フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 没落するアメリカボクシング

「米国で軽量級は注目されない、報酬も低い」(ノニト・ドネア)。

井上尚弥との再戦で、またもや敵地のリングに上がることになったドネアは「米国でやるのがフェアだけど、日本以外の開催は考えられなかった」と、嘆きました。

何を馬鹿なことをと笑うでしょうが、ドネアの4階級制覇がフライ〜バンタム〜ジュニアフェザー〜フェザーの不人気4階級ではなく、ライト級とウェルター級、ジュニアミドル級、ミドル級の人気階級で、JMとMで通用しなくてウェルターに出戻りだったら、トップランクはドネアをお荷物の赤字ボクサーと追放しなかったでしょう。

人気の無さと低報酬に悩む必要もなかったでしょう。

IMG_2952

それにしても、米国で、軽量級はずっと無視され続けて来たのでしょうか?

団体や階級が増殖する1970年以前も、ヘビー級が別格で、ライト(軽量)級以下の注目度・待遇が低かったということは今と変わりません。

しかし、オリジナル8の時代、フライ級の世界戦をメインにニューヨークのポログラウンズに2万人以上の大観衆が詰めかけるなど、現代ほど軽量級の扱いは酷くありませんでした。

オリジナル8をヘビー級を除いた7階級で分けると、ライト級を中心に、上が3階級(ウェルター・ミドル・ライトヘビー)、下も3階級(フェザー・バンタム・フライ)と分かれます。

現在のヘビー級を除いた16階級で「上の3階級」「下の3階級」がどうなったかを見ると、上の3階級がジュニアミドル、スーパーミドル、クルーザーを加えて6つになったのに対して、下の3階級はストロー、ジュニアフライ、ジュニアバンタム、ジュニアフェザー、ジュニアライトの水増しで9つに増殖しました。

オリジナル8では上から8番目のフライ級は、現代では上から数えて54番目グループです。

オリジナル8で7番目のバンタム級は48番目グループ。メキシカンのスターでも登場しない限り、もはや歯牙にもかけてももらえない順位です。

ただでさえ、ボクシング人気は長い低迷の坂道を転がり落ち続けているのです。

世界王者の粗製濫造と人気凋落によって、一つのイベントに複数のタイトルマッチを盛り込むことが日常的になります。

オリジナル8の時代に世界戦が二つ組み込まれるなんて、あり得ないことです。

今では、メインは人気階級、前座に軽量級の世界戦というのが米国の大きな興行のデフォルトです。

こんなことを繰り返しているのですから、ただでさえ人気下落のボクシング、その中でもさらに不人気の軽量級のマイナーイメージはますます定着してしまうのも当然です。

IMG_0686
FullSizeRender


矢吹丈と力石徹の死闘も8階級しかない時代であるが故に起きた悲劇だった、と考えられます。

もし、両者が歩み寄ることができるジュニアフェザー級やキャッチウェイトの発想があれば、試合終了直後に両者は健闘を讃え合う握手をしっかり完成して、悲劇は起きなかったかもしれません。

なにはともあれ、王者と階級がいたずらに増殖、大量生産される時代なら「あしたのジョー」は成立しませんでした。


…続きますが、

Why is Boxing losing black kids?〜メイウェザーでその血脈は途絶えるのか?〜①

https://fushiananome.blog.jp/archives/26624695.html

に合流します。

米国ボクシングの没落、その底はどこにあるのか?

潜ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Saturday 17, September 2022
T-Mobile Arena, Las Vegas, Nevada
Super Middle Contest, 12 Rounds
WBC Super Middle Title
WBA Super World Super Middle Title
IBF  Super Middle Title
WBO  Super Middle Title

commission:Nevada Athletic Commission 
 
promoter:Eddie Hearn (Matchroom Boxing)/Gennadiy Golovkin (GGG Promotions)/Saul Alvarez (Canelo Promotions)
 
matchmaker:Kevin Rooney Jr
media:DAZN  

日本時間の今日、ロスアンゼルス・ハリウッドで行われたばかりの記者会見でスーパーミドル級のUndisputed champion カネロ・アルバレスが宿敵ゲンナジー・ゴロフキンを激しく〝口撃〟。

「ゴロフキンは人前では愛想がいいが、本性は醜悪な男だ。私を貶める言葉を何度も口にしてきたゴロフキンには、個人的な感情がある。叩きのめして、引退させてやる。それができたら最高の気分だろう」。

