フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: WBSS

World Boxing Super Series(WBSS)セカンドシーズンのバンタム級決勝。

「井上尚弥vsノニト・ドネア=第1戦=」を振り返る前に、WBSSという〝詐欺団体〟の功罪をおさらいします。
IMG_3313

【罪】米国で人気のない階級を狙い撃ちに、支払い能力のない高額の賞金を掲げ、ファイトマネーの大幅減額はもちろん、支払い遅延に日程管理も出来ない無能ぶりをさらけ出し、事務局と音信不通になるなど、選手とメネージャーが不信感を爆発させた杜撰極まる犯罪的トーナメントでした。

特別推薦的に出場が認められた、主催者側の選手であるドネアですら「試合日程の案内が来ない。事務局の電話しても繋がらない、メールしても返事がない。離脱を考えている」と最後通告したほど。

マニー・パッキャオやカネロ・アルバレス、デオンティ・ワイルダーら、米国で人気のあるウェルター級やミドル級、ヘビー級などの選手にとっては、WBSSの報酬は全く魅力てけなく「怪しい団体にそんなカネを用意できるのか?」という不信感だけしか持たれませんでした。

しかし「米国で人気のない階級の選手」は「優勝賞金が30万ドルでも素晴らしい」(ゾラニ・テテ)と騙されてしまいます。

「井上vsドネア」の際に来日したカレ・ザウアーラントは賞金金額を質問されると「400万」と答えると、すぐに「ドルか円かは想像して」とはぐらかす始末でした。

おそらく、あの壮大な決勝戦も日本からの持ち出しだったのでしょう。その後の「なんちゃってラスベガス」も含めて、日本の軽量級スターはカモネギです。



【功】WBSSが犯罪的な組織でした。ほとんどの選手にとっては、約束された報酬が支払われないだけでなく、支払期日も守らない、試合日程も管理できない、連絡もつかないという「騙された」という忌々しいトーナメントでした。

米国で人気のない階級の、報酬に満足していない選手を甘い言葉で誘う、リングの中の貧困ビジネス、それがWBSSの正体でした。

性懲りも無くジュニアフライ級や女子でサードシーズンを模索したWBSSでしたが、詐欺集団であることが明るみに出ている現状では誰も相手にしてくれません。

「嘘の高額賞金」と「Undisputed Champion(完全統一王者)決定トーナメント」という謳い文句は、公約通りの賞金は一度も支払われずに終わりましたが、Undisputed Championはファーストシーズンのクルーザー級(オレクサンダー・ウシク)で誕生しました。

バルト三国やロシア、ドイツなどのクルーザー級市場を刺激したのも「功」でしょう。

そして、日本と井上尚弥にとっても嘘の高額報酬や杜撰な日程管理に翻弄されたとはいえ、ライアン・バーネットやエマヌエル・ロドリゲス、テテらが参加するトーナメントで優勝したことは、日本市場も活性化させました。

軽量級であるがゆえに米国では大舞台には全く無縁だったドネアも、さいたまスーパーアリーナの2万人を超える大観衆で戦うエクスタシーを体験できました。

WBSSの盛り上がりがフックとなって、カモネギ狙いのトップランク+ESPNと契約してしまったのは痛恨のミスでしたが、それは結果論です。

日本で井上と戦えなかった(バンタム級ではありえない大舞台と大観衆を経験できなかった)ロドリゲスは可哀想でしたが、井上と日本にとってのWBSSは間違いなく「功」でした。

Inoue-cover-progression


Ring magazine  Bantam Title 
WBA Bantam Title 
IBFBantam Title
 
Thursday 7, November 2019
Super Arena, Saitama, Saitama, Japan  

commission:Japan Boxing Commission
promoter:Hideyuki Ohashi 
media:Fuji TV

WBSS開幕前の優勝オッズ(ウィリアムヒル)は、鉄板の井上をロドリゲスとバーネット、テテの3人が追う図式で、ミハエル・アロイヤン以下の4人は大穴と見られていました。

◎井上尚弥1.62倍
△エマヌエル・ロドリゲス5倍
△ライアン・バーネット5倍
△ゾラニ・テテ6倍
✖️ミハエル・アロイヤン20倍
✖️ノニト・ドネア33倍
✖️ジェイソン・マロニー50倍
✖️ファン・カルロス・パヤノ50倍

モンスターは下馬評通りにパヤノを90秒、ロドリゲスを259秒で破壊して決勝進出。

一方のドネアもバーネットを大番狂わせで下すと、準決勝で離脱位したテテの代打ステフォン・ヤングに手を焼きながらも、左フック一閃で試合を終わらせます。

しかし、バーネットはキャリアを終わらせるような重傷を負っての棄権、ヤングは間違っても世界基準のボクサーとは言えません。

井上の対抗馬と見られたバーネット、ロドリゲス、テテは姿を消し、決勝の相手は幸運で勝ち上がってきた老いたドネア。

ドネア戦を控えて、井上は今回とまったく同じセリフを吐いていました。

「ドネアをこの試合で引退させる」。

偉大なレジェンドの介錯をする、そう宣言していたのです。

井上1/13(1.08倍)、ドネア15/2(8.5倍)というオッズ以上に専門家予想は「期待感からでも、身びいきでもない。井上のKO勝ちしか考えられない」(ボクシングマガジン)と、一方的なもので、勝敗よりも「井上が何ラウンドで仕留めるか」が焦点でした。

