します。
IMG_7190
IMG_7187 

そして、しばらく見入っていると、唐突感は不思議なほど全くなくなり、周囲に溶け込んでゆくのです。

やはり、愛想のない重厚なイギリス積み。この建物が頑固な性格を持っているように思えてきます。
旧日本陸軍の東京砲兵工廠銃砲製造の敷地に、大正8年(1919年)に弾丸を製造する工場として建てられました。

IMG_7185

昭和20年に終戦を迎えてから、昭和33年に土地の一部が日本に返還、日本の陸上自衛隊が倉庫として使用していました。

その後、赤レンガ棟は北区へと移管され、平成20年6月28日に図書館としてオーブンしました。

日本陸軍の軍事施設が、北区中央図書館=赤レンガ図書館=に変わったのです。

戦乱の世から、平和の時代へ。

100年の時間を経過した建物は「図書館自体が過去から現在に繋がっている知や時空の体験として表現したい」というデザイナーの思いが込められているそうです。
IMG_7188
IMG_7189
照明装置を建物の足元にいくつか見つけました。

夜にライトアップされると、さぞかし美しいことでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

東神奈川駅東口から海へ向かって直進。

瑞穂橋のたもとに、見るからにアメリカンなバーが2軒。

それもそのはず、橋を渡るとそこは米軍施設「横浜ノース・ドック」。
IMG_7151
「ポーラスター」(奥)と「スターダスト」(手前)。

いい感じです。日が暮れると、みなとみらいの夜景がとんでもなく綺麗そうです。

瑞穂橋に並行して架かっているのは赤錆れた「瑞穂橋梁」。1934(昭和9年)年に建造され、日本最初の溶接鉄道橋だそう。

IMG_7146
IMG_7148
こういう廃線を見ると、往時を想像してノスタルジックな気分になります。

「かながわの橋100選」にも選ばれているのですが、もう誰も使っていない現役でない橋はこいつだけかもしれません。 
IMG_7149
IMG_7150
しばらく橋梁や線路を見て、遠回りして駅に引き返すと、運河の向こう側にゴルフの打ちっ放しが。

むむむ!打ちっ放しの土台部分に見えるは赤煉瓦ではないか!

この辺りは昔は倉庫か何かがあって、その跡地に打ちっ放し場が作られたと思われます。
IMG_7154
IMG_7153
赤煉瓦を見たいと、近くまで行きましたが、なかなかの断崖絶壁で思うように見れません。
IMG_7155
IMG_7156
東神奈川駅にもまた赤煉瓦の見所があります。

京急東神奈川駅品川寄りの跨道橋の下の赤煉瓦。
IMG_7157
IMG_7158

横浜鉄道貨物線を通すために1910年(明治43年)に京浜電気鉄道が築堤・高架化したもので、122年の歴史を感じさせてくれます。

まだまだ現役。煉瓦を長手だけの段、小口だけの段と一段おきに積む、強度重視の「イギリス積み」。

IMG_7159

JR横浜線東神奈川駅のホームを支える赤煉瓦は、駅が開業した1908(明治41)年当時からのもので、こっちは124年の風雪に耐えてきました。こちらもイギリス積みです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

春は転勤、引越しの季節というわけで、取引先のお一人が先月から東京勤務の横浜住みに。

このブログでも紹介した、筋金がダースで入った文学元少女、現文学おばさんの川上さんです。

川上さんからは「遊びに来て〜」とお誘い頂いてたのですが、「時間が出来たら是非お邪魔します」と、行く気もないのに社交辞令なお返事をしてました。

私は基本的に、仕事とプライベートは断崖絶壁的にガチッ分断したい人間です。

ただ、この川上さんとは商談でもほとんど文学の話で終始して、仕事ベースは私の部下とメールでやりとりみたいな、おかしな関係が続いていました。

一応、私にとって川上さんがクライアントなのですが、彼女の方が年下で、それは、どこにでもある、どうでもいい関係です。

ただ、その「どこにでもある関係」でも、彼女がタメ口をきいてくるのがすごく気になって。

仕事関係の取引先で使う言葉は、年齢とか関係なく敬語が常識です。そんなこともあって、仕事の延長上の飲み会まで、のお付き合いでしたが、川上さんのご主人からも「是非」とお願いされて、ついにこの連休に遊びに行くことに…。