「私と彼の対戦相手を比べてみるがいい。私が最強の相手と戦っている間に、あの偽物はC〜Dクラスのファイターとお茶を濁し続けてきた。うわべだけのゴロフキンはリングの中でも卑怯者だ」。

一方、ゴロフキンは「カネロに個人的な恨みはない。2戦目の後にハグしたときに2人の間の確執はなくなったと思う」と語りながらも「彼が大きな過ちを犯してしまったこと(ドーピング)は一生消えることはない」と応酬。
 


2人のフェイスオフは視線を崩すことなく2分間近くも続きました。

ライトヘビー級で2試合を経験しているカネロは31歳のスーパーミドル級完全統一王者。ミドル級一筋のゴロフキンは、スーパーミドル級はこれが初戦となる40歳。

現在のオッズはカネロ勝利が2/9(1.22倍)、ゴロフキン3/1(4倍)。ビボル戦のカネロが1/5(1.2倍)、ビボル7/2(4.5倍)で、ほぼ同じ掛け率でした。

ただ、リング誌がビボル勝利を誰一人予想できなかったような空気はありません。もし、日本でファン予想を募ったら、トリプルG有利の数字が出るかもしれません(かなり感情的ですが)。

それにしても、ラスベガスのメガファイトに米国プロモーターが一枚も噛めない状況は、ボクシング興行がリングの中と同様に、いやもしかしたらそれ以上に弱肉強食だということを雄弁に物語っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクシングの世界3団体バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が衝撃の事実を明かした。

井上は17日、ツイッターを更新。「そこまで気にしてませんがWBAのスーパーベルトそろそろ下さい(笑) 2年7ヶ月経ってます(笑)」と投稿した。


*******

確かにどうでも良いことです。

しかし、ベルトの代金は支払っているはずです。

今回のドネア2は、承認料だけでもファイトマネーの4%として2億1000万円×0.04=840万円。

スタッフなどの渡航費・宿泊費とは別です。

https://fushiananome.blog.jp/archives/10572578.html

2018年にマニー・パッキャオが勝ち獲ったのはWBAセカンドベルトでしたが、なぜかスーパー仕様でベルト部分にはパッキャオとルーカス・マティセの姿かエンボス加工で描かれていました。

世界的なスーパースターと、軽量級のローカルヒーローでは承認団体の対応が違う、ということでしょうか。

IMG_0826

WBSS優勝者にも本来ならWBC謹製のベルトが贈られるはずですが、それももらってない模様です。

wbss-wbc-belt

WBCはタイソン・フューリーやカネロ・アルバレスには試合ごとに特製ベルトを大盤振る舞いですが、彼らと比較すると承認料は少ないものの、井上ら日本人王者は軽量級では破格のファイトマネー、高額の承認料をしっかり納めています。

mestizo2
IMG_7306

WBAがスーパーベルトを贈らないのは、単純に失念しているのか、あるいはベルト代や発送費をケチッて忘れたフリしてるのか、どちらかでしょう。

どっちにしても、完全に舐められてるッ!と憤ってしまうのは私だけでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ビリー・コリンズJr. vs ルイス・レスト」「アントニオ・マルガリート vs シェーン・モズリー」は犯罪にしても「長谷川穂積 vs フェルナンド・モンティエル」「フロイド・メイウェザー vs マルコス・マイダナ」、そして先日の「井上尚弥 vs ノニト・ドネア2」…。

グローブを巡る事件や疑惑は、たびたび湧き上がってきました。
bae36c219c7c3681239ae7a7a15febc7
デオンティ・ワイルダーのエバーラスト。片方10オンス(283g)。ウェルター級からが10オンスですが、「ワイルダー のグローブ」と聞くとデカく見えてしまいます。


すでに何度かふれてきましたが、同じ素材、同じ8オンスのグローブでもレイジェスで打つのと、グラントで打つのでは全く感触が違います。

https://fushiananome.blog.jp/archives/21940594.html

それ以前に、グローブを付けた時点でナックル部分の厚みに違いがあるのがわかります。

そんなことがまかり通っているのが、プロボクシングです。UFCの4オンス・オーブンフィンガーグローブにはこの種の問題はほとんどありません。

ボクシング界を騒然とさせてきた、数々のGrove-Gate事件。

そのとき、何が起きたのか?