今回も井上1/5(1.2倍)、ドネア7/2(4.5倍)と日本のモンスターが明白に有利と見られていますが、その差は接近しています。

そして、勝敗予想も井上に支持が集まっていますが、前回は皆無といっても言い過ぎではなかったドネアを推す声も少なくありません。

 「ドネアをこの試合で引退させる」。

さて〝二度目の正直〟は実現できるでしょうか? 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

WBSSの優勝オッズ(ウィリアムヒル)は、以下の通りでした。

井上尚弥1.62倍
エマヌエル・ロドリゲス5倍
ライアン・バーネット5倍
ゾラニ・テテ6倍
ミハエル・アロイヤン20倍
ノニト・ドネア33倍
ジェイソン・マロニー50倍
ファン・カルロス・パヤノ50倍

スクリーンショット 2018-09-10 17.31.58
開幕前の予想は、井上が大本命。「ロドリゲス、バーネット、テテが番狂わせを起こせるか?」が焦点で、ドネアも含めたアロイヤン以下にはノーチャンスと見られていました。

結果はご存知の通り。

井上の優勝は予想通りでしたが、決勝の相手がドネアであったこと、そしてその内容が年間最高試合に選ばれてしまう激闘になるとは、誰も予想していませんでした。

2013年にギレルモ・リゴンドー に敗れてからのドネアは、7勝3KO4敗と低迷していました。

まともな相手に勝ったのは2012年のジェフリー・マゼブラまで遡り、フェザーはもちろんジュニアフェザーでも大きな勝利を掴めないのですから、ファンもメディアも「終わった」と思い込んでいたのは当然です。

2018年にWBSSへの挑戦を発表したときも、その参加資格が問われただけでなく「2階級も下げて衰弱しきったロートルに何が出来るのか?」と悲惨な結末しか待っていないと考えられていました。

しかし。

誰も予想出来なかった快進撃を見せて井上との決勝戦まで登り詰めるのです。

バンタム級出戻り以来、4勝4KO1敗。唯一の黒星はPFPファイターの井上。

井上に敗れたあと、直近の2戦はWBC王者のノルディーヌ・ウバーリと、幸運な判定とはいえロドリゲスに競り勝ったレイマート・ガバリョを4ラウンドで轢き潰すようにノックアウト。

あんな芸当をバンタム級で出来る猛者は、井上しかいません。そのはずでしたが…。

その井上はドネアとの激闘を制したあと、ジェイソン・マロニー、マイケル・ダスマリナス、アラン・ディパエンを問題なく倒しました。

WBSS以降の両者の対戦相手の質はどっちもどっちですが、キャリア全般を見渡すと、ドネアに大きく分があります。

ドネアは殿堂入り確実のグレートには勝っていませんが、ビック・ダルチニアン(初戦)、フェルナンド・モンティエルのPFPファイターを撃破。

敗れたとはいえ、レオ・サンタクルスと激闘を繰り広げたスター選手カール・フランプトンとも拳を交えています。

強豪王者とは呼べないもののナチュラルなフェザー級のニコラス・ウォータースも、井上のキャリアには見当たらないパワーの持ち主です。

一方の井上も殿堂クラスとの対戦はなし。

キャリア最強は、もちろんドネア。←殿堂クラスでした。

そして、2番目がオマール・ナルバエス。

無敗のまま2階級制覇・それぞれの階級で二桁防衛なのに、PFPにカスリもしないという常識外れの離れ業をやってのけたばかりか、ドネア戦で「今世紀最低試合」と烙印を押された〝自己記録〟を、ゾラニ・テテ戦で更新するヘタレっぷりを見せつけた、まさに〝伝説の迷王者〟。

もちろん、ナルバエスはヘタレですが雑魚でも穴王者でもなく、負けたのはドネア、井上、テテと強豪だけです。

しかし「伝説の名王者」は、いくらなんでも悪い冗談。笑うしかありません。

そして、その次となると、田口良一。

そして、ロドリゲス。プエルトリコのホープに数えられ、バーネットが対戦を回避したボクサーファイターでしたが、世界戦では気持ちの弱さを晒け出し続けて、試合をするごとに評価は暴落。

ロドリゲスが、出戻りドネアばりのパフォーマンスを見せてくれていたなら、ファンもワクワク出来たのですが…。

Inoue-Rodriguez-faceoff-post-Moloney_WBSS

井上とドネア。両者の対戦相手の質は、ドネアに軍配が上がります。

しかし、そもそも井上はドネアに完勝していますから、この視点から勝敗を占うのは無意味です。

そして、初戦から流れた2年8ヶ月は、28歳の井上には経験という追い風に、39歳のドネアには劣化の腐食が進行するのに十分すぎる時間です。

常識的には井上に上積みがあっても、ドネアにはあり得ません。

しかし…ドネアの砂時計は落ちるのをやめたばかりか、逆流しているように見えます。

これが、ビクター・コンテの魔法でしょうか???

6月7日、ドネアの劣化が一気に露呈しない限り、パワーと打たれ強さはフィリピン人が上回ります。

そして、アンダードッグで、なおかつキャリア最高の大会場の舞台に再び立てるドネアの方が心理的には充実しているでしょう。

それ以外のファクターは、全て井上が有利です。

試合は、あっけないほどあっさり終わるかもしれません。

思い起こせば、2年8ヶ月前にもほとんどの人が、そう予想していました。

今度こそ、予想とオッズの通りにゲームが進むのでしょうか?

