フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: ボク散歩


United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)が正式名称。

普通はUK。日本ではイギリスが一般的な名称になってます。

〝本土〟は小さいのに、非常に奥深い、複雑な大国です。

ボクシングでもメキシコに並び、多くの人気選手を抱えています。

このブログでは「英国」とアイルランドから気になるニュース二選。
120-Chart-1

【CNN】米経済誌フォーブスが発表するアスリート長者番付の2021年版で、アイルランドの総合格闘家、コナー・マクレガーが初めて1位の座を獲得した。過去1年での収入は1億8000万ドル(約197億円)だった。収入のうち1億5000万ドルは、自らが発売したウイスキーブランドの売り上げに由来する。

収入の80%以上が競技以外から稼いだもの。

前年1位で今回7位のロジャー・フェデラーは9000万ドルのうち競技報酬はわずか3万ドル!で、99%以上が競技以外ですが、それは莫大なスポンサー収入がほとんど全て。

一方のマクレガーはウイスキー「PROPER12」を売却した収益。事業家、投資家です。どういう背景かわかりませんが「アイルランドは俺の命、ウイスキーは俺の血だ」と立ち上げたブランドを売ってしまったんですね。
proper_001a
2月頃にアイリッシュパブでいただきましたが、飲みやすいウイスキーです。

創業者マクレガーのようなクセやパンチはありません。

ギネスビールにアイリッシュウイスキー。暗くて寒いアイルランド映画の旅情。「ミリオンダラーベイビー」もアイリッシュなボクシング映画でした。

マクレガーだけでなく、バリー・マクギガンにカール・フランプトン、ケイティ・テイラー、逆境と貧困の歴史に蹂躙されながら、逞しい個性を生み出し続ける土地です。

 
IMG_2759
【朝日新聞】英スコットランド議会選の開票が7~8日あり、スコットランド国民党(SNP)など独立を掲げる政党で過半数を維持するのが確実となった。独立の是非を問う住民投票を再び実施するよう求める声が高まる情勢。英ジョンソン政権は、英国の分裂回避に向けたかじ取りを迫られる。 

ウィスキー党にとって、スコットランドの動静は非常に気になります。

2014年の住民投票で独立反対が賛成派を上回りましたが、サッカーやラグビーも〝国家〟として参加するなど、もともと分離主義が根強いエリアです。現実にも、教育や税金は独自制度を敷く〝自治領〟です。


英国のEU離脱が引き金になったとこは間違いありません。

酒の名前、スコッチが国名の酔っ払いの聖地。

英国の中で面積で32%、人口で8%を占めるスコットランド。北海道と緯度も面積も人口密度もほぼ同じで、竹鶴政孝が余市に蒸留所を開いたのは当然でした。

日本でも北海道や沖縄、いろんな問題を抱えていますが「分離独立」は聞いたことがありません。平和で豊かな国に生まれてのは、幸運です。

ああ、パブでウィスキーをあおりたいのに、パブもバーも数え切れないほどある場所で寝起きしてるのに、自分で買ってホテルの部屋で飲むしかないなんて…。

なんて時代だ!!! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人をお見送りして、食後の運動がてら。
IMG_5575
外国人観光客が全くいない東京。気持ち悪いくらいの違和感です。

また、世界中からたくさんの人が訪れる街になって「どこもかしこも観光バスばっかり停めやがって!」と悪態つかせて下さい。
FullSizeRender
↑店内は歯ブラシがズラリ。

こんな専門店があるとは。
FullSizeRender
ポップなフォントの看板がかかる銭湯。

煙突はない。
IMG_5584
IMG_5587
国立映画アーカイブ。

名画を上映もする、映画ファンの聖地です。

SCREEN誌、75周年か。ということは1946年創刊。

中学の図書室にもあったような…買ったことはほとんどないけど、毎月目は通してた雑誌です。

社会人になってからは、離れてしまった雑誌です。

それにしても1946年!まだ東京は焼け野原だったろうに、映画専門誌を立ち上げるなんて、人間ってすごいな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これまでホテルは出張や家族旅行で宿泊が100%でした。