Grove-Gate事件のスキャンダルを振り返ってゆきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今、世界で最も面白いファイターはアルトゥール・ベテルビエフと、井上尚弥です。

しかし、米国ではベテルビエフはマディソン・スクエア・ガーデンのシアター、井上に至ってはまともな舞台すら用意されません。

ベテルビエフとドミトリー・ビボルの完全統一戦でも、大会場や破格の報酬は難しいでしょう。

この二人の価値を理解できない米国のボクシングファンが不憫でなりません。だから市場が没落するのです。

ボクシングど素人のメキシコ系のファンのためにも「ベテルビエフvsカネロ・アルバレス」をセットしてあげて欲しいです。

誰にでもわかる試合こそが、専門家にもコアなファンにも歓迎される試合です。

「(3人のジャッジが115−113というアナウンスを聞いて)そういうことか、と思った。負けたと思った」(ビボル)なんて試合ばかり見てると目が腐ります。



319秒で終わった試合のパンチスタッツを見る必要性を感じませんが、初回だけを切り取って見るのは意味がありそうです。

まずは319秒の全体数字から。

PUNCHESBETERBIEV SMITH
Total landed4811
Total thrown10267
Percent47%16%
Jabs landed144
Jabs thrown3933
Percent36%12%
Power landed347
Power thrown6334
Percent54%21%

ジョー・スミスJr.のスタイルと性格が早いKO劇を演出した側面もありますが、パンチスタッツから浮かび上がるのはベテルビエフの正確さ。

現実の試合を見てしまうと、あまりのパワーに目が奪われてしまいますが、数字から見えてくるのはベテルビエフの巧さです。

   First round Punch-stats
PUNCHESBETERBIEV SMITH
Total landed187
Total thrown4737
Percent38.3%18.9%
Jabs landed73
Jabs thrown2219
Percent31.8%15.8%
Power landed114
Power thrown2518
Percent44%22.2%  

初回は、終了間際にダウンを奪われるまではスミスがうまく戦っていたようにも見えましたが、ジャブもパワーパンチもベテルビエフが手数で上回り、的中率に至ってはほぼダブルスコア。

恐怖のハードパンチャーに手数と精度で圧倒されたスミスが下がらずに前に出続けてしまうと、次のラウンドで起きる事態は必然でした。

スミスのKO負けは、時間の問題だったことがよくわかります。

「じゃあ、もう一度やり直せるとしてスミスはどう戦えば良かったのか?」と聞かれると、あれしかありません。

むしろ、スミスが第2ラウンドまで持ったことは幸運でした。

「スタートからいくつかのミスを犯した」というベテルビエフの方が「もう一度やり直したら」初回で試合が終わっていたのは間違い無いでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Saturday 18, June 2022
  
Madison Square Garden Theater, New York
commission:New York State Athletic Commission
promoter:Bob Arum, Joe DeGuardia
matchmaker:Brad Goodman
inspector:Matthew Delaglio
WBC Light Heavy 
IBF  Light Heavy 
WBO  Light Heavy 

アルトゥール・ベテルビエフがパーフェクトレコードを伸ばして、ドミトリー・ビボルとの完全統一戦に駒を進めるのか。

それとも、意外性の男、ジョー・スミスJr.が大番狂わせを起こすのか? 

身長はベテルビエフが182㎝、スミスが183㎝とほとんど変わりませんが、リーチはベテルビエフの185センチに対してスミスが193㎝。

スミスが長い距離をキープできるか?ミドルレンジから近い距離で戦う時間が長いと、早い決着もありそうです。 

オープニングラウンドは左ジャブを起点にスミスが攻勢を取りますが、終了間際にベテルビエフが右ショートフックでダウンを奪って10-8。

片膝をついたダウンですが 、スミスはキャリア初のダウン。

第2ラウンド。強ッ!!!!!! なんというパンチ力。

カネロはビボルを選んで大正解。 

もう少し、スミスが粘ると思いましたが。 

第2ラウンドにもダウンを2度追加。左右フックを警戒して必死にサバイバルを図るスミスに、角度を変えたアッパーでグラつかせると主審のハーベイ・ドックがたまらずストップ。

第2ラウンド2分19秒。

この破壊力、今更ですが全階級通じて最強です。

「いくつかミスも犯した。チームと確認したい」。あの圧勝劇、その勝利者インタビューでミスを犯したことを反省。普通の強打者ではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Saturday 18, June 2022
 
Madison Square Garden Theater, New York, New York, USA  

WBO-Global Featherweight title 10 Rounds
 

絵に描いたようなアマチュアエリートのキューバ人のラミレスが迎え撃つのは、絵に描いたようなキワモノ無敗ファイターの〝スーパー〟ノバ。

WBO-Global という承認団体の収益とテレビ向けの飾り物でしかない空位のタイトルがステイクされています。

紛い物が揃いもそろった試合…そんな意地悪な視線が集まる中、試合開始のゴング。

第3ラウンド、ノバの動きを見切ったラミレスがラッシュ。このラウンドは、明白にラミレス。

続く第4ラウンド、ラミレス慎重です。

第5ラウンド、ラミレスの狙い澄ました左ストレート一閃。ノバは背中からキャンバスに落ちて、ここでレフェリーストップ。

素晴らしいフィニッシュでした。 

さて、ラミレス。いつまともな相手との試合が組まれるのでしょうか? 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Saturday 18, June 2022
 