それとも、今回もまた…?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクサーにとって最も名誉ある賞は、全米ボクシング記者協会(BWAA)の年間最高選手賞(Sugar Ray Robinson Award)です。

ノニト・ドネアは2012年のジュニアフェザー級での活躍が評価され、フェザー級以下では史上初めてこの栄冠に輝きました(その後、2016年にフェザー級のカール・フランプトンも受賞)。

しかし、アスリートにとって「評価がピークに達したときはプライムタイムは終わっている」ことはよくあることです。

ウィルフレド・バスケスJr.戦の完勝をスプリットデジションにされたのは〝誤審〟でしたが、凡庸極まるバスケスJr.を倒せず、上々の立ち上がりを見せたにもかかわらずジェフリー・マゼブラもやはり仕留め切れませんでした。

西岡利晃とホルヘ・アルセという倒して当然の相手はKOしたものの、反射の衰え、急所を撃ち抜く当て勘の鈍化は明らかでした。

そして、ドネアはトップランクからゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)への移籍を図りますが、トップランクとの訴訟に負けて差し戻されます。

激怒したボブ・アラムが差し向けた刺客はギレルモ・リゴンドー 。

よりによって、2012年度のBWAA表彰式が行われるニューヨークが〝処刑〟の舞台に選ばれます。

記者会見で、ドネアは「俺は速いぞ。ちゃんと見てろよ、見えないだろうけど」と自らの目を指差しますが、キューバのジャッカルはニヤリと笑うと「その目ん玉を潰してやる」と答え、その通りに実行しました。

下り坂のドネアにトップランクは容赦がありません。

ニコラス・ウォータースにはキャリア初のKO負けを喫してしまいます。

さらに、ウォータースよりも評価が高いオスカル・バルデスとの対戦を突きつけられて、ドネアは「フェザー級のトップは強すぎる」と〝ギブアップ〟。

アラムは「まだ契約期間が残っているからドネアに拒否権はないが、可哀想だから無償でフリーエージェントにしてやる」と、傷ついたフィリピン人を解放します。

そして、GBPを追放されたリチャード・シェーファーと合流、2018年4月にカール・フランプトンとのビッグファイトに挑みましたが、圧倒的不利の予想通りに完敗。

リング誌もESPNも「いい加減に引退すべき」と薦めました。

リゴンドー に敗れてから、フランプトン戦までの星勘定は11戦7勝4敗。世界基準の相手にはことごとく負けてしまいます。

ドネアは、フランプトンとのフェザー級戦に敗れたその年の11月に、WBSSバンタム級トーナメントのリングに上がるのです。

誰の目にも無謀な挑戦にしか見えませんでした。

そもそも、バンタム級の体が作れるのか?



WBSSの出場選手はドネアの他に井上尚弥、エマヌエル・ロドリゲス、ライアン・バーネット、ゾラニ・テテ、ミハエル・アロイヤン、ジェイソン・マロニー、ファン・カルロス・パヤノ。

さて、このメンバーを優勝オッズの順番に並べたら、どうなっていたでしょう?

井上が飛び抜けて一番、2位が5倍というのに1倍台という〝鉄板三枚重ね〟のフェイバリットでした。

続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

試合後の会見で井上尚弥は「4団体統一を凄く重視してきたけど、こじれてスムーズにいかないなら、スーパーバンタム級も考えたい。陣営と相談します」と語り、こだわり続けたバンタム級完全統一を諦める可能性も示唆しました。

一方で、ノニト・ドネアとジョンリール・カシメロの二択となった団体統一戦は来年4月中旬、首都圏のアリーナクラスの大会場で実施予定と言われています。

2人との対戦交渉に合わせ、両者合わせてのファイトマネーも軽量級では破格となる200万ドル(約2億2000万円)超になる見通しで、ジュニアフェザー級以下の試合、しかも日本人対決ではない、となると破格の報酬です。

日本人対決なら「辰吉丈一郎vs薬師寺保栄」「亀田興毅vs内藤大助」のようなメガファイトがありました。

また、日本人対決ではない「井上vsドネア」も軽量級のメガファイトとして世界を驚かせたのは記憶に新しいところです。

「大会場」に「日本でも人気のドネアかカシメロ」。両者合わせて200万ドルは法外な金額ではありません。地上波テレビでスポンサーも集まるでしょうし、録画放送となるであろうWOWOWからも少ないながら放映権料が入ります。

井上や大橋秀行の言葉からラスベガスやトップランク、天文学的数字といった言葉は聞けなくなりました。
スクリーンショット 2019-06-15 15.51.34

コロナ前、憧れのMGMグランド訪問に「ここでメインが目標。バンタムでは無理。フェザー級まで行けば景色が変わる」と話していた井上がジェイソン・モロニー戦前には「バンタムでメインが張れるとは」とご機嫌でした。

しかし、マイケル・ダスマリナス戦後のインタビューで〝本場〟の観客の雰囲気を聞かれて「ただ騒いでいるだけ」と吐き捨てた言葉からは「試合なんて見ていない」という悲しみと怒りが感じられました。

もしかしたら、トップランクやESPNが格安か無料、あるいはなんらかの謝礼まで払ってお粗末なサクラを入れたのかもしれません。

日本でもプロレスや演劇などの興行でテレビ映りの問題から、謝礼を払ってサクラで空席を埋めるのは広告代理店の仕事で何度も見聞きしています。

あれがサクラかどうかはわかりませんが、井上は試合を見ていない観客に幻滅したのかもしれません。少なくともトップランクのマネジメントには、深い失望しかなかったのではないでしょうか。

