フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: ボクシング界はいつだって魑魅魍魎

「ボクサーにとって小さな体に生まれるほど不幸なことはない」(ファン・フランシスコ・エストラーダ)。

「もし、私がミドル級なら住む家も乗る車も何もかもが変わっていた」(カリド・ヤファイ)。

「報われない軽量級ボクサーに光を当てたい」(ジェシー・ロドリゲス)。


John-Riel-Casimero-Amnat-Ruenroeng-Reuters-Damir-Sagolj
カシメロとアムナット。二人とも軽量級の悲哀を嫌というほど味わいました。カシメロも天心や武尊がキックの試合を持ちかけたら、アムナットのように喜んで応じそうです。

多くの先進富裕国ではボクシング人気そのものが衰退しています。そして、ただでさえ人気のない軽量級の扱いは劣悪です。

先日も「ジョンリール・カシメロvsポール・バトラー」の競争入札は10万5000ドル、約1170万円で落札されました。この金額が二人の報酬の総額です。

3階級制覇のトラッシュ・トーカー、先進富裕国の元王者ですらそんな評価なのです。

これがウェルター級やミドル級ならゼロが一つ増えるだけでは済まなかったでしょう。

カシメロvsバトラーが特別な話ではありません。2018年にヘッキー・ブドラー(当時IBF王者)とフェリックス・アルバラードの試合が競争入札にかけられたときの入札額はわずか2万5000ドル、275万円でした。これを世界王者と世界挑戦者が分け合うのです。

これが、軽量級の残酷な現実です。

軽量級では地域タイトルホルダーでも、日本なら生活保護を需給出来るレベルの収入しかないこともめずらしくありません。

しかし、軽量級は東南アジアや中南米、アフリカなど先進富裕国とは真逆の環境に身を置くボクサーが多いので、日本人なら「バイトしてる方がマシ」な金額でも十分生活出来るのです。

軽量級は〝貧困階級〟ですが、日本は例外です。

具志堅用高の時代まで、世界王者のファイトマネーはプロ野球トップ選手を大きく上回ることも珍しくありませんでした。

日本人が出場するジュニアフェザー級以下の超軽量級の世界戦は日本開催が圧倒的に多くなるのは当然です。

どこで開催するか?は経済と商売の話なのですから。

結果として、井上尚弥ら日本人世界王者は貧困国の挑戦者を自国のリングに引っ張り上げることが繰り返されるのです。

これを裏返すと、別の光景が見えてきます。

先進富裕国で人気のウェルター級やミドル級では、日本人がアウエーに引っ張り上げられるケースが多く、そもそも挑戦するチャンスがまずあり得ません。

軽量級では自分よりも貧困なボクサーを叩きのめすのがデフォルトですが、富裕国の人気階級になると立場が逆転します。

日本人がアウエーのリングで、金持ちチャンプに叩きのめされるのです。

大きな神輿に担がれた村田諒太ですら、ゲンナディ・ゴロフキンやカネロ・アルバレスの金持ちさには届きません。

五輪金メダリストですらも、人気階級では日本人が金持ち王者に挑戦する、という図式に変わるのです。

竹原慎二はプロデビューした頃「日本か東洋か、何かチャンピオンになりたいと思ってたけど、世界は全く意識できなかった」と回想しています。
GettyImages-159922434-769x1024
竹原がプロボクサーを志した1980年代終盤は、マービン・ハグラーがシュガー・レイ・レナードとのメガフィトに敗れて、王座は分散していましたが、それでも日本人がミドル級の世界王者になるなんて現実離れした話でした。

プロボクサーとして無敗のまま日本、東洋太平洋とタイトルを獲得した竹原ですが、デビューしたての軽量級のボクサーたちが、軽々しく「世界王者になりたい」と語るのを聞いても、軽量級と欧米の人気階級との「世界」の違いを痛感するしかありませんでした。

