フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: スポーツよもやま話

カジノがアホ代議士らによって激しい逆風に晒され、ほぼ潰された状況の中、経済産業省はスポーツベッティング解禁についての素案をまとめていました。

来月にも有識者による「スポーツ未来開拓会議」を5年ぶりに再開し、議論を詰めていく方針です。

読売新聞によると、この会議は日本のスポーツ市場を2015年の5.5兆円から、2025年に15兆円まで引き上げる目標を掲げているそうです。

公営ギャンブルとサッカーなどのスポーツくじは例外的に認められていますが、現行の刑法では賭博は禁止。

このブログでもボクシングのオッズを出していますが、日本でベットするのは違法です。

しかし、日本開催のボクシングの試合だけでなく、最近では大相撲など八百長の前科・疑いがある競技でも海外で賭けの対象とされ、その金額は年間5〜6兆円という資産もあります。

これが国内市場に還元されるわけですから、選手報酬や若い才能の育成環境も飛躍的に整備されるはずです。

一方で、スポーツ賭博解禁で懸念されるのは、八百長とギャンブル依存症です。

八百長に関しては、勝敗だけではなく、細かい展開、プレーまで賭けの対象にされている現代型スポーツベッティングは、八百長を呼び込みやすく、ひとつの試合で何通りも賭けられることは依存症につながりやすいとも考えられています。

〝八百長〟はフロイド・メイウェザーがコナー・マクレガーとのボクシングマッチで、自らが懸けていたラウンドで仕留めるなど、一定の実力差があれば簡単に出来てしまいます。

今夜の井上尚弥vsノニト・ドネアも、KO必至と見られていますが、もし井上に〝その気〟があれば大番狂わせの判定決着も演出出来そうです。

とはいえ、地域スポーツの振興や、学校スポーツでの顧問の先生の看過しがたい大きな負担を解消するためにも、スポーツ賭博が生み出す莫大なお金は魅力的です。

この経済産業省の素案などは、読売新聞がすっぱ抜いた形で、経済産業省は公式には発表していません。

おそらく「まだ何も決まってないから」と言い訳するのでしょうが、本音は「公にすると反対意見が噴出して潰されるのが怖い」ということです。

この、どうせ簡単にバレるのに、コソコソしてるのが、反対論者を余計に勢いづかせるのがなぜわからないのでしょうか?

そもそも、自分たちで後ろめたい思いが少しでもあるとしたら、やるな!

ただ、私はカジノもスポーツベッティングも一貫して賛成派です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

博報堂DYメディアパートナーズが昨年8月に調査した「アスリートイメージ評価調査」。

調査時期が時期なだけに、入江聖奈が「明るいアスリート」部門1位に輝くなど数多くの五輪選手がランクイン。

総合1位はもちろん大谷翔平です。

しかし、世界的に最も有名で最も影響力のある大坂なおみは10位内に入っていません。

欧米への憧憬が強い日本人ですが、大坂に関しては複雑な思いを抱えているのがよく伝わってきます。
IMG_7181
ライフ誌Life Millennium: The 100 Most Important Events and People of the Past, 1000 Year(人類1000年で最も重要な100人)や、毎年発表されるタイム誌のThe 100 most influential peopleとForbes誌のThe World’s Highest-Paid Athletes などに登場する日本人から「何が米国に評価されるのか?」「何に米国はカネや注目を払うのか?」を考えてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全国の公立私立中学校には男性で約5万9000、女子で約5万4000の運動部があります(2021年度:日本中学校体育連盟)。