今では、日本でも大なり小なり「バンタム級の日本人に期待していたような居場所はラスベガスには無い」ということは痛ましいほどに伝わっているでしょう。

「石橋、薪を焚べる」でゲスト出演した井上が「(カシメロが挑発すればするほど)PPVが売れていいんじゃない」と何度もしつこく繰り返されるのを笑って聞き流していた表情からは「(少なくとも現時点で)自分の試合がPPVに乗ることはない」ということをよく理解しているように見えました。

そして、いつのまにか「井上はもう日本では見れない」「PPVで20億円」なんていう妄想は、井上信者からもほとんど聞かれなくなりました。

いずれにしても「MGMグランドガーデンアリーナでメイン」というモンスターの夢は散ったと見て良いでしょう。

もちろん、井上には何の落ち度もありません。トップランクのプロモートで戦った2試合の内容は100点満点です。非の打ち所がありません。

不満があるとしたら対戦相手の実力と名前〝それ〟だけです。

そして、井上が〝太平洋を超えた最大の目的は〝それ〟だったというのに。

トップランクへの失望は、どれほど大きかったことでしょうか…。
IMG_0428
世界的には失敗だったWBSSが日本で大きな成功を収めたのは、井上の出色のパフォーマンスのおかげです。

山中慎介が対戦を熱望したレオ・サンタクルスのように、バンタム級にも例外的な人気者は出現しますが極めてレアケースです。

「井上尚弥のラスベガス」は、望むようなマッチメイクは実現せず、日本側が放映権料などを搾り取られる歪な構図でした。

挙句の果て、井上陣営は日本に戻って米国式のPPVに打って出ました。リングの中では「ひりひりするような挑戦」が出来なかった井上ですが、この試みは井上の〝ボクシングキャリア〟で初めて経験する完全アンダードッグの、まさに「挑戦」。

失敗に終わった「米国で人気の無い階級を狙い撃ちにしたWBSSの虚構」「井上尚弥のラスベガス進出の蹉跌」から何が総括できるでしょうか?

当たり前の話ですが、失敗の炎に焼かれた灰を揺籃としてだけ、本物の火の鳥・成功が孵化します。

WBSSや、かつての「スーパー6」が食指を伸ばさなかったウェルター級やミドル級、そしてヘビー級。カネロ・アルバレスの進出でスーパーミドル級はメジャーに沸いていますが、いずれにしても米英のマーケットで最も注目されるのは「147ポンドから」です。

舞台は違いますが、大谷翔平がぶち抜いた日本人の壁は、まさにボクシングにおける「147ポンドから」の〝奴らの心臓〟でした。

日本史上最高のアスリート、イチローが刺激したのは〝彼らの末端〟でした。

残酷な言い方ですが、ベーブ・ルースは誰でも知っていますが、ジョージ・シスラーやウィリー・キーラーは誰も知らないのです。

フライ級やバンタム級の選手が「ラスベガスでの成功」を憧れるのを否定はしません。現実に、それをやってのけた英傑を私たちは目の当たりにしているのですから。

ただし、彼はフライ級のままラスベガスを征服したのではありません。フェザー級でもライト級でもありません。ウェルター級でスーパースターを駆逐して、初めて「ラスベガスで成功」したのです。
IMG_4997
井上は「ここに来れるとしてもフェザー急に上げてから。メインを張るには最低でもフェザー。バンタムでは難しいです」と話しましたが、米国に強固なファンベースが無い日本人では「フェザーでもライトでも難しい」のが、悲しい現実です。

井上の夢は砕かれましたが、それはリングの外のくだらない話です。リングの中では、彼はいまだに無敵です。しかも、試合はとびきり面白い。

モンスターの価値がわからない、僻地の砂漠ラスベガスに放映権料や憧れ料を払うなんて、全くもって馬鹿げています。

彼の価値がわかる国で、彼に最も健康的な報酬を支払う土地で、彼が仕事をしてくれたら良いだけです。

そして、それは、もちろん鬼畜米英ではありません。

そして、それは、おそらく、日本だけではありません…。

どこまでも続く話です。。。井上が引退した後も。。。。



「イチローは象ではない。ハエだ」。「ローマン・ゴンザレスの試合は面白くない。理由は小さいから」。

奇妙で面白い発想ですが、全く賛成できません。


イチローやロマゴンを楽しめない人は、心の底からかわいそうだと思います。

アーメン。 神よ、彼らに憐れみを。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


WBSSのシーズン3が「女子のジュニアライト級トーナメント」で実施されることが決定しました。

日本選手も巻き込んだ「ジュニアフライ級」も、主催者側からほのめかされたこともありましたが、いずれにしても、このWBSSの実体が〝マイナー〟に焦点を当てたイベントであることは1ミリも揺るぎません。


「高額賞金トーナメント」(今となっては冗談にしか聞こえませんが、キックオフ当初はこう喧伝されていました)というのは〝詐欺〟で、資金繰りの悪化からスケジュールの破綻に「当初提示された数字から大幅減額された報酬ですら約束の期日を過ぎても支払われない」(イバン・バランチェク)、「主催者との連絡が途絶えた。離脱も考える」(ノニト・ドネアら)と、ドタバタ劇を繰り広げたシーズン2。
8ADD0390-B7C3-40F8-B264-C08F4F1FC78D
https://www.youtube.com/watch?v=CQ-DWUUb50o&t=173s

シーズン3にも「今回は賞金総額5000万ドル、とかの詐欺は騙らないのか」「人気のない階級や女子、次はムエタイか?誰も見ないマイナーにスポットを当てるのがWBSS」…早くも世界のファンから皮肉のコメントが寄せられています。

しかし「マイナーに光を当てる」のは素晴らしいことです。WBSSも余計な嘘さえつかなきゃ悪くない試みなんです。

マイナー、上等じゃないですか!