あらゆるスポーツで歓迎されるはずの身長186㎝の恵まれた肉体は、日本でボクシングをやるとなると、重たい荷物に過ぎなかったのです。

実際に「日本王者になってから、かえって世界が遠く感じた」と言います。

かつて、日本人に身近だったジュニアミドル級もレナードがアユブ・カルレを屠った頃から、遠い存在になってしまいました。

もちろん、先進富裕国で人気のクラスは、日本人には大きすぎる、という体格の問題はあるでしょう。

特に、ヘビー級は大谷翔平クラスの体格でもけして大きくはないのですから、日本人が世界王者になるにはいくつもの障害を越えなければなりません。

しかし、66㎏のウェルター級なら減量を織り込んでも日本人にとって大きくはないでしょう。

ウェルター級で未だに一人の世界王者も輩出できていないこと、ミドル級でも二人しか世界王者が誕生していない、その最大の原因は挑戦のチャンスが少なすぎるからです。

競技人口が多い、報酬が高いから専業ボクサーが多い、レベルが高い、というのは2番目以下の理由です。

ウェルター級やミドル級が、軽量級よりも攻略難易度が遥かに高いのは明らかですが、軽量級並みのチャンスに恵まれていたなら、ウェルター級王者がゼロ、ミドル級が2人なんてことはなかったでしょう。

もちろん、攻略難易度なんて、そんなことも含めて考えるべきなのですが…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アルツール・ベテルビエフの〝入閣〟でシャッフルされたリング誌とESPNのPFPランキングを比べてみましょう。

二つのPFPのメンツは同じことも多いのですが、現在一致するのは8人。

リング誌がジョシュ・テイラー(8位)と、ジャーメル・チャーロ(9位)というUndisputed championを10傑に数え、ESPNはPFPでは〝禁断〟のヘビー級からタイソン・フューリーを5位、10位にはシャクール・スティーブンソンをランクイン。

スクリーンショット 2022-06-24 23.28.09

ドミトリー・ビボルとベテルビエフが、短い期間で印象的な試合を見せてくれたおかげで、PFPの非常に特徴的な性格が、この二つのランキングで浮き彫りになりました。

カネロ・アルバレスに完勝したビボル、ライトヘビー級最強候補のベテルビエフというロジックが完全に破綻しているのがリング誌で、PFPでも整合性が取れているのがESPNです。

ESPNはヘビー級で見てもフューリーが5位、ウシクが6位と階級の中での整合性を妄想ランキングでも貫いています。

両者のPFPを見慣れている人の多くは「ESPNのランキングの方が納得出来る」という感想をお持ちでしょう。

ただ、リング誌に入っていないフューリーとスティーブンソンはともにトップランクと契約しているボクサーなので、せっかく説得力のあるランキングでも「ふ〜ん、そういうことですね」という冷めた視線も集めています。

数年前までゴールデンボーイ・プロモーションズの子会社だったリング誌も、元を辿れば大物プロモーターのテックス・リカードが創刊したようなもので、そのランキングはいつもスキャンダルにまみれてきました。

トップランクは、世界最大のスポーツメディアESPNのボクシング部門子会社みたいなもので、慢性経営難のリング誌とは真逆の立場ですが。

毎週のようにシャッフルされ、今年のように上半期だけで1位が3人も交代する液状ランキング、これがPFPの呆れるほどの軽薄さであり、良い意味で笑える面白さでもあり、そんなどうでも良さ、良い加減さから親会社や提携関係の強力なプロモーターの意向を反映させるメリットが少ないとも考えられます。

それでも、プロモーターと関係の強いメディアのランキングというのは胡散臭さを拭いきれません。

そうなると、BOXING WRITERS ASSOCIATION OF AMERICA(BWAA)や、ボクシングシーンや英国ボクシングニューズ誌がそのままスライド流用しているTransnational Boxing Rankings Board(TBRB)のPFPがプロモーターの恣意的な働きかけを排除した不純物・添加物の入っていないランキングといえます。

しかし、PFPは世界挑戦の順番が決まるような重要性が全くない人畜無害の妄想ランキングなのでプロモーターの意向を反映させたとしても、それもまた妄想の一部ということで、よろしいんじゃないかと個人的には楽しんでします。

リング誌もPFPで捏造(妄想だから捏造もありえないんですが)する分には好きなだけやってれば良いのですが…そうじゃないからときどき露見して、信用失墜しちゃうんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カネロ・アルバレスは誰と戦ってきたのか?