その全てに、最低1人の教員の顧問がついています。土日でも試合や練習がある部活も珍しくなく、顧問になると大きな負担を無償で引き受けることになります。

競技経験のない部活の顧問になることも珍しくなく、その場合は自宅でルールや指導法の勉強をすることになります。もちろん、残業代など1円も出ません。

なかなかのブラック職場です。この問題は、今に始まったことではありません。

IMG_6925

スポーツ庁の有識者会議は、まず公立中を対象に23年度からの3年間で「休日の部活動の地域移行を完了させる」という提言をまとめました。

その後、平日も地域移行を進め、今月中にガイドラインを発表します。

「地域移行」は地域のスポーツクラブや、スポーツ少年団、実業団やプロチームに協力を仰ぐ形になります。

1日限定なら元Jリーガーやプロ野球選手、地元の体育大学などから特別コーチを招く試みは着手されていますが、それはまた別の話。

元プロ選手に平日の練習から土日の試合まで通年でコーチをしてもらうには、当然それなりの報酬が発生します。

大学生などに依頼するにも〝家庭教師〟のようなもので報酬は発生しますし、土日は自分たちの試合を優先するのは当然です。

また、元プロや体育大学の学生を顧問にするというのは、たびたび問題を引き起こしている強豪校と同じスタイルを取ることになります。過熱指導や、教員教育を経ていないコーチが立場を利用した犯罪を犯す危険も孕んでいます。

教員のボランティア精神で支えられてきた学校教育は、完全に行き詰まっています。保護者負担が増えるのはもちろん、税金も今以上に投入しなければ地域移行、つまり外部委託なんてままなりません。

私も近所の中学校の野球部のお手伝いを無償でしています。顧問の先生と旧友問うことからお願いされたのですが、面倒なことは数え切れません。

スポーツ指導者資格の取得などは、まだ良い方です。



伝説の山口良治は、公立高校ラグビー部の顧問でした。

ある試合の日、待ち合わせの駅で部員全員分の切符を買って待つ山口。反発した生徒たちは誰1人来なかったというエピソードは、熱血教師の情熱に不良たちが感応していく感動物語のプロローグでした。

しかし、現在、あらためて考えると、複雑な思いも混じり合わせてしまいます。休日出勤に、生徒の交通費まで負担する教師、しかも生徒は来ない…。

教員全員が山口なら問題ないでしょうが、そんなわけもなく、普通の人なら過労と心労で精神を病んで当然です…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

賢い奴はアホに惹きつけられるが、アホは賢い奴に惹きつけられない。

IMG_6865

受験シーズンが終わりに近づいています。

私の子供たちはみんな卒業して社会人になりましたが、これから子供が受験を迎える友人や知人も少なくありません。

30年以上も前、高校2年まで私は進学するつもりなんて全くありませんでした。そもそも、学校の成績は劣悪でしたから、まともな大学に行けるわけもありませんでした。

それでも、陸上部の尊敬できる先輩から「すぐに社会に出て働くなんてタルいやん?とりあえず大学行って遊んでもええんちゃうん」という感じで進められ、受験することになりました。

それでも、受験勉強をすればするほど、なんてくだらない作業だろうか、という思いがフツフツと湧き上がってきていました。

例えば、陸上や野球は一生好きだし、プレーヤーでありたい、この深淵な世界をどこまで潜れるか、何歳になっても考える価値があると思いました。実際、今でもそうです。

しかし、受験勉強なんて底が浅すぎて、こんなくだらないことは高高3年の数ヶ月で金輪際オサラバと唾棄していました。

その考えは「受験しろ」と進めた先輩も「受験なんてくだらない」という点では同じ考え方で「大人が作ったバカシステムは利用したらええねん。大手予備校の模試でええ点取ったら結構なカネになるやろ」と、予備校が「成績優秀者」という名目で「事前」的に受験料を負担、合格したら「早慶上智5万」「同志社法3万」「関学経済2万」。

関西在住の私にとっては「立教明治法政2万」は交通費・宿泊費負担してくれないと「ビジネスにならない」とメイウェザー的マネーな世界でした。
IMG_2557

当時、先輩も俺もアホでした。いや…今でもアホです、間違いなく。いや、今の方がもっとアホです…。

しかし、当時も本当にアホでした。

「予備校に利用されている」のは気づいていても「受験勉強が出来る特権の恩恵にあずかっているだけ」と、「得してる」と勘違いしていたのです。

典型的なアホです。

結局、予備校に利用されて、私たちが無鉄砲に受験してなければ受かっていた受験生を意味なく不合格にしていたかもしれないのです。

その先輩に「同級生が関学に落ちたと聞かされて、ちょっと罪の意識だ」と言うと、先輩はすぐに「私はお前より1年前にわかってたのに、申し訳ない」と、頭を下げました。

もちろん、私の合格が同級生を不合格にした直接原因ではないかもしれませんが、行く気もない大学の学部をカネ目的(というか幼稚に面白がってただけです)でいくつも受験した罪の意識ははっきりありました。