最寄り駅は、娘が通ってた高校と同じだったので土地勘はあるつもりでしたが、そこから15分も歩くと結構な高級マンションが立ち並び、なんでもマウント取りたがる猿女が「遊びに来い」と言う理由がわかった気になりました。
IMG_7152

横浜みなとみらいの対岸で、素晴らしい夜景でしたが、ここで「素晴らしい眺めですね!羨ましいです!」とか褒めたら、負けです。

「名古屋から横浜来るとタワーマンションってだけで浮かれる感じですか?」「会社の借り上げなんですよね?」「ここ地震あったら真っ先に液状化しますよね?」と、距離を潰されないようにジャブを打ち続けます。

旦那さんが「いっぱい不愉快な思いさせてると思います、すみません」と人間的な気配りを見せてくれる一方で、猿女は「そう、だから地震のとき、三島さん(私の仮名)とこに泊めてもらおうと思って、これで迎えに来る場所わかりますよね」と、ジャブに右クロスをかぶせてきます。

猿女はいつものように文学の話で試合を支配するばかりか、実はプ女子(女子とは認めたくないからプ猿)であることまで判明、そこでも私の生半可な知識にマウントを取ってくるのです。

私が「良い意味で優れた台本がまずありき。そして、相手の長所を封じる他のスポーツと違って相手の強さを引き立たせるのがプロレス」みたいな話をすると、「三島君って、絶対そうなるよねえ、浅い〜」と猿女が笑うのです。

猿女は「本当に良いプロレスは台本はない。筋肉のジャズがプロレス。相手の長所を引き立たせるんじゃない、それだと台本があるみたいに見える、自分の長所をぶつけ合うのがプロレス」とか、それって俺が言ってるのと同じことじゃねえか、と思いますが、不条理なカウンターを見舞ってくるのです、猿だから。

ああ、でも猿女のおかげでプロレスと文学が同じだということがよく理解できました。それは、それで面白い気づきでした。「文学少女」と「プ女子」には、非常にニアな心理的源泉があるのです。

月1は生観戦するという猿女は「8月に一緒に行こう」と誘ってきます。誰が行くか!と、断り続けましたが、一度も観戦に付き合ったことがないという旦那さんにも説得されて、御同伴することに…。

そして、大学生が友人の下宿先に遊びに行ったかのように(〝かのように〟ではなくそのまんまな乱れっぷりで)、明け方までおしゃべりして、お泊り。

9時前に起きると猿女が「朝ごはん食べてって」と言いますが、猿と違う人間は忙しいねん。そもそも、朝ごはん作ってる雰囲気ないし。

「8月のプロレス、仕事入ったらいけませんから、そのときはゴメンなさい」と、帰ろうとすると猿女は「10時に開店する美味しいラーメン屋さんが近くにあるから」「ラーメンの前、ということは酒、ちょっと入れとく?」と、完全に相手の距離に引き込まれているのがわかってても「10時開店って早いですね?なんてラーメン屋さんですか?」と、完全にクロスレンジのパンチ交換に応じてしまっていました。

猿女は「大勝軒だったかな?」とつまらなそうに言いました。

まじか?この付近に大勝軒の暖簾分け店があったのか!

アンソニー・ジョシュアの気持ちが、やっとわかりました。きっと、オレクサンダー・ウシクは「大勝軒だったかな?あの甘酸っぱい醤油ベースのスープとモチモチの麺の…」とジョシュアの耳元で囁いたに違いありません。こうなったら、クロスレンジで打ち合うしかありません。

そして、開店に合わせて猿の家を出ることに。

ドミトリー・ビボルのように、カネロ・アルバレスの囁きに耳を貸さずに左ジャブで突き放す、そんな理性と知性は私にはありません。

10時の開店を待ち、向かい酒。大量の酒を飲んだ私ですが、さらに向かい酒。

そして、我らのマディソン・スクエア・ガーデン、大勝軒へ。一番乗りかと思いきや、すでに行列が。

カウンターだけの、質素な店構え。店外吹きさらしの券売機で「瓶ビール」と「ラーメン中盛り」のボタンをプッシュ。
IMG_7142
ビールはエビスの小瓶、320円。ネギチャーシューのツマミ付き。この良心の爪の垢を煎じて、アルファベット団体に飲ませたい!