サントス・サウル・アルバレス・バラガンは2005年10月29日、15歳のときにジュニアウェルター級でプロデビュー。

翌年、5戦目で引き分け試合を経験するも、ホセ・コットやカルロス・バルドミル、ラブモア・ヌドゥら古豪やビッグネームの兄弟と戦い、地域タイトルをコレクション。

そして2011年3月5日、リッキー・ハットンの弟マシューと空位のWBCジュニアミドル級王座を争い、大差判定勝利。

マシューは知名度と実力の乖離が大きいファイターで、フロイド・メイウェザーとの対戦も取り沙汰された人気者でした。

この初戴冠時のカネロはまだ20歳ながら、36勝26KO無敗1分。

慎重な対戦相手選びと、十分な試合経験を重ねての世界挑戦でしたが、マシューにグラつかされる場面もあり、当時は「最強ファイターの誕生」という捉え方は皆無でした。

このタイトルはライアン・ローズ、アルフォンソ・ゴメス、カーミット・シントロン、シェーン・モズリー、ホセシト・ロペス、オースティン・トラウトと、旬のパンチャーを綺麗に回避しながら「ディフェンスの強化」(エディ・レイノソ)をメインテーマに取り組みます。
IMG_1158
IMG_2707 (1)

そして、ディフェンス教室はついに最終章を迎えます。

レッスンを施してくれるのは史上最高級のディフェンスマスター、フロイド・メイウェザー。

この試合で、カネロはキャリア初のBサイドに回りますが、すでにラスベガスのジャッジを飲み込むスターパワーを手に入れていました。

空前のメガファイト「THE ONE」を振り返り、進化する怪物カネロ・アルバレスの実像に迫ります。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

法律が無ければ、犯罪も無い。当たり前です。

世界的な統括団体が無いボクシングにおいて、ドーピングや犯罪行為が露見しても、そのペナルティは試合を統括するローカル・コミッションに委ねられます。

ルイス・ネリは山中慎介戦との初戦で、帝拳が費用負担したドーピング検査で禁止物質が陽性反応、日本ボクシング・コミッションによって日本のリングから事実上の永久追放処分が科されました。

しかし、メキシコでの活動はフリー、現在では日本を除くあらゆる国のコミッションがネリのライセンスに制限を加えていません。

IMG_0423

2009年、アントニオ・マルガリートはシェーン・モズリーの試合前のグローブチェックでバンテージに乾くと石膏状に固まる液剤を染み込ませていたことが判明。

カリフォルニア州アスレティック・コミッションはマルガリートのライセンスを停止しましたが、やはりメキシコなどでの試合は認められ、翌2010年にはあろうことか、テキサス州のカウボーイズ・スタジアムでマニー・パッキャオとのメガファイトの舞台に上がるのです。

ネリのドーピング、マルガリートの石膏バンテージはいずれも故意とは認められませんでしたが、そんな言い訳が通用するなら警察は要りません…そう、ボクシングの世界にはそれを〝犯罪〟として〝懲罰〟を与える法律も警察も存在しないのです。

プロ野球で日本人初のドーピング違反の汚名を被った井端弘和の違反物質は、目薬に含まれていたもので、本人も中日球団も「治療目的の使用」と申請・受理されていましたが、更新手続きを忘れていたため、アウトになりました。

最上の舞台である世界戦をローカル・コミッションが統括している、という驚愕の倒錯は、許されざるルール違反があっても罰則はローカルにとどまってしまう危険を常に孕んでいます。


スクリーンショット 2018-09-15 11.14.18
スクリーンショット 2018-09-15 11.13.39

カネロ・アルバレスのドーピング検査陽性となったメキシコ産牛肉については、サッカー・メキシコ代表が2011年ゴールドカップで、5選手がドーピングテストで陽性を示して大会を追放されるなどボクシングに限ったスキャンダルではありません。
IMG_7198