WBSSが、マイナースポーツに光を当てる五輪のような存在になれば、これは素晴らしいことです。

賞金も、マイナー階級や女子に見あった、優勝1万ドル、100万円くらいでいいと思います。もちろん、興行規模によってファイトマネーは別途です。

…それなら、所詮は欧州起源の〝承認団体〟であるWBSSじゃなくてもできる、いやむしろWBSSにネコババされる方が不愉快…という意見もあるでしょうが。。。


ハッタリかます必要なんてありません。ヘビー級やウェルター級、ミドル級でできないことをやるのが大切です。

「モハメド・アリ杯」もやめて欲しかったですが、それは些末なことです。とはいえ、そういうところにも詐欺精神が見え隠れするのが嫌です。

普通に「エデル・ジョフレ杯」「アーロン・プライアー杯」「イベンダー・ホリフィールド杯」でいいと思います。

ヘビー級でないのに、アリを出すなんて違和感しかありません。

正直にやるなら心から応援します。

米国で日の当たらないバンタム以下の軽量級もどんどん手がけて欲しいですし、日本のテレビや企業もスポンサードする価値があります。大きな成功事例がはっきり、あるわけですから。
IMG_5708
キンミヤをシャーベットにして楽しむ〝シャリキン〟。↑ このパンデミックで良かったことなどありません。キンミヤ割梅だってずっと「外で飲むハレの酒」と思い続けたかったです。

ホテルのサービスは素晴らしい!そんなホテル暮らしも明後日まで。ゴーストタウンと化した都心でホテル生活は囚人感覚でしたが、あと2日と思うと名残惜しい気もします。

まあ、でも、待望のあるべき日常が取り戻される第一歩です!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

HBOがしかけた史上最高のコスパイベント「スーパーフライ」は、ローマン・ゴンザレスと井上尚弥の〝決勝戦〟を期待して立ち上がりました。

しかし、軽量級史上初のPFPキング・ロマゴンが、伏兵シーサケット・ソールンビサイにまさかの連敗。

「東京でロマゴンvsモンスター」のメガファイトは霧散してしまいます。

「HBOのボクシング撤退」は「パックメイ2015」の以前から〝噂のレベル〟を越えた〝時間の問題〟でしたが、米国ボクシングの状況を象徴する事件でした。

「米国ボクシングとイコールで結ばれていたHBO」の忘れ形見が「スーパーフライ=ジュニアバンタム級最強決定トーナメント」です。

「WBSSが引き継ぐ」とも見られていましたが、 HBO以上にボクシングビジネスで焦付きまくってる〝詐欺団体〟にその度量はありません。

腐っても鯛、HBOはスーパーフライ興行に100万ドル前後をかけていました。ただの一度も支払われることのなかった「優勝賞金1000万ドル」のWBSSと一緒にしたら失礼なまともな企業体です。

HBOの忘れ形見、ジュニアバンタム級最強を巡る動きが加速しています。

今日ゴングが鳴らされるリング誌/WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダと、WBA王者ローマン・ゴンザレスの団体統一戦は事実上の階級最強決定戦と見られています。

もちろん「事実上」なんて但し書きが付くのが 4Belt−Era の混沌を証明しています。身近なところでは「井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲス」も〝事実上の…〟でした。
i
元々がスタイリッシュなボクサーで格好良かったのですが、今のロマゴンは燻し銀の渋さを纏っています。若い頃よりも、今の方が好きです。年齢と経験と挫折を重ねることの意味を、明日、勉強させてください!

ジュニアバンタムの現状を見渡すと…。

最強候補の一人、シーサケット・ソールンビサイは2019年4月26日にエストラーダに少差判定で敗れてから昨日のクワンタイ・シスモーゼン戦まで3連勝していますが、対戦相手の質が低すぎて、34歳のタイ人の現有戦力は不透明です。

IBFのストラップを持つジェルウィン・アンカハスは1年以上のブランクを空けたまま。シーサケット同様に、29歳のフィリピーノが今なお惑星の一つかどうか?

もう一つのチャンピオン・ピースの持ち主は、ダークホースに見えるかもしれませんが、彼こそが最強トーナメントの本命です。

さて、あと12時間ですか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

中谷正義がフェリックス・デルベホを逆転ノックアウトした試合は、様々な意味で典型的に「現代的」なドラマでした。

18番目のブリッジャー級が新設され「4belt−18class 」 時代が幕開けようとしている今、もはや世界タイトルそのものの価値は限りなく透明に希釈されてしまいました。

その一方で、散逸した世界タイトルのピースをコンプリートする作業は、歴史上最も困難な時代を迎えています…そのはずです。

そして、この3年間でテレンス・クロフォード、オレクサンダー・ウシクという完全統一王者が生まれました。

薄っぺらい世界王者が量産される時代に、この二人は濃厚に階級最強を証明しました。

しかし、ウェルター級にもかかわらず地味を極めるクロフォードと、WBSS優勝のウシクもまた、完全統一を果たしたがゆえに、現代においてタイトルが大きな意味を持たないことを皮肉にも証明しています。

WBSSは「完全統一王者を決める」という大義名分を掲げ、米国で人気のない階級を狙って羊頭狗肉の賞金を掲げた〝新手のアルファベット承認団体〟でした。

当初ぶち上げた「賞金総額5000万ドル、優勝賞金1000万ドル」は、ついにどの階級でも支払われることなくフェイドアウトしている〝詐欺的蜃気楼〟。それがWBSSの正体です。