それが仕事はもちろん、食事するのもホテルの部屋の中というのが当たり前になりました。

仕事先の人との打ち合わせも、広い宴会場に点々と丸テーブルを置いて、対面でも可能です。

昔の友達とのオンラインで旧交を温めるのも、見逃したWOWOWエキサイトマッチや映画なんかを見るのもホテルの部屋です。

東京2020を当て込んで、銀座有楽町近辺もホテルがあちこちに建ちましたが、どこもかしこも閑古鳥。

宴会場を解放してくれたり、食事の半額券を用意してくれたり、五輪後の予約割引など、いろんなサービスをいただけるのはありがたいやら、申し訳ないやら。

部屋のテレビも大きなサイズに交換、立派な音響セットも入れてくれました。

リング誌などの定期購入物などはフロント着、部屋ではいろんな音楽を流して、自分の部屋のように使いまくってますが…。

すごく快適なはずが、全くそうじゃ無いのは、外で酒が飲めない、その一点に尽きます。


音楽は基本古い曲で、部屋でよく流しているのは、解散して10年は経つオアシス。

All Around The World – Oasis


よく使われる曲で、最近だと八村塁が出演しているSMBCのCMでもBGMに使われています。

「21歳、まだ夢を叶えたわけじゃない」。

八村、最高です。
スクリーンショット 2021-05-13 0.36.21
https://www.youtube.com/watch?v=dL6WLAecH8M

うちの娘が誰に似たのか真性の洋楽ヲタクで「グループ仲が最悪。中心メンバーのギャラガー兄弟の確執を知ってしまうと人間性と良い音楽を作ることにはなんの関係もないことがわかっちゃうからお父さんみたいな人は音楽だけ聞いてなさい」と言われちゃってるオアシスです。


Take me away
Because I just don’t want to stay
 
And the lies you make me say
Are getting deeper every day

These are crazy days but they make me shine
Time keeps rolling by
 
俺を何処かに連れて行ってくれ。
これ以上ここでジッとしてたくないんだ。

ここにいると自分に嘘をつくことになる。
そんな嘘が毎日重なっていく。 

狂っているこの毎日でも、俺を磨いてくれる
時はいつも流れていく


All around the world
You’ve got to spread the word
Tell them what you heard
We’re gonna make a better day

All around the world
You’ve got to spread the word
Tell them what you heard
You know it’s gonna be o.k
 
この世界中に。
お前の言葉を広めてやるんだ。
お前が何者かを伝えるんだ。
少しずつ前に進もうぜ。

この世界中に。
お前の言葉を広めてやるんだ。
お前が何者かを伝えるんだ。
大丈夫、お前ならやれる。

 *********


夜中に、知人からいただいたザ・グレート・カブキの米国での試合も観てます。

素晴らしい。

ボクサーにプロレスラーと同じレベルを期待してはいけませんが、米国で目立つにはやはりパフォーマンスは必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もう20年近く前に、インドネシアのスラウェシ島という観光客は絶対行かない辺鄙なとこに出張仕事で20日間くらい滞在したことがありました。

インドネシアは基本イスラム国。しかし、私が滞在した街は観光客は酒飲んでもいいというところでした。

それでも、なんとなく酒を飲みませんでした。

当時と比べると、自宅ではいくらでも飲めますが、これだけ長い間、外飲みから遠ざかったのは大人になってから初めてのことです(私の大人年齢はかなり低いですが)。
IMG_5557
街も人通りが少なく、何よりも外国人観光客がうざいほど溢れていた外国人観光客の姿がほとんで見られません。