Madison Square Garden Theater, New York, New York, USA  

Feather Contest, 10 Rounds
 

大手プロモーターが大枚叩いて契約したホープがいきなりズッこける。残酷なボクシングファンの楽しみの一つです。

ロベイシ・ラミレスは、2012ロンドン(フライ級=52㎏)、2016リオ(バンタム級=56㎏)と2大会連続で金メダルを獲ったエリートアマ。

トップランクと大型契約を結んでプロ転向。そのデビュー戦でアダン・ゴンザレスに まさかの完敗。その後はゴンザレスに雪辱、ここまで9勝(5KO)1敗とキャリアを立て直していますが、どの対戦相手が生き生きとして見えるのは、ゴンザレス戦から「俺も食ってやろう」という意気込みが強いからでしょう。

それにしても、やりにくさを感じさせないサウスポーです。

五輪連続金メダルとはいえ、ラミレスはワシル・ロマチェンコや同じキューバのギレルモ・リゴンドーとは別の、ゾウ・シミンのリーグに分類されます。

五輪でシャクール・スティーブンソンやムロジョン・アフマダリエフ、マイケル・コンラン、アンドリュー・セルビーらを競り落とした28歳は、未だにテストマッチを続けています。

今回、キューバ人にフェザー級10回戦試験で出題されるのは、同い年のエイブラハム・〝スーパー〟・ノバ。

同じ名を持つリンカーン大統領を真似たようなヒゲが特徴的な叩き上げのプエルトリカン。戦績は21戦全勝15KO。主戦場は、NABA北米王座を獲得するなど1階級上のジュニアライト級。

全戦全勝とはいえ、スーパーノバ(超新星)と言われると戸惑うしかない貧弱な対戦相手のオンパレードです。


前日計量はラミレスが125.8ポンド、ノバが125.4ポンドで一発クリア。

ノンタイトルと思いきや、WBOグローバル・フェザー級王者決定戦だそうです。オッズはラミレス勝利が1/5(1.2倍)、ノバ10/3(4.33倍)。

ラミレスがカムバック路線を順調に消化して世界王者になる頃には、現在29歳の井上尚弥がフェザー級に乗り込んでいるでしょうか?

そうはならずに、ラミレスはまたどこかでズッこける気がしてなりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今月、7日のバンタム級に続いて2度目の三団体統一戦はライトヘビー級

バンタム級でステイクされたのが井上尚弥のIBFとWBA、ノニト・ドネアのWBCだったのに対して、明日のマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)ではIBF/WBC王者アルトゥール・ベテルビエフとWBO王者ジョー・スミスJr.が拳を交えます。

三つのアルファベット団体の組み合わせ、バンタム級では井上の保持するリング誌タイトルも賭けられた問いう違いはありますが、共通しているのは階級を代表するスラッガー対決という点です。

明日はMSGとはいえ、2万人超えキャパのアリーナではなく、5000人収容のアリーナ。井上vsドネアは3倍以上の観客を飲み込んださいたまスーパーアリーナ。舞台の大きさも違います。

ただ、ライトヘビー級はここ数年で最も注目されるクラスの一つに躍り出ました。正確に言うと、カネロ・アルバレスが〝片足かけた〟からですが。

クルーザー級やヘビー級へも食指を伸ばす現代ボクシング界最大のスターにとって、ライトヘビー級は通過点とも思われましたが、WBA王者ドミトリー・ビボルにまさかの完敗。

カネロ自身が「ライトヘビーでNo.2」と評価していたビボルに押し切られた事実は、No.1のベテルビエフ相手では〝カネロの親戚〟とも揶揄されるラスベガスのジャッジが全く機能しない結果、つまりノックアウト負けの危険もあります。