もちろん、米国の不人気階級とはいえ、日本では特別なバンタム級で井上尚弥という異才がジャンプしたという意味でWBSSは、日本のファンに素晴らしい機会を与えてくれました(もちろん犯罪的に杜撰な運営は別の話ですが)。

そして、アルファベット団体の恣意によって如何様にも世界タイトルが分配されることを、テオフィモ・ロペスが新たに完全統一王者の仲間入りを果たすことで証明してくれました。

21世紀の完全統一王者は〝人気のない実力者たちの駆け込み寺〟でしたが、そこに駆け込むには高いハードルがいくつもありました。

それでも、人気者ロペスがWBCに「フランチャイズもステイクして欲しい」とリクエストすると、WBCは「フランチャイズが上位タイトル」と二つ返事で了解。WBC王者デビン・ヘイニーは、いきなり「セカンド王者」に落とされてしまうのです。

タイトルの価値が失墜「中谷vsベルデホ」にもWBOインターコンチネンタルという、地域タイトルがステイクされていましたが「日本vsプエルトリコ」で争う地域タイトル…もう悲劇も喜劇も超えてどこまでもシュールです。

中谷の劇的な逆転勝ちに「よっしゃー!WBOインターコンチ王者や!!!」と喜んだファンは、一人でもいるのでしょうか?

どこまでも、シューリアルです。前衛芸術のように、常人の理解を超えているのはWBOインターコンチ王座だけではありません。アルファベット団体の世界タイトル自体が、悪夢の中の虚構です。

中谷の勝利に、日本のボクシングファンが巨大な価値を見出しているのは、①ライト級という人気階級で、②ベルデホという名前のあるスター候補を粉砕した、という2点からです。

「人気階級」は競技人口だけからは推し量ることはできませんが、BoxRecによると、今日12月15日現在の競技人口は以下のとおりです。

ストロー267人、ジュニアフライ469人、フライ776人、ジュニアバンタム853人、バンタム1095人、ジュニアフェザー1372人、フェザー1654人、ジュニアライト1767人、ライト2359人、ジュニアウェルター2259人、ウェルター2380人、ジュニアミドル2067人、ミドル1745人、スーパーミドル1512人、ライトヘビー1269人、クルーザー1293人、ヘビー1449人

以前、このブログで取り上げた数字から全体的に伸長している原因は、BoxRecの情報収集能力の向上、つまり試合経験のあるボクサーだけでなく、ライセンス発行されたデビュー前のボクサーまで、各地域のコミッションから吸い上げているからです。
スクリーンショット 2020-12-15 1.16.12
この種の数字を見て、多くの人が最初に驚くのは「ミドル級が1番層が厚いと思ってた」です。しかし「ミドルが最も層が厚い」というのは幻想ではありません…そういえば書きかけの話がありました、続きを書くときですね。

競技人口は、それぞれの階級レベルを推し量る指標の一つですが、あくまで「指標の一つ」に過ぎません。

例えば、ヘビー級の競技人口は1449人で、フェザー級の1654人を下回りますが、この数字を持って「階級難易度(レベル)でフェザーが上」と考える馬鹿はどこにもいないでしょう。

階級難易度を正確に測るには「競技人口」「報酬」「専業ボクサーの比率」「注目度(人気選手の存在によっても変動します)」など、いくつものフィルターを濾過しなければ、その実態には迫れません。

「競技人口が多い」ことよりも「報酬が高いこと」の方がレベルを引き上げるのは当然です。その結果として「専業ボクサーの比率」にも差が出ます。

例えば、バンタム級の1095人に対してジュニアミドル(2067人)は約2倍ですが、階級難易度も2倍かというと、それはおそらく違います。ウェルターとミドルに挟まれたジュニアミドルの方がもっと上です。

これは、ライト級2359人と、ウェルター級2380人の競技人口トップ2にも当てはまります。今日の競技人口ではほぼ同じの二つの階級、その攻略難易度も同じと考える人はいません。

「中谷はロペスだけでなくライト級の誰にとっても試練」(今日のリング誌)ですが「エロールやテレンスに試練を与える日本人はいるか?出てくるか?」と問い詰められると、目をそらしちゃいますね。

軽量級の世界ランカーや王者は井上尚弥の対戦相手を見るまでもなく、人気階級と比べると同じスポーツとは思えないほどに報酬は劣悪、本職は引っ越し屋さんや銀行員だったり、あるいはボクシングが本業でも副業を持つケースも珍しくありません。

一方で、井上が憧れる「パッキャオの世界」では、本業が引っ越し屋さんとか、銀行員はまずいないのです。

中谷が粉砕したフェリックス・ベルデホも、おそらく引っ越し屋さんとか銀行員が本業ではありません。

こういう風に書くと、勝手に曲解してひねくれちゃう脳足りんちゃんも湧いてくるでしょうが、コメント欄はいくらでも開放しています。

前置きが長くなりましたが、今夜のお題は「タイトル自体の価値が失墜した今、誰に勝つのが大きなトライアンフか?」です。

実現可能性を無視するなら「日本人がタイソン・フューリーをノックアウトする」が最大の勝利でしょうが、じゃあ誰が?となると一人も思い浮かびません。

ある程度はリアルの匂いを残して欲しいですね。

「村田諒太がカネロをKO」「中谷がテオフィモをぶっ倒す」が普通に思い浮かびますが、「ジュニアライトに落としたロマチェンコを圧倒して切り刻んでストップしたシャクールを井上が死闘の末にSD勝利」もいいですね。