イベンダー・ホリフィールドやロイ・ジョーンズJr.、バルコスキャンダルに関わったモズリーらはドーピング不問で一発殿堂です。

この件に関して、あからさまなドーパーとは言い難いカネロですが、もちろんイメージダウン。

シュガー・レイ・レナードやフロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオらが疑惑の範囲内だったのに対して、クロに足を踏み入れたのですから。

それでも、カネロも前例に倣って一発殿堂でしょう。

カネロとレナードらを隔てているのは、ドーピング問題よりも、スーパースターへの道程でしょう。

スーパースターのAサイドになるまでのマッチメイクの厳しさは、パッキャオが群を抜いて過酷な試合を潜り抜けてきました。

パッキャオを論外、例外とするとレナード>>>>>メイウェザー>>デラホーヤの順でしようか。

カネロはパッキャオとは逆にヌルいマッチメイクでスーパースターの座を手に入れました。

米国にファンベースを持たない軽量級のアジア人という〝卑しい〟出自から番狂わせを繰り返しながら、スターダムの階段を駆け上がったパッキャオのマッチメイクが厳しくなるのは当然です。

一方で、五輪金メダリストのレナードには破格の待遇でデビュー戦がセット、デラホーヤもデビューから温室に覆われた線路が用意されました。

メイウェザーは金ではなく銅メダル、それでもデビュー戦から注目され、けして恵まれた報酬とはいえないものの、パッキャオのような無謀なマッチメイクとは無縁でした。

レナードやデラホーヤ、メイウェザーには、スターへのパスポートが交付されていたのです。


しかし、パスポートを持っていないカネロがなぜかプロテクトされたキャリアを歩んで行くのです。

Free ride=〝無賃乗車〟と揶揄されるのも当然のことでした…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3年ぶり、久しぶりのシリーズ再開です。

もし、カネロ・アルバレスがいなければ、2013年から日本ボクシング界の夢を乗せて走り続けた村田諒太の10年間はあれほどカラフルに彩られることはなかったでしょう。

もちろん、ミドル級は問答無用の人気階級。常にビッグネームが覇権を争う絢爛豪華なクラスです。

しかし、カネロもゲンナジー・ゴロフキンもいなくて、ダニエル・ジェイコブスやデメトリアス・アンドラーデみたいな地味な黒人しかいなかったら、日本のファンの熱量と温度は少し冷めたものになっていたかもしれません。

ゴロフキンが文句無し、最高の相手だったと思う一方で、パンデミックがなければカネロ戦が実現していたのです。

どっちが良かったか?、と聞かれると…。

aug-2021-cover-308x432

カネロはおそらく、ただのボクシング小僧がそのまま大人になったキャラクターです。

カネロジャッジはもちろん、意図的にドーピングしたり、キャッチウェイトや当日リバウンド制限などの姑息なやり口も、カネロが主導したものではないでしょう。

だからといって、カネロに一片の責任もないとは言いません。

3年前に書いた 「温室の中で逞しく育つアイドル 赤毛のアルバレスはスターダムを極めることが出来るのか?」という問いかけには、一応の答えが出ました。

Fighter of the yearに2度も輝き、PFPキングに2年半も君臨しました。人気に実力が追いついたのです。

しかし、それでもアンチの矢は放たれ続けています。

ドーピング問題はさておき、キャッチウエイトは卑劣なパワハラとはいえ、シュガー・レイ・レナードもオスカー・デラホーヤもフロイド・メイウェザーもマニー・パッキャオも振り回したAサイドの特権です。

「レナードらは圧倒的な実力を示し、頂点に立ってからパワハラを始めたが、カネロは実力がない段階からやりたい放題だった」「カネロほど不可解な判定が頻発するスーパースターも珍しい」ということが、レナードらと同列に語られない理由でしょう。

その意味で、もう一度考えて見たいと思います。

「温室の中で逞しく育つアイドル 赤毛のアルバレスは(誰もが認める)スターダムを極めることが出来るのか?」。



https://fushiananome.blog.jp/archives/17342333.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17343065.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17359296.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17358355.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17364956.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17378878.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17388953.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17399781.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/17442524.html

https://fushiananome.blog.jp/archives/18585917.html 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクシングの世界3団体バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が衝撃の事実を明かした。