私にとって先輩は女神のような存在でしたが、この一件でなんとなく、気まずくなって、ずっと距離が離れてしまっていました。

そんな過去から、受験は「くだらない」はもちろん「罪の意識」までふりかけられた苦い記憶でした。今もそうですが。

ところが、30年も経って、自分の子供と同じ年代の受験生の知り合いが出来るようになると、「くだらない」は「東大の問題には哲学がある」「関学はしっかりした良問」と、「世界王者はみんな強い」「世界ランカーに雑魚はいない」みたいな優等生発言を吐いてしまうのでした。

あ、「東大の問題には哲学がある」「関学はしっかりした良問」は本当ですが「世界王者はみんな強い」「世界ランカーに雑魚はいない」はありえません。

今でも、子供達の前で「受験なんてくだらない」と口にしがちですが、それはいろんな子供達、親御さん、全員に言うことではないんですね、当たり前ですが。





「賢い奴はアホに惹きつけられるが、アホは賢い奴に惹きつけられない」ってタイトルつけて、書き始めたのですが、もはや滅茶苦茶でんがな。

さっきまで、私の中で学生時代から区分けしている「賢いフリしたがる輩」とオンラインで悪酔い、そこでグツグツ煮えたウクライナへの思いを書こうとしてたのですが…。

コロナ前でも後でも、飲み会なんかに誘ってくるのはほぼ100%「賢いフリした輩」から。私から声をかけたことは一度もありません。
IMG_6876

「賢い奴はアホに惹きつけられるが、アホは賢い奴に惹きつけられない。」とはそういう意味だったのですが、深酔いしてくると、夕方にすすった「カウンターアタック」のラーメン、またすすりたい。

9時10時で真っ暗闇になる町なんて、町じゃないからな!

コロナはわかった。もう聞き飽きたわ。

おい!岸田!

おい!小池!

いつまでもふざけるなよ 。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

午前中に銀座で面倒な個人情報扱いのお仕事を片付けて「長崎カレー 蜂の家」で「黒カレー」をすすり、「これはカレーライスの一つの完成形である」と大きく頷きながら、少年野球の試合会場へ。
IMG_6870 (1)

移動の間は「ローマン・ゴンザレスvsレイ・マルチネス」の試合を観ながら、旧友たちが出走している東京マラソン2021の経過もチェック。

野球部の子のお姉さんが「京都と東京の私大に合格した」と親御さんから教えられ、そういや「京都の大学に行きたい」と言ってたなあと、そのお姉さんの顔を思い出しながら、「三島さん(私のこと:仮名)が絶対受かるって励ましてくれてたから、すごく頑張ってました」と感謝されて、来週末に夕飯を誘われたまではいいものの、本命の京大の発表が来週木曜日という驚愕の事実が。

「京大も絶対受かるって断言してくれてたから、すごく勇気付けられてます」と言われて、待て待て待て待て、俺、そんなこと言ったか?と思い返しても、よく覚えてません。

そのお姉さん、最初に宿題とか見たときから優秀で物分りが良かったから「早慶とかは普通に勉強してたら受かる」と太鼓判を押した覚えはありますが、「京大も絶対受かる」なんて言ったかなあ…我ながらいい加減なこと口走るなあと呆れてしましました。

しかし、我ながらめっちゃ言いそうです。きっと、親御さんの前でも「村田がカネロをノックアウトする」みたいなのと同じ感じで言ったのでしょう。

京大不合格なら、来週末の夕食会はキャンセルだなと、それまで頭の片隅にすらなかった木曜日の合格発表にドキドキし出してしまうのでした。

家まで送るという〝京大合格待ち〟親御さんでしたが、車の中でも「京大どうでしょうかねえ?」話になるのが恐ろしくて、やんわりお断り。

駅に向かう道すがらに見つけた「カウンターアタック」という博多ラーメン屋さんに気まぐれで入店。
IMG_6876
驚きの本格的博多ラーメンでした。

黒ラベル生に、替え玉・粉落とし。

大通りから外れているのに結構混んでたから、有名な店なのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

マネージャーのアレックス・ボルノートは「ギレルモ・リゴンドーがマイアミの自宅で料理をしていたところ、圧力鍋が爆発、重傷を負ってしまった。現在は20%しか視力がなく、ボクサーとしての将来が難しくなった」と報告しています。