それにしても、中谷が初回に痛烈に倒されたときは「最悪のパターン」と、早い結末を覚悟しましたが、ボクシングは頭の固いフシ穴の浅はかな予感を鮮やかにひっくり返してくれるから面白い、感動します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気階級に殴り込んだ中谷正義。

そのトライアンフを祝して、新シリーズです。…そして、書きかけのものがどんどん増えてゆくのですが、どのお話も必ず続きます。

誰も口にしないことを書くのがこのブログのテーマです。「軽量級賛歌」はその重要な柱ですから「ウェルターが高貴で、フライバンタムは下卑 」なんて無知蒙昧な欧米目線とは一線を画します。

日本のファンにとっては「フライバンタムが花」で「ウェルターなんて知らねぇよ」です。
a25b2c8
それはいつ生まれたのか、誰も知らない。一つの細胞がやがて3つに分かれ、さらに8つに分かれ、さらに、そしてさらに、またまたさらに17まで増殖したのであった…。というわけでボクシングは妖怪の巣食う世界になってゆくのでした。

おさらいですが、ボクシングに限らずあらゆる格闘技はもちろん、水泳だってきっと最初は無差別級(自由形)から始まったはずです。

ボクシングのケースは、無差別級時代に王者になれなかった小さな才能の記録が、多く残されています。彼らは現代ならPFPキングでした。

無差別級しかなかった19世紀後半までの「ワイルド1」の時代から、ミドルとライトが生まれることでヘビーも名付けられた「プレミア3」、そして混沌の超軽量級がフライ・バンタム・フェザーと細分化されることで完成した「オリジナル8(8クラシック)」。

ヘビー級が今も特別であり続けている理由は誰にでも理解できるでしょう。

しかし、ヘビー級以外のクラスで、欧米における軽量級の存在感が文字通りの「存在が耐えられない軽さ」になってしまったのは、80年代からです。

井上尚弥についてもESPNが「コアなマニアのアイコン」と書くのはまだしも「ボクシングファンでも誰も名前も知らない」とまで切り捨てることに、日本のボクシングファンは憤りよりも先に戸惑いを覚えているかもしれません。

「PFP2位だぞ!」「黄金のバンタムだぞ!」「WBSS優勝だぞ!」と。

このブログの読者の方なら、お察しでしょうが「PFP」「黄金のバンタム」「WBSS」…この全ては米国での〝不人気キーワード〟です。

〝翻訳〟すると「日陰階級の救済措置」「掃き溜めに鶴」「(欧州が仕掛けた米国で人気の無い)空気階級トーナメント」です。

すでに、別のお話で支流的にいくつも書いてきたテーマですが、THE BUBBLEを弾けんばかりに揺るがした中谷正義の勇気のおかげで、ついに合流する時がやってきました。  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リング誌/WBA/IBFジュニアウェウター級王者ジョシュ・テイラーがロンドンの東、ヨークホールに設営された完全防疫・無観客会場でアピヌン・コーンソーンを初回2分41秒でノックアウト。2団体統一タイトルの初防衛に成功しました。 
rsz_ssq-tezy-770x433

"I pressed in against him, he threw a right, and I hit him with a left and I felt it sinking in.

プレスをかけて彼が右を出すタイミングで左ボディを打ったんだ。しっかり突き刺さった感覚があったよ。


ジャーメル・チャーロの「左ジャブ」ほどではないにしても、素晴らしいボディショット一発で試合を終わらせた29歳の〝タータン・トルネード〟は17戦全勝13KOと戦績を伸ばしました。

残る2つのアルファベットタイトルWBCとWBOのストラップを持つホセ・カルロス・ラミレス(26戦全勝17KO)との、無敗王者同士の完全統一戦が待たれます。

6000マイルの旅路を経て敵地に乗り込んだアジアのスラッガーは、苦悶にのたうちカウントアウトされたあともしばらく立ち上がることができず、一気に3つのベルトを奪う夢は3分も経たずに霧散。無敗のレコードもストップされてしまいました。戦績は16勝13KO1敗。


**************


そういえば、まだ決勝が終わってなかったWBSSクルーザー級トーナメント決勝。

ドイツ・ミュンヘンのプラザメディア放送センターの特設リングで行われた、マイリス・ブレイディスvsユニエル・ドルティコス。

34歳のキューバ人(24勝22KO1敗)が放つ右強打を警戒しながら、35歳のラトビア人(26勝19KO1敗)がリングを目一杯使ってジャブから右をつないで迎撃する展開。

中盤になるとブレイディスがペースを掴み、右アッパーを再三ヒット。両者とも完全に主導権を握ることが出来ないまま、12ラウンドが消化されました。

オフィシャルは二人が117-111 、残る一人が 114-114のマジョリティでラトビア人の手が挙がりました。。微妙なラウンドはありましたが、リング誌は「引き分けは無い」とドローをつけたジャッジ、ホルク・メルケを批判しています。
Breidis-image-770x552

ブレイディスは前回WBSS準決勝でオレクサンダー・ウシクにマジョリティデジションで惜敗。そのとき逃したアリ・トロフィーをついに手に入れました。

ドルティコスも前回でWBSS準決勝でムラト・ガシエフの強打に最終回ストップ負けしていましたが、再チャレンジも実らず。

ブレイディスはWBAとIBFのアルファベットのピースとリング誌ベルトも獲得。

元々はラトビアの首都リガで開催予定だったこのカードは、パンデミックのために延期を繰り返した挙げ句にドイツ開催に落ち着きました。

リガアリーナで予定されていたチケットはソールドアウトだったと言いますから、バルト海には日本では想像できないクルーザー級人気がしっかり存在しているようです。

WBSSはこれからどうなるんでしょうか?クルーザー級専門トーナメントとして毎年開催?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2年前。