井上は17日、ツイッターを更新。「そこまで気にしてませんがWBAのスーパーベルトそろそろ下さい(笑) 2年7ヶ月経ってます(笑)」と投稿した。


*******

確かにどうでも良いことです。

しかし、ベルトの代金は支払っているはずです。

今回のドネア2は、承認料だけでもファイトマネーの4%として2億1000万円×0.04=840万円。

スタッフなどの渡航費・宿泊費とは別です。

https://fushiananome.blog.jp/archives/10572578.html

2018年にマニー・パッキャオが勝ち獲ったのはWBAセカンドベルトでしたが、なぜかスーパー仕様でベルト部分にはパッキャオとルーカス・マティセの姿かエンボス加工で描かれていました。

世界的なスーパースターと、軽量級のローカルヒーローでは承認団体の対応が違う、ということでしょうか。

IMG_0826

WBSS優勝者にも本来ならWBC謹製のベルトが贈られるはずですが、それももらってない模様です。

wbss-wbc-belt

WBCはタイソン・フューリーやカネロ・アルバレスには試合ごとに特製ベルトを大盤振る舞いですが、彼らと比較すると承認料は少ないものの、井上ら日本人王者は軽量級では破格のファイトマネー、高額の承認料をしっかり納めています。

mestizo2
IMG_7306

WBAがスーパーベルトを贈らないのは、単純に失念しているのか、あるいはベルト代や発送費をケチッて忘れたフリしてるのか、どちらかでしょう。

どっちにしても、完全に舐められてるッ!と憤ってしまうのは私だけでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

井上尚弥は「パッキャオの風景が見たい」と憧憬しました。

もちろん、マニー・パッキャオはボクシングが強かっただけではなく、いくつもの奇跡が複合的に溶け合って空前絶後の化学反応を起こした、本物のモンスターです。

パッキャオが米国デビューを果たしたのは2001年6月23日、日本時間では6月22日ですから21年前のちょうど明日になります。

スクリーンショット 2020-09-12 16.24.39
ケリー・パブリック…当時から過大評価臭しか匂いませんでしたが、パックメイとのスリーショットはキツ過ぎます。そして、ドネアはリング誌を単独カバーすることは一度もないままに、キャリアを終えそうです。

当時ボクシングシーンの主役だったオスカー・デラホーヤのメガファイトのセミファイナルで、IBFジュニアフェザー級王者リーロ・レジャバの対戦相手が直前でキャンセル。急遽白羽の矢が立てられたのがパッキャオでした。

同じ年の4月7日にはマルコ・アントニオ・バレラがナジーム・ハメドを撃退、エリック・モラレスやファン・マヌエル・マルケスとメキシコのスーパースターが3人も雁首並べてフェザー級の覇権を争っていたのです。

ちなみに、バレラvsハメドはHBOのPPVで、MGMグランドガーデンのアリーナが舞台。フェザー級の試合がここまで注目されたことは、現在までも歴史上一度もありません。

井上をはじめ、多くの人が「フェザー級になると景色が変わる」と考えているのは、このあまりにも特殊なメガファイトの印象からでしょう。

パッキャオがメキシカン3人のPFPファイターの引き立て役として選ばれるのは、必然でした。

それにしても、無名のフィリピン人が重厚なメキシコ包囲網を突破するなど、誰も想像だにしていませんでした。

しかも、それを成し遂げたときに、米国気質が偏愛的に好むサイドストーリーを、パッキャオは豊穣なまでに内包していたのです。

IMG_0710
極貧の家庭に生まれ、勝利給100ペソ(2ドル=約200円)の草拳闘で家族を支えながら、年齢を詐称してまでプロボクサーになった少年の希望は母親と弟妹を極貧から救うことでした。

世界フライ級王者になり、1万ドル単位のファイトマネーを稼ぐ頃には、地元でも有数の大金持ちになっていました。

しかし、その頃には新たな希望が胸の奥底に芽生えていました。「家族は幸せになったが、町には病院も学校もない。周りには貧困に喘ぐ人で溢れている」。

スポーツイラストレイテッド誌やニューヨークタイムズなどの評伝では、世界フライ級王者になった頃に「政治家になって国を救う」という夢を固めたとされていますが、弟のボビー・パッキャオは「小さい頃から大統領になると宣言していた」と語っています。