リゴンドーは傷の深さを調べるために複数の検査を受け、網膜だけが損傷を受けたのであれば、視力の完全回復とともに組織が自力で再生される可能性があるそうです。

しかし、視神経や網膜の先にもっと複雑な損傷が検出された場合、手術が必要で、成功しても深刻な視力障害が残るため、ボクシング生命は絶望的。

残念なニュースです。

41歳のサウスポーは2月26日、フィリピンの伏兵ビンセント・アストロラビオにキャリア3敗目を喫したばかりでした。

シドニー2000、アテネ2004のバンタム級(54㎏)で五輪2大会連続金メダル、伝説のエリートアマとして2009年プロデビュー。

ノニト・ドネアに施したボクシングのレッスン、天笠尚とのダウン応酬の激戦、ワシル・ロマチェンコとの究極のテクニシャン対決…プロ23戦(20勝13KO3敗)でも鮮烈な印象を残してきました。

ジュニアフェザー級でWBAとWBOのストラップをコレクション、バンタム級に落として2連敗中ですが、現在もジュニアフェザー級のLineal championです。

「試合が面白くない」と米国受けは良くなかったものの、それはクリチコ兄弟の人気が伸びなかったのと同じ理由です。

頭の悪い米国人のキューバや旧ソ連に対するアレルギーでした。

詳しい情報は入っていませんが、リング復帰は厳しいかもしれません。

稀代のテクニシャンが、こんな不幸な形で引退となるのは、残念でなりません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

FullSizeRender
https://www.marathon.tokyo/2022/



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


「悠長に構えている時間はない」。


ウクライナの危機が破滅的に膨れ上がる中で、元世界ヘビー級王者ウラジミール・クリチコは「ロシアが一方的に始めた戦争」の終結を国際社会に訴えました。

TwitterとInstagramにアップロードされた動画では「人道的大惨事が起きている。もはや一刻の猶予もない」と語り「ロシアの侵略を止めるためには、今行動するしかない」と決意を表明。

首都キエフの市長を務める兄のビタリ・クリチコは、月曜日の朝まで夜間外出禁止令が出し、人々は、ロシアの攻撃が民間人にまで迫っていることに戦慄している。
 
スクリーンショット 2022-02-27 9.43.35
ヒルベルト・メンドサWBA会長は「月曜日に会議を招集し、世界や地域タイトルの試合を一切行わないことを決定する」とコメントしています。




ロシアの侵略に対しては、はっきりNOという態度を伝えることが大切です。

日本政府は昨日、ロシアのウクライナ侵攻を「侵略」と認定しました。遅すぎますが、当然です。あの攻撃は侵攻なんて種類のものではありません。

日本語が異国の言葉にそのまま当てはめることができるとは限りませんが、日本語では「国境を越えて相手国に軍事攻撃を仕掛ける」のが侵攻です。国境紛争や、自国に侵攻してきた相手国を押し返し、敵陣に入る場合も侵攻に該当します。

そして、侵略は国境紛争にとどまらず「相手国の首都を陥落させ、主権と領土を略奪し、征服することを目的とした軍事攻撃」です。

異国や英国のメディアではinvasion、invade、aggression、などの言葉で報道していますが、文脈を読めば「侵攻」ではなく「侵略」として使っているのは明らかです。

いまだに「侵攻」としか伝えていない日本のメディアがありますが、あれは「侵略」です。

戦争以外の外交は、言葉や文書を交わすことで成り立ちます。人殺しの武器を使う外交が戦争なら、言葉や文書を武器に取る外交もあります。

ウクライナにとっては、もはやロシアとの外交は言葉や武器の段階を超えてしまいました。

私たちは、人殺しの武器を手にしてウクライナを応援することは出来ません。私たちには言葉や文書でしか戦うことができません。



「侵攻」ではなく「侵略」。「遺憾」ではなく「怒りに震えている」。

わけのわからない言葉を使わずに、立場と態度を鮮明にすることです。

米国はウクライナに3億5000万ドル=約400億円の軍事支援を新たに行うと発表しました。

楽天の三木谷浩史は「美しく平和で民主的な国が、このようなことになるとは、本当に心が痛む。日本政府も毅然とした態度を取ってもらいたい」と、ロシアの侵略に曝されているウクライナに10億円寄付すると表明しました。