WBCとかは大勝軒を見習え!
IMG_7143

麺は太麺ではなく、まさかの細麺でしたが、醤油味の力強く、かすかに甘酸っぱいスープにしっかり絡んできます。

これは、ボクシングなら「バンタムの井上尚弥」です。文句無し。今、この時点で、これ以上のご馳走は地球上に無し!!!

お店の人に「朝早くから開けてるんですね」と聞くと「夕方の4時に店閉めますから」とのこと。

早ッ!

築地的な営業時間です。

それにしても、猿の陣地に、こんな魅惑的なラーメン屋があったとは…。

東神奈川は猿の惑星であった。 


赤煉瓦やらポーラスターの話は、また続くのだ〜〜〜〜。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明治45年、1912年の竣工ですから、この旧大阪教育生命保険ビルが建てられたのは110年前のことでした。

心斎橋筋から淀屋橋手前を右折すると、突如として現れる赤煉瓦の建物。
IMG_6796
赤煉瓦に白い石を帯のように締めた、一目で「辰野式」とわかる、赤煉瓦の王道建築物です。
FullSizeRender
IMG_6797
IMG_6799
タイル煉瓦ですが、建設当初は本物の煉瓦が使われていたはずです。

大阪中央公会堂のように、建物内に当時の遺構が保存されているかもしれませんが、入口は固く閉ざされていました。
FullSizeRender
赤煉瓦建築、味わい深いでやんす。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1913年(大正2年)着工し、1918年(大正7年)に竣工した大阪中央公会堂。

地上から見る外観は、1999年(平成11年)から2002年(平成14年)9月にかけて行われた復原工事によって美しい化粧煉瓦(タイル煉瓦)で飾られました。

しかし、地下一階には大正時代の名残りである〝本物の煉瓦〟の遺構が、今もしっかりと遺されているのです。

IMG_6788
IMG_6790
100年以上の歳月に、ひたすら艶かしく爛れた赤煉瓦。底抜けにエロチックです。

かつて食料庫と酒庫を仕切っていた躯体煉瓦の壁の跡です。
IMG_6789
食料庫と酒庫にはどんな食べ物や、お酒が保管されてきたのでしょうか。

そして食料庫と酒庫と隣接する賄詰所と賄所、いわゆるキッチンスペースです。

そして、気になるのが廊下一つ隔てた「女子酒場」と「男子酒場」。

男女分かれて食事をしていたのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
↑淀屋橋から大阪中央公会堂を望む。

大阪中央公会堂。1913年(大正2年)着工し、1918年(大正7年)に竣工。

1999年(平成11年)3月、度重なる改修などにより創建時の意匠が損なわれ、老朽化が進んだことから保存・再生工事に着手し、3年半の歳月を経て、2002年(平成14年)9月に現在の姿に〝戻され〟ました。

美しく甦った大阪市中央公会堂は、中之島の景観に欠かせない壮麗な外観と内部意匠が歴史的建築物として極めて重要であるとの高い評価を受け、2002年(平成14年)12月、公会堂建築物として西日本で初めて、国の重要文化財に指定されました。

外観の赤煉瓦はいわゆる化粧タイル、本物の煉瓦ではなく、煉瓦柄のシールみたいなもんです。
IMG_6794
しかし、地下一階には大正時代の名残りである〝本物の煉瓦〟の遺構が残されているのです。

去年、行ったときに見とけよって話ですが。
IMG_6793
IMG_6792
しかし、大正時代の建造物は圧倒的にカッコいい。文明開花の明治に学習、熟成された見識が一気に具現化されたようです。