まだ、一家が段ボールを敷いた床にバナナの葉などで覆った粗末な〝家〟に住んでいた頃です。

ボビー「天井のある家に住めたら、夜中に雨が降ってもゆっくり寝れるのに」。

マニー「バナナの葉でも天井だ。隙間から星が見えるし、考えてみれば贅沢かもな」。

ボビー「星なんて見えなくていいから本物の天井や壁や柱がある家に一度でいあから住んでみたいよ」。

マニー「今に大金持ちになって天井も壁もある大きな広い家に住ませてやる。それまで、星を見てるんだ」。

ボビー「それよりもお腹が空いたよ。コメや肉や野菜をお腹いっぱい食べてみたい」。

マニー「今に好きなだけ食べさせてやる。病気になっても薬がもらえる病院を建てる。お金がなくても通える学校も作る」。

ボビー「お祭りでボクシングしてるだけじゃ、病院なんて建てられるわけないよ」。

マニー「俺は将来、この国の大統領になる」。

ボビー「大統領って病院を建てる大工さん?」。

マニー「そうだ。病院だけじゃないぞ。貧しい人のために家や学校、なんでも作れる人が大統領だ」。

IMG_0451 (1)

試合10日前にラスベガスから舞い込んだオファーに即答した青年。

アジアのボクサーが、メキシコとアメリカが仕組んだリングで正々堂々と戦い、次々に大番狂わせを起こしていったのです。

人気階級のウェルター級は全階級を通じて最も厳しい難関クラスですが、そこで待っていたのは全盛期が過ぎた超ビッグネームたちでした。

さらには、フロイド・メイウェザーという絵にも描けないようなライバルまで登場してくれたのです。

井上は、伝説級のメキシカンどころか、まともなメキシカンにすら恵まれていません。

もし、井上に〝バレラ〟や〝モラレス〟がいたとしても、初戦は村田諒太のゲンナジー・ゴロフキンのように日本に引っ張り込んだでしょう。

〝バレラ〟も圧倒的有利の試合と見て日本に来たはずです。

もちろん、日本で井上が〝バレラ〟を粉砕すると、今度は完全アウエーのラスベガスやテキサスの大会場に引っ張り込まれることになります。


井上に欠けているのはメキシコのスーパースターだけではありません。

井上は優れたアスリートの1人に過ぎず、アメリカンドリームの下地になる物語が抜け落ちているのです。

もし、井上がパッキャオまでは行かないまでも、ライト級の猛者と互角に渡り合うような場所まで辿り着いても、ビッグファイトのいくつかは日本開催になります。

パッキャオが敵地で強豪を粉砕し続けることで、尊敬と畏怖だけでなく、メキシコ系の人気まで手に入れたことは、驚異的に見えますが必然でした。

井上がパッキャオになるためには「不人気階級からの脱出」だけでなく、アジアやアフリカの極貧国で生まれ、アメリカンドリームの「物語を形成する序章」を持っていなければなりません。

「大勝負になると東京ドームに帰る裕福な日本人」では、メキシコのアンチを増やすだけです。

微妙な判定は「バンザイ・ジャッジ」「モンスター・スコア」と非難されるかもしれません。

そこまで行けば十分素晴らしいのですが、そもそも富裕国に生まれその恩恵に存分に浴してきた井上が、パッキャオのように危険な冒険に乗り出す必要がありません。

パッキャオには、その必要があったのです。


ノニト・ドネアは全く人気のない軽量級というだけでなく、パッキャオのアンダーカード出場を頑なに拒否し続けたがために、米国で大舞台が用意されることはついに一度もありませんでした。

ドネアは井上だけでなく、カール・フランプトンとの試合でも「どこで試合をするかはスポーツライクな話ではない。カネの話だ」と、敵地に乗り込むしかなかったのです。

ギレルモ・リゴンドー との不人気階級の不人気選手対決では、モンティエル戦でも赤字だった西海岸でやると大事故になりますから、キューバ系住民も多いニューヨークのミュージックホールで開催されます。