なんか、昔のこんな歌を思い出して、初めて聞いたのは多分中学生の頃だと思うのですが。。。

♬ 恋しさに 身も心も ボロボロに 捨てられて

酒のない さびしい国で くたばっちまった 女がいた

オー マイ ジャーニー あんたそいつを 
オー マイ ジャーニー 馬鹿だと思うのかい

今は 今は あの女(こ)のそばで

川の流れを 抱いて眠りたい

…私、この歌、ずっと「ジョニー」だと思ってましたが、スマホで調べると「ジャーニー」でした。30年近く「オー、マイ、ジョニー」だと勘違いしていました…。

 
IMG_5558
「あと77日」。状況は厳しくなる一方です。

よく考えてみると、このオメガのカウントダウンタイマーは2019年からこの場所に佇んでいますから、今は「3年目」。

う〜ん、記憶が定かではありませんが、コヤツ、2018年からいたかもしれません。そうなると「4年目」です。

こいつも「延長」「延長」の中、もう何年もここに、健気に立ち続けています。

それなのに。

もしかしたら、カウントダウンの熱狂はもちろん、「ゼロ」が並ぶコヤツにとっての「ゴール」の瞬間を迎えることもできない、世界で最も可哀想な物体になるやもしれません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

在宅ワーク、オンラインの仕事が当たり前になると、労働時間がむちゃくちゃなことになります。

ゴールデンウィークなど関係ない業種や、海外の取引先との仕事は特にそうです。

大変な時代ですが、通勤時間が要らない、好きなところ、例えば屋外からでも参加できるというメリットもあります。

今日のような天気の良い日に屋内で会議となると憂鬱な気分になりますが、ビール片手に河川敷から参加することも出来るわけです。
IMG_5541
ここ数十年、都会の河川がどんどんきれいになってるそうですが、このコロナ禍でさらにきれいになってる、そんな気もします。
IMG_5540
そうか、明後日は「こどもの日」でした。

こどもや、小中高生、新大学1年生には気の毒な2年間です。来年は、普段通りの春が迎えられる保証もないですが…。

約30年前の私のように、地方から東京の大学に入学、新生活を楽しみにしていた新1年生の気持ちを思うとやりきれないです。

会社のバイト学生にも4月から2年生の大学生がいますが、明るく楽しく働いてくれる彼らを見てると、こっちも元気になります。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

有楽町・銀座界隈はアンテナショップが集まっています。
地方テレビ局の東京事務所も多いので、拠点を出すなら有楽町や銀座ということなのでしょうか。
image
そのアンテナショップ、有楽町駅前の交通会館内だけでも「北海道どさんこプラザ」「秋田ふるさと館」「いきいき富山館」「浪花のえぇもんうまいもん大阪百貨店」「兵庫わくわく館」「わかやま紀州館」「徳島・香川トモニ市場」「ザ・博多 有楽町店」…などがひしめいており「おおいたアンテナショップ温泉座」では足湯まで楽しめちゃいます。

先日、足湯につかってしばし現実を忘れていると、私を探していた会社の人間に見つかってしまい「外出してもいいから携帯電話も持って行って下さい」と注意され、足湯につかったまま気まずい思いをしてしまいました…。