このカッコいい大正を、昭和が何故受け継げなかったのか?戦争、戦争で心の余裕を失っていたのでしょう。
IMG_6778
本物の煉瓦です。長手だけの段と小口だけの段を交互に繰り返す、重厚なイギリス積み。

煉瓦がくり抜かれているの「煉瓦造壁強度試験跡」で、煉瓦の奥は鉄筋コンクリート造の添え打ち壁で耐震補強しているそうです。
IMG_6781
この穴ボコも煉瓦造壁強度試験跡。

東京駅などに保存されている赤煉瓦遺構でもよく見かける穴ボコです。
IMG_6780
穴を覗くとタイルではない、本物の煉瓦であることがよく分かります。

そして、こちらは暖房機罐室の床下に埋設された地中煙道。
IMG_6786
赤煉瓦をアーチ状に二重で積んでいます。

当時、外国人居留地で使われていた赤煉瓦造りの下水道にも似ています。
IMG_6785
何を燃やして各部屋を暖房していたのでしょう。

大阪はここ数日、風もあってものすごく寒い日が続いているだけに、この地中煙道で暖房された、きっと優しく温められた部屋を想像するとほっこりします。

それにしても、だーーーれもいない。赤煉瓦に興味ある人なんて滅多にいませんからね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、急に罹患したゴロフキン脳炎のリハビリのために、お出かけ。

ついでに病気療養中の友人をお見舞い。

青山一丁目が最寄りの病院だったので、帰りがけに国立競技場あたりを散歩するつもりでした。


〜大昔の学生時代。

国立競技場で試合があるとき、スタンド下をグルっと周回したり、スタンド下には直線のアップコースがありました。

サブトラックはかなり離れた場所にあり、競技場が内包するアップコースで走るのが普通なのですが、関東インカレなど大きな大会になると結構混み合ったり、強豪校が我が物顔で使っているのが嫌でした。

そんなわけで、私は競技場の外でアップすることもよくありました。

ダウンも外でやることが多かったのですが、それはホープ軒でラーメンすするためでした。 

2年のとき関東インカレ2部の1万mと 5000mを走って予選落ち。失意のままダウンに出かけて、偶然見つけたのが乃木神社でした。

旧乃木邸に隣接した緑豊かな神社で、すぐ近くのお蕎麦屋さんで卵焼きをつまみに鴨南蛮をすすった記憶があります。

疲れ切った肉体に染み込む冷えたビールと熱い卵焼き、そして鴨南蛮は気が遠くなるほどの美味しさでした。

そして、当時は気にもかけなかった記憶も蘇りました。

乃木邸は赤煉瓦造りだった!!!
IMG_6505
IMG_6506
友人、元気そうで一安心。

ホンダ本社前にはF1カーが展示…興味がないから、スルーして乃木神社を目指します。

1度しか行ってないはずなのに、なんとなく覚えてるもんです。
IMG_6471
乃木坂駅直結と言っても良い抜群のロケーションにある乃木神社。

そして、記憶にある「赤煉瓦」が乃木邸ではなく「厩」だった!30年近くも勘違いしていました!
IMG_6463
IMG_6479

IMG_6504
IMG_6459

見事なイギリス積みの赤煉瓦に、瓦屋根。素晴らしいマッチングです。

外苑東通り沿いに忽然と現れる「明治」。麗しいです。
IMG_6455
IMG_6456
乃木邸に乃木神社、乃木公園が渾然一体なエリアですが、公園入り口にも艶かしい赤煉瓦が!

これはエロい。
IMG_6491
IMG_6492
IMG_6486
IMG_6490

そして、ところどころに白い煉瓦が…いやこれは石かコンクリートです。

この公園入り口に鎮座する赤煉瓦遺構は、積み方も規則的ではなく、どうしたのでしょうか?

いやあ、素晴らしい赤煉瓦でした。

そうだ、あの蕎麦屋…まだありました!が、しかし!営業時間外!