ドネアは、とうしたら良かったのでしょうか。もちろん、パッキャオの前座なら居場所がありました。

しかし、それがどうしても嫌なら…。

パッキャオほどではないものの、貧しい幼年時代と米国移住を体験したドネアは、井上とは違い「物語を形成する序章」を持っています。

トップランクが、GBPへの移籍を図ったドネアへの懲罰として仕向けられたリゴンドー と、ニコラス・ウォータースを倒し、続く刺客オスカル・バルデスからも逃げずに粉砕すれば良かったのです。

そうなると、ボブ・アラムも真っ青になって頭を抱えていたでしょう。そして、ウォータースの代わりにワシル・ロマチェンコと戦い、ウクライナのハイテクまで破壊していたら?

まさに〝番場蛮のハラキリ〟です。

もちろん、ドネアにはその実力が大きく欠落していました。実質フライ、ジュニアバンタム、バンタム止まりのファイターでした。

誰と比べとんねん!という話ですが、ボクシング界の不公平を嘆くドネアにはそんな説明しか出来ません。

最近なら、ファン・フランシスコ・エストラーダらも同類です。

文句を言うなら、人気階級で勝ちゃあ良いだけです。

それでも、フライ、バンタム、ジュニアフェザー、フェザーの軽量級4階級を制覇。軽量級としては稀有のFighter of the  yearにも輝きました。

トップランクからは屈辱的な対応を受けた末にお払い箱になっても、バンタム級に出戻り最後の花を日本で咲かせ、フィリピン人の軽量級としてはこれ以上ない大きな成功を収めました。

いつもアウエーで戦う不条理、当然対戦相手に有利な条件がリングの内外で整えられたリング、それに不平を言う気持ちは理解出来ます。

パッキャオのように破格の報酬が約束されているならまだしも…。

ドネアの報酬は井上が2億円超なら1億円あっても良いと思いますが、現実は発表できないほど遥かに少ないのでしょう。
2014-05-06T163415Z_1_MT1ACI12220957_RTRMADP_3_BOXING-ENGLAND
今回、ドネアは来日当初から体が萎んでいる、覇気がないと言われ、グローブ問題へのクレームなどいつになく神経質になっていました。

もしかしたら、ビクター・コンテの魔法が使えなかったのかもしれません。

山中慎介からタイトルを掠め獲ったルイス・ネリに、帝拳は150万円以上を負担して事前のドーピング検査を受けさせていました。

コンテを迎え入れ、不自然なカムバックを果たしたドネアを帝拳が見逃すとは思えません。

圧勝しか予想されていなかった初戦で、ロートルのドネアがまさか、あんなに強いとは、とファンやメディアだけでなく、陣営も驚いたでしょう。

再戦では、ネリのとき以上に厳格な検査を求められたため、ドネアがいつもの魔法を使えなかったというのは、ウガった見方でしようか?

しかし、史上最悪のドーピング犯罪者とわざわざ手を組んだドネアは、李下に冠を正したのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「ビリー・コリンズJr. vs ルイス・レスト」「アントニオ・マルガリート vs シェーン・モズリー」は犯罪にしても「長谷川穂積 vs フェルナンド・モンティエル」「フロイド・メイウェザー vs マルコス・マイダナ」、そして先日の「井上尚弥 vs ノニト・ドネア2」…。

グローブを巡る事件や疑惑は、たびたび湧き上がってきました。
bae36c219c7c3681239ae7a7a15febc7
デオンティ・ワイルダーのエバーラスト。片方10オンス(283g)。ウェルター級からが10オンスですが、「ワイルダー のグローブ」と聞くとデカく見えてしまいます。


すでに何度かふれてきましたが、同じ素材、同じ8オンスのグローブでもレイジェスで打つのと、グラントで打つのでは全く感触が違います。

https://fushiananome.blog.jp/archives/21940594.html

それ以前に、グローブを付けた時点でナックル部分の厚みに違いがあるのがわかります。

そんなことがまかり通っているのが、プロボクシングです。UFCの4オンス・オーブンフィンガーグローブにはこの種の問題はほとんどありません。

ボクシング界を騒然とさせてきた、数々のGrove-Gate事件。

そのとき、何が起きたのか?