カネロが〝片足〟を引っ込めて、37歳のベテルビエフの劣化とビボルのつまずきを待って、しばらくはスーパーミドル級で防衛を重ねる隠遁生活を送るかもしれません。

そうなると、せっかく、ライトヘビー級に差し込んだ太陽が陰ってしまうことになります。

しかし、おそらくカネロは9月17日のゲンナジー・ゴロフキン戦を快勝したら、ビボルとの再戦に乗り出すでしょう。その時期は早くて来年前半と見られます。

そして、その前に明日の勝者がビボルか、カネロへの挑戦を実現する可能性が膨らんでいます。
such-a-mess-title-770x506


最近ではフロイド・メイウェザーやマニー・パッキャオ、今はカネロ・アルバレス。彼らとの対戦が決まるのはwin the lottery、まさにボクシング界最高の宝くじに一等当選することを意味しています。

対戦が決まった時点である意味、勝者なのです。

その意味も含めて、明日の試合は3つのベルト以上に大きなものがステイクされているのです。

カネロ戦ならMSGのシアターなんてシケた舞台はありえません。ニューヨークならバークレイズセンター、ラスベガスならT-モバイルアリーナ、あるいはテキサスやフロリダなどの巨大スタジアムが用意されるかもしれません。


前日計量は、ベテルビエフがリミット一杯の175ポンド、スミスJr.が174.6ポンド。

37歳のロシア生まれのカナダ人は身長182㎝/リーチ185㎝。地元ニューヨーク・ロングアイランド出身のスミスは183㎝/193㎝。

正面からは全く差がない二人ですが、横向き・後ろ向きで見ると、ベテルビエフの広背筋から大円筋にかけてのヒットマッスルが目を引きます。

電子秤にも広告をプリントしていたシザース・スポーツブックのオッズは8-1と大きくベテルビエフを支持。

しかし、100%KOパンチャーは、37歳という年齢に加えて、キャリア最高試合2019年10月のオレクサンダー・グボジーク戦から3年間で2試合しか戦っていないことも不安材料です。

グボジークやカラム・ジョンソンとの試合は決して一方的に圧勝したわけではなく、意外な撃たれ脆さも露呈しています。

対する、スミスは建設現場で働きながら世界王者になった叩き上げ。左ジャブから右につなぐワンツーのスピードとタイミングは、ここ数試合で格段の進歩を見せている成長途上の32歳。

ウィリアム・ヒルでもベテルビエフ1/8(1.13倍)でスミス9/2(5.5倍)。ベテルビエフのKO勝利はなんと4/11(1.24倍)で、7〜9ラウンドのKOは2/5(3.5倍)。

しかし「不安定要素はベテルビエフに多い」と偏った掛け率に疑問の声も。とはいえ、不安要素が現実にならなければ、ベテルビエフが中盤以降にノックアウトするということです。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リング誌から明日に試合を控えた〝新〟エマヌエル・ロドリゲスの記事をご紹介。

ロドリゲスはプエルトリコ・クエバラディラス出身、ニュージャージー州ニューアークを拠点に活動する10戦全勝5KOのBantamweight prospect(バンタム級のホープ)。

私たちがよく知っている世界戦になるとチキン丸出しになる、あのエマヌエル〝マニー〟ロドリゲスとは別人の、エマヌエル〝Salserito〟ロドリゲスです。
emmanuel-rodriguez-juan-medina-770x675
バックルの絵柄からWBAの地域タイトルがステイクされるようですが、見慣れないベルトです。それが何なのか、インタビューやBoxRecなどでは確認できません。
スクリーンショット 2022-05-14 10.45.15
サルサリト(Salserito)は、人気サルサグループのバックダンサーだったことから付けられた異名。

距離をとってパンチを打ち込み、挑発するようなポーズも取ることから、対戦相手はフラストレーションを溜め込み自分のボクシングスタイルを見失ってしまうのです。

アマチュア時代から「リトル・カマチョ」と呼ばれていたことを聞かれると、〝新〟エマヌエル・ロソリゲスは嬉しそうに笑い「プロになっ見せるボクシングを意識してる。スピードとフットワークが私の持ち味だから、サルサリトと呼ばれ、カマチョを思い出させるんだろう」。

偉大なボクサーを生み出し続けるプエルトリコのスターになれるか?と聞かれて「バンタム級のトップ15に入って、ビッグ・ドッグ(強豪)と戦いたい。自信はある」と答えたリトル・カマチョでしたが、井上尚弥やノニト・ドネアの名前は出ませんでした。

今回の試合も無名のドミニカ人ファン・メディナとの8回戦。

まともな相手との対戦がないばかりか、10回戦も未経験。prospectと呼ぶには年齢は、もう29歳。臆病者のロドリゲスと同い年です。

こんなの、日本タイトルも獲れないでしょう。

プエルトリコのホープ事情は、私たちの想像以上に重症なのかもしれません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