諦めて、青山通りを渋谷に下ります。
IMG_6507 (1)
神宮外苑の銀杏並木の向こうには絵画館が。

そういえば、関東インカレのロードレース(当時は2部が20㎞/1部が30㎞)は絵画館前を通る周回コースでした。20㎞にも出場したときは、大東文化大学が2部落ちして中長距離で大会記録が連発されたっけ…。

お蕎麦屋さんを見つけたので一休み。
IMG_6508
天気もいいし、ゴロフキン脳炎も快方に向かいそう…もありません!

とりあえず、チケット確保するまでこの病は治りそうもありません…。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

江戸幕府が欧米列強と結んだ安政五か国条約(安政5年=1858年にアメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの5ヵ国それぞれと結んだ不平等条約)。

この条約によって築地に外国人居留地が開発されましたが、その面影は現在、ほとんど残されていません。

いつか、書きかけだった築地のお話です。
IMG_6452
異国情緒溢れる築地…。その名残は「居留地通り」という名前に、なんとか往時が想像できる程度です。

それでも、微かに漂っている残り香を感じることができる場所はあります。
IMG_6439
↑聖路加国際病院の敷地内に建っているのは、初代院長のルドルフ・B・トライスラーの名前を冠したトライスラー記念館という趣のある洋館。
IMG_6443
IMG_6444
IMG_6445
この洋館もかつての国際的な築地の姿を伝えてくれています。

それにしても、とても銀座至近のロケーションとは思えません。写真に写ってない所には結構人はいるのですか…。

さらに慶應や、立教、青山学院、明治学院、女子学院などのお洒落な学校の「発祥の碑」がそこかしこに見つけることもできます。

築地は日本屈指のお洒落で、アカデミックな街だったのです。
IMG_6429
IMG_6431
IMG_6433
IMG_6432
きっと、性格と頭の悪いお金持ちの子女が通っていたのでしょう…。

こんなこと言ってるから「昔、慶應の女の子にフラれてから八つ当たり的にいつまでも慶應を憎んでいるみたい」と根も葉もない噂を立てられてしまうのです、わし…。

そして、トライスラー記念館からすぐのところにあるのが、明治41年、1908年創立の明石小学校。
IMG_6442
公立(中央区立)とは思えない、なんだかお洒落な校舎です。

そしてその一角に、ガス灯がすっくと立っています。さらにガス灯の足元には、赤煉瓦が!!!
IMG_6436
IMG_6438
律儀なイギリス積みの赤煉瓦です。

関東大震災まで、銀座の街を彩った赤煉瓦通りの遺構です。

横浜や神戸、長崎の外国人居留地では商館が中心だったのに対して、築地は外国公使館・領事館が多く、宣教師や医師、教師などの知識人が多く住んでいたそうです。

学校や教会が多いのは、そんな理由からでしょう。

不平等条約を起点とした外国人居留地は明治32年に廃止されます。

横浜、神戸など大きな港町は現代に至るまで異国情緒漂う街の空気を残してている一方、築地のイメージは異国情緒はどんどん希薄化、築地市場や本願寺など一気に「和」に振れてゆくのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

六郷水門から羽田方面へ多摩川を下ると、赤煉瓦の堤防が断続的に遺されています。

「汚ねえよ、これ!」と我が愛する赤煉瓦を、遠慮なく侮辱してくるクソガキども。

こいつらと来てしまったのは、大失敗であった。

気を取り直して、立派な大師大橋の手前から、河川敷を一本住宅街に入ると…。
IMG_6381
IMG_6382
IMG_6392
IMG_6384

この艶かしい断面。長い歳月、風雪を耐えて、今この姿になったのです。

化粧レンガやスクラッチレンガではこの味わいは出せません。

躯体煉瓦だからこそ、です。
IMG_6383
レンガの噛み合わせがズレているのは、地震のせいでしょうか。

そこから芽吹いたクローバーが健気で可愛い。
IMG_6386
そして、再び多摩川沿いに寄ってみると、少し長い赤煉瓦堤防が舟留めに沿って続いています。

上流の二子玉川近くに遺されている玉川陸閘とも、昔はひと続きだったのでしょうか?