このアンテナショップ、大体の店でソフトクリームを食べれるのです。

暑い夏にソフトクリームを舐めながら、交通会館の屋上庭園から新幹線の往来を眺めるのは、結構贅沢な時間です。

さて、そのソフトクリーム、さすがにイメージもあってか「北海道どさんこプラザ」のバニラと夕張メロンが「交通会館チャンピオン」です、独断と偏見ですが。

しかし、アンテナショップ最強か?となると、これは歌舞伎座前の「いわて銀河プラザ」に軍配が挙がります。

「どさんこ」はすっきりしていて食べやすいのですが、良い意味でも悪い意味でも軽い、ウェルター級のテレンス・クロフォードです。

夕張メロンとのミックスもあるスイッチヒッター、万能型でもありますが…。

image
一方の「銀河」はバニラ一本、器用なマネはしません、出来ません。↑

しかし、コーンを手にした時点で重さを感じます。渦巻きのエッジも気持ち固い気がします。

一口舐めればその密度と重さ、ミルクのコクを味わえる生粋ヘビー級のアンディ・ルイスJr.です。

というわけで、王者「どさんこ」vs挑戦者「銀河」のメガファイトは銀河が大番狂わせの7ラウンドストップ勝ち。

衝撃のタイトル移動となりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

赤煉瓦倉庫で雨宿り。

あちこちにお花畑が。
image
image
image
image
赤レンガ倉庫の前に佇む旧税関事務所。又の名を右突堤中央事務所の遺構。

「右突堤事務所」って、ネーミングセンスありまくりです。

小降りになった隙に、一気に関内へ。

スタジアムから歓声が聞こえて来ましたが、あれは本物?

今シーズン、まだ未勝利の横浜ベイスターズ。

現在、3-0でリード。
image
image
今日は勝つでしょう、多分。

スタジアムの熱気は、外にいてもワクワクして来ます。

遠くまで走り出すつもりが、近場の散歩に終わってしまう、いつものパターンでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

image
image
横浜散歩。

普段はハンバーガー店なんかには近寄らないのだが、beer & hamburgerの「beer」に吸い寄せられてしまった。

店内も空いてて、すぐに飲んで食べれると思いきや10分近く待たされて席に。

しかも、周囲はカップルだらけ

そして、タブレットでオーダーしてから、さらに約10分。
image
image
それにしても、この手のハンバーガーってまともに食えないのに、何故この形状なのか?

ハンバーガーはビールに良く合って美味しかったが、もう2度と訪れることはあるまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりに東銀座から築地、新富町方面へ。

人通りが少ない。休業延長の張り紙を出した店が目立ちます。

人通りが少ない。土曜日だというのに。
IMG_4427

IMG_5241
電通の元本社ビルはまだ〝廃墟〟として残ってます。

桜の蕾が膨らむ先の廃墟。結構、シュールです。

設計は丹下健三、まさしくその香りがあちこちから漂う、昭和の大建築です。

どこかで腹ごしらえしようと、入ったのはラーメン屋さん。
IMG_5242
生ビールとイタリアンなラーメンは、よく合います。

それにしても、大都会の土曜日が沈黙してるなんて。。。。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりにちょっと走りたくなりましたが、すぐに息が上がってしまいました。

散歩しかしてなかったのでキロ6分でも結構な負荷。

もっとゆっくり走るべきなのですが、これが難しい。「本当に強い人はキロ7分8分でも、3分切って走るのと同じしっかりしたメカニクスで走れる。走れるスピードの幅が狭いのは弱い証拠」みたいなことをどこかで聞いたのを思い出しました。

落合博満の「遅いボールをしっかり打てれば早いボールなんて簡単」というのに似てるのかもしれませんが、そんな境地は遠すぎます。

まともに刺激を入れてないから当たり前とはいえ、物心ついてから、今が最も持久力、走力がどん底的に落ち込んでいます。

それでもものすごく良い天気で、気持ち良かった。走ると暑いくらい。
IMG_5230
IMG_5231
梅と河津桜は満開。ソメイヨシノは花びらも小さく色も淡すぎて、桜の仲間内ではインパクトが弱い気もしますが、花見の季節に見所を迎えるから愛されているのでしょうか?

近所の小さな侵略者の訪問を受けてガキどもを引き連れて走ったのですが、子供のエネルギーはすごい。年末に走ったときよりもはるかに速くなってました。

距離表示のある公園周回コースで「1000mと1500mの勝負をしよう」と中学の男の子と女の子が挑戦状を叩きつけてきましたが、今やったら確実に負けます。

そういえば前に勝負したのは1年近く前、そのときからこっちは劇的に体力が落ちてるというのに、奴らは劇的に向上しています。

「お前らと走ってもビジネスにならない」とメイウェザーばりの台詞で断りました。

週3日、2ヶ月くらい練習したらキロ3分がまだ遠いこいつらにはまだ負けないとは思い、もっと暖かくなって他のやつも集めて走ってあげると「ビジネスってなんだよー!」とブーブーいうガキどもをいなしました。