DAZNは「ボクシング界のビジネスモデルを変える」と宣言、米国ボクシングに〝参戦〟しました。

高額のPPVを購入して一部のマニアがメガファイトを観る時代は終わった。これからは月額わずか9.99ドルでこのスポーツを楽しむことができる時代になる。

しかし、DAZNが投資したボクシングの米国での立ち位置は正真正銘のニッチスポーツ。

カネロ・アルバレスとの11戦3億6500万ドル契約も馬鹿げて見えましたが、ゲンナディ・ゴロフキンと3年6試合を推定1億ドルで契約したことは「全試合カネロならまだしも、GGGの価値はカネロ以外の相手だと100万ドルがせいぜい。それほど人気がない」(HBO)というのが常識的な見方でした。

DAZNがこのビジネスに乗り出したのは2016年。「フロイド・メイウェザーvsマニー・パッキャオ」のビジネス面での余熱は十分すぎるほど残っていた時期です。「人気だけならメイパック以上」というカネロとの契約を急いだのは無理もなかったかもしれませんが…。
Screenshot-2019-10-25-at-10.09.01

さらに、実質経営破綻していたWBSSに投資したのもビジネスとしては大失敗でした。米国のテレビ局が揃って無視した、不人気階級で行われた超不人気トーナメントWBSSは発足当初から〝詐欺的手法〟で出資者を募り、選手を欺いてきました。

もちろん、ご存知の通りWBSSの「バンタム級」は「日本だけ」とはいえ例外的・局地的な大成功を収めましたが、それはDAZNの経営手腕が優れていたからではありません。DAZNはほとんど恩恵を受けることが出来ませんでした。
IMG_4006

そして、新型コロナのパンデミックで、DAZNが手がけるスポーツ界の試合は中止・延期に追い込まれてしまい、世界9カ国で視聴料の支払いは一時停止となります。

しかし、皮肉なことにこの状況がDAZNの短期的ながら収支決算を好転させます。

シンコデマヨに予定されていたカネロの試合、赤毛のメキシカンだけで4000万ドルの報酬を支払う契約を、とりあえずは履行する義務がなくなったのです。「カネロ戦は全てが赤字」と見られている中で、4000万ドル以上の支出を抑えることができたのです。

一方で 、2020年の年初で米国で約80万人とされた視聴者のほとんどがこの数ヶ月で契約解除したと見られています。DAZNは今年上半期の視聴者数の発表を見送っているので実数は不明ですが、公にできないレベルの数字ということでしょう。

DAZNが米国ビジネスをゼロから立て直さなければならない苦境に陥っているのは、100%間違いありません。 

ましてや、コロナ前ですら赤字コンテンツだったボクシング部門をどうするのかも注目です。

昨年、機関投資家のゴールドマン・サックス証券が5億ドルを出資するなど、DAZNがすぐに倒産する状況ではないとはいえ、ここまで失敗を重ねているボクシングビジネスへの取り組みに大きな決断を下す可能性はあります。

5億ドル。大金ですが、カネロと3億6500万ドル契約を結んだことが、いかに馬鹿げていたかもよく分かる数字です。

DAZN再生には、米国で思い通りに伸びなかった視聴者数を同じやり方で再獲得すののでは、また失敗を繰り返すだけです。

従来のリースナブルな月額と年額視聴料でなく、特別なイベントはPPVでの配信に集約する方針とも囁かれています。

2019年の「英語圏」でのDAZNの配信時間はサッカー、野球、モータースポーツ、アメフトでボクシングはサッカーの1割にも満たない5番手。

ボクシングにおいては、WBSSで唯一無二の成功である「11月7日のさいたまスーパーアリーナ」が世界中の視聴者のほぼ全てが集中した日本市場で独占放映権を獲得できず、日本以外では極端に関心が低かったため、全くその恩恵にあずかれませんでした。

また、人口13億4000万人を抱えるインドでは、デオンティ・ワイルダーvsタイソン・フューリーが、まさかの2000件の販売数にとどまりました。

カネロについては最低保障で4000万ドルをゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)に、GBPがそのうちの3500万ドルをカネロに支払う流れになっていました。

GBPは残りの500万ドルとゲート収入から、対戦相手とアンダーカードの選手報酬、プロモーション費用を捻出するのですから、手元にはほとんど残らないでしょう。

カラム・スミスに提示した「500万ドル」は、この状況下でもDAZNが4000万ドルを支払うことを前提とした「これ以上譲歩できない」ギリギリの金額だったのです。 

しかし話しは逸れますが「アリ法」は素晴らしいですね。こういう金額も公表しなければならなくなりました。

さらに、ゲート収入がほとんど期待できないコロナ下で、GBPのエリック・ゴメスは「DAZNが支払いの大幅な減額を要求してきているのは一見、理解できる。しかし、現実にはコロナとは関係なしに非常に厳しい経営環境にあるのだろう。自分たちの経営失敗をコロナのせいにして大幅減額するなら話し合いの場は法廷になる」と冷めきっています。

GBPは、DAZNが米国で人気どころか認知もされていないWBSSに投資する際にも「米国の事情が全くわかっていない。WBSSの階級は米国で人気がないのが理解できていない。必ず失敗する」と警告していましたが…。

9月12日と日程だけが発表されているカネロの次戦ですが、7月26日現在でも対戦相手のアナウンスはありません。

景気の悪い話ですが、続きます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