多摩川を15㎞近くも赤煉瓦堤防が連なっているなんて、想像しただけで壮観です。
IMG_6391
IMG_6389
IMG_6387
競輪のバンクのように湾曲した赤煉瓦堤防。

氾濫を堰き止めるには、確かに有効な形状なのかもしれません。 

これも律儀なイギリス積みです。

ガキどもは赤煉瓦には興味ゼロですが、船は大好きなようで、船が浮かんでると食い入るように見ておとなしくなりました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

忙しい1日でした。


午前中に新宿でお仕事。途中で抜けて、移動中に全日本大学駅伝をチェックしながらカネロvsプラントを待つ。

抵抗虚しく11ラウンドで仕留められたプラントを見届けると、近所のガキどもとクレーンを見に多摩川を散策。
IMG_6397
カレーライスが最強だとか、ワンタン麺が最強だとか、気まぐれ的に赤煉瓦が最もエロいだとか、好き勝手思いついたこと吐き出してきた私ですが、今日わかりました。

人生で最も大切なのはクレーンです。

思い返せば、うちの子供たちもそうでした。

「今度の日曜日、どこに行きたい?」と聞く親は、遊園地や回転寿司という答えを期待するのですが、子供はとんでもないことを言い出します。

「ショベルカーが見たい」とか言い出すのです。

末っ子が幼い頃に「ご馳走を食べに行くぞ!焼肉か、寿司か?」と聞くと「お茶漬け」と答えたことがありました。

お姉ちゃんたちは「肉か寿司かはパパがお酒と一緒に食べたいだけでしょ。コイツはこの前家で食べたお茶漬けが忘れられないの」と、ものすごい真実・真理を、突き刺してくるのでした。

「じゃー、今日は家でお茶漬け祭りにする!下のセブンでお茶漬けの素と、漬物買って来る!」というと、上の子供たちは「それは違う!寿司屋でも焼肉屋でも頼めば、お茶漬け絶対出してくれる!」と、急に慌て出すのです。

私は「お父さんは子供の気持ちなんてちっともわかっていない。そんな感情をむき出しにして反抗したのが気に食わない」と意地悪すると「それ、おかしいでしょ?気に食わないから家でお茶でもって、自分だって外でおさけのみたいでしよ!ビールとお茶漬けなんて最悪でしょ!」と歯向かってきます。

当時はまだ小学生の上の子二人でしたが、結構理事整然と反撃してきたのを覚えています。お茶漬けとビールは合わないって、なんでお前らにわかるんだ?と驚きました。

子供は大人みたいに損得で物事を考えてないんです。正直に生きてるんです。
IMG_6396
IMG_6400
大きなクレーンは素晴らしい。

そして、前から気になっていた六郷水門も訪れました。

大田区ホームページによると「昭和6年(1931年)に竣工して以来、下水道が普及するまで、六郷用水の末流をはじめ、六郷や池上、矢口、羽田の一部の地域の生活用水の排水を処理しました」。

「水門に架かる橋の高欄の「郷」の字を「ロ」の字が囲むデザインは、地元である旧六郷町の町章を用いたものです」。「堤内地の舟だまりは、かつては舟運にも利用され、雑色運河(ぞうしきうんが)と呼ばれたころの雰囲気を伝えています」。
IMG_6404
IMG_6407
IMG_6376
IMG_6377
水門の土台は見事なまでの赤煉瓦、丁寧なイギリス積み。

見事な赤煉瓦遺構です。ファッショナブルです。

赤煉瓦マニアとしては嬉しいスポット、多くの人にとってはハゼやテナガエビなどのフィッシングポイントのようです。
IMG_6406

IMG_6378
IMG_6410
水路のそばには、トタン屋根の排水機場がありました。

こちらも渋い赤煉瓦。
IMG_6412
IMG_6408 (1)
IMG_6409
「なんでこんな汚いの見るんだよー」「面白くないー」と、わびもサビも理解できないガキどもに煽られて、六郷水門から多摩川を下ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