米国の追加支援は三木谷の40倍しかないのか、三木谷が米国の40分の1も寄付するのかわかりませんが、はっきりした態度を示すことが大切です。

あらゆる侵略は悪です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロシアのウクライナ侵略が、スポーツ界にも大きな衝撃を与えています。

木曜日の早朝に始まった侵略に国際的なスポーツ団体がロシアからイベントを撤退させています。

UEFAはチャンピオンズリーグの決勝戦をサンクトペテルブルグからパリに移し、F1はロシアGPを中止しました。
ukraine-dinamo-zagreb-flag

また、NBAの2人のウクライナ人選手がロシアの侵略を非難する共同声明を出すなど、アスリートたちも声をあげています。

ボクシングではWBCが「ひどい戦争が始まった。この紛争が平和的な方法で解決されるまで、ロシアでのすべてのボクシング活動を認めない」と声明を発表。
WBAも週明けにも会議を開催し、ロシアでの世界王座、地域王座の開催を一切停止することを決める方針です。

WBOはフラシスコ・バルカルセル会長がSNSで「WBOはウクライナへの侵略が続く限り、ロシアの世界王座、地域王座の試合を認めない。ロシア人ボクサーのランキング除外まで検討している」。

このウクライナ侵略は、組織的なドーピングのように選手個人にも疑義がかけられる事案とは全く違います。 

ロシアでのイベント中止は当然ですが、ロシア人アスリートを締め出すことは的外れも甚だしい愚策です。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カザフスタンでは液化石油ガス(LPG)が2倍に値上がりしたのを背景に、2日から国内各地で大規模な反政府デモが続いています。

カシム=ジョマルト・トカエフ大統領はロシア主導の軍事同盟の集団安全保障条約機構(CSTO)に、抗議行動の鎮圧に向けた支援を要請。CSTOの部隊は6日、カザフスタン入りしていました。

ロシア国営RIA通信によると、カザフスタンに派遣されたのは兵士2500人規模の精鋭部隊。CSTOは、カザフスタンの政府や軍の施設を守る「平和維持部隊」として、数日〜数週間、同国にとどまるとされています。

トカエフ大統領は7日「抗議デモに名を借りたテロリストは容赦しない。警告無しに発砲する」と全国放送のテレビで警告。デモを「外国で訓練を受けたテロリストの仕業」だと、証拠を示さずに決めつけています。

内務省は、抗議デモが始まってからの数日間で「武装犯」26人と治安部隊の18人が死亡、3000人以上が拘束されたと発表、国内ではインターネットの遮断が続いています。

カザフスタンでは、ほぼ全ての選挙で与党が勝利し、その投票率は100%近くに上り、与党と戦える野党は存在しないという摩訶不思議な民主主義国です。

カザフスタンと聞いて、中央アジアの資源大国と思い浮かべるでしょうが、ボクシングファンにとってはゲンナディ・ゴロフキンをはじめ中量級を中心に強豪を続々と輩出するボクシング大国です。

アマチュア時代から国家の寵愛を受け、プロになってからもカザフスタン国旗を翻して入場しているトリプルGは、このニュースをどう聞いているのでしょうか。

同じ旧ソ連圏のウクライナでも、ビタリ・クリチコが首都キエフ市長としてロシアの干渉との戦いを続けています。

アレクシス・アルゲリョも、政治に身を投じ政治の翻弄されました。
IMG_3689

もし、マニー・パッキャオが日本人なら、母国を救うために政治に情熱を燃やしたでしょうか。

アスリートがアスリートとして、アスリートとしてだけの自分に集中出来る環境にある国は、世界でも少数派かもしれません。

この国のアスリートは幸せです。アスリートを純粋に応援できる私たちスポーツファンも幸せです。

GGGの母国にも、早く平穏な日常が戻って欲しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