しかし、このなまりきった心身でそんな地道なことが出来るかどうか…。

次に勝負を挑まれたら「お前らには本気は出せない。エキシビションだ」で走って、「この負けは負けじゃない。なぜならエキシビションだから」とごまかそう。

「エキシビションってなんだよー!」と詰め寄られる未来を予想しつつ、ふと考えたのはこいつらも使ってるデジタル教科書の話。

デジタル教科書の本格導入は文部省の有識者会議によって「2024年度」と位置づけられています。

現在、デジタル教科書を使っている公立小中学校は1割もありません。

あと3年で、残り9割の整備が通信環境も含めて進むのか?という問題ではなく、そもそも「小中学校でデジタル教科書が本当に必要なのか?」を議論し尽くしていないところに行政の闇があります。

少年少女の学習効果や健康への検証をする前に「2024年度に本格導入」。これがまずありきで進められているのです。

とんでもない利権が絡んでいるのは言うまでもありません。「2024年度導入は先送り」となると、多くの関係業者が経営難に陥るでしょう。

しかし、順番が逆です。

デジタル教科書先進国の欧州では「初期教育では弊害しかない」という検証結果も出ています。
IMG_5233
リング誌とスポーツイラストレイテッド、ESPNマガジン。大きさが違うだけでなく、広告の入り方が全く違ったり、手触りも匂いも微妙に違います。こいつらは間違いなく、そこに存在しているのです。

「紙媒体の方が優れている」という研究結果を大々的に報じるのは、読売新聞や朝日新聞など紙媒体によって成り立っている大新聞ですから、全てを鵜呑みにはできません。

それでも、デジタル教科書のマイナス面として①視力低下②書く能力の低下③記憶力の低下は明らかです。

特に②③については、能力低下以前に、初期教育で身につけるべき自分なりの書き方、記憶のやり方を身につける前に高等教育に進むことになります。

欧州の大学で行われた実験で「紙媒体で教育を受けてきた若者」と「初期教育からデジタル中心で教育を受けてきた若者」の間には、書く能力において明白な差が生まれており、記憶能力に至ってはもはや同年代で起こりうる差ではなかった、という結果が出たといいます。

紙媒体産業が都合の良いデータを切り取って捏造しただけ、と捉えるにはあまりにも説得力のある実験結果です。 

米国の神経科学者メアリアン・ウルフは、欧州の若者17万人を対象にした研究で「デジタル機器よりも紙媒体で学習した方が理解度が高い」という結果を発表しています。

「教育ではゆっくり考え、共感力と批判的な分析力を身につけさせる必要がある」(ウルフ)ことから、脳が発達段階にある時期は紙媒体での学習が望ましいと結論付けています。

「スマホ脳」の著作で有名な精神科医アンデシュ・ハンセンも「自国のスウェーデンでやみくもに取り入れてしまったことで、学習能力が落ちてしまった。新しいことと優れていることは全く別物」と警鐘を鳴らしています。 


私の身近なところでも、若い世代の文章能力は文章問題をクリアしてきたはずの旧帝大卒でも「嘘だろ?」というくらいに酷いものです。 

文章の稚拙以前の問題で「この書き方だと相手に真意が伝わらない」というのがわからないのです。

先日、大手予備校の若い講師と話す機会があって、そういう話をすると「断片的な情報量が多い受験生は増えているが、それを有機的に組み立てたり、文章にする能力は低下している」ということでしたが、受験ビジネスとはデジタル化の波に合わせるしかありません。


紙媒体が完全になくなることはないかもしれませんが、リング誌などはプリントバージョンを廃刊とかはありそうです。あるいは、プリントバージョンの一気の値上げとか…。

考えると少しうんざりしてきます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