Grove-Gate事件のスキャンダルを振り返ってゆきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リング誌創刊100周年を記念して、6月号で特集された「GREAT PUNCHERS ARE GREAT FIGHTERS」。

創刊の1922年〜2022年の100年間の強打者ランキングトップ100です。PFP同様に妄想極まる馬鹿企画ですが、それが面白いのです。

今月は、井上尚弥とアルトゥール・ベテルビエフの衝撃的な2ラウンドKO劇を見ることが出来ました。
june-2022-cover-308x432-1

というわけで、GREAT PUNCHERS ARE GREAT FIGHTERSから現役選手だけを抜き出しました。

現役No.1は、100年ランキングで33位に付けた井上尚弥!パチパチパチ!!!と勝手に思い込んでしまいましたが、16位にデオンティ・ワイルダーが入ってました。悪しからず。それはそうと、ワイルダー、現役か?

i

続いて36位はゲンナジー・ゴロフキン。そして49位がノニト・ドネア!

ここまでは日本のボクシングファンに気を使ってくれてるのか!?、という感じです。 

62位がセルゲイ・コバレフ、82位にガーボンタ・デービス。

88位にやっとアルトゥール・ベテルビエフ登場。

91位にシーサケット・ソールンビサイ、95位にローマン・ゴンサレス、97位にアンソニー・ジョシュア。

現役からはこの10人が100傑にランクされました。

突っ込みどころ満載です…。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクシングには、メジャーリーグは存在しません。サッカーの欧州トップリーグも存在しません。

もっと、正確に言うとボクシングの軽量級には「憧憬する最高峰の本場」は、格好良い米国や欧州にはありません。

アスリートは、最高峰の戦いを公平な舞台で求めます。4年に一度のオリンピック、そこでの採点競技では地元選手が有利になるのは納得できます。

しかし、ボクシングの舞台は富裕国に限定されます。

ノニト・ドネアは優れたボクサーですが、軽量級であるがために米国でドサ周の旅しました。もちろん、捨てた母国フィリピンで戦うよりも何十倍もの報酬を手にすることが出来るから、プロとして当然です。

ドネアと違い、ゲンナジー・ゴロフキンは人気階級のミドル級で圧倒的な存在感を示しましたが、母国カザフスタンのアルトマイでカネロ・アルバレス戦や村田諒太戦を開催するなど、微塵も考えていなかったでしょう。

ゴロフキンほどの実力と実績を残しても、米国のリングで異邦人は脇役です。

そもそも主役が存在しない軽量級では、脇役にすらなれません。

たった一つの例外が、マニー・パッキャオです。ドネアはパッキャオのように、人気階級にのしあがれば良かったのです。ゴロフキンも「強豪選手が逃げる」なんて言わずに、アンドレ・ウォードやセルゲイ・コバレフを粉砕していれば、パッキャオになれました。
スクリーンショット 2022-06-18 18.25.54
スクリーンショット 2022-06-18 18.28.06
今月7日の井上尚弥との決戦で、ドネアは「米国で開催するのがフェア」としながらも「私も井上も米国では経済的な価値が小さすぎる。金銭的な観点から米国で開催するのは意味がない」と諦観していました。

米国では井上のリングサイド席は150ドル。それでも売れないのです。それが、日本では20倍近くに跳ね上がり、MGMグランドガーデンアリーナよりも巨大なさいたまスーパーアリーナをフルハウスにできるのです。

ゴールデンボーイ・プロモーションズとの綱引きで、ドネアの報酬は一時期100万ドルを超えることがありましたが、ボブ・アラムは「いつも小さな会場で、客も集まらない、HBOも大きな予算を割かないから赤字だった。フェルナンド・モンティエル戦も大赤字」と、GBPと契約しようとしていた裏切り者のドネアを名指しで「お荷物」と非難していました。

モンティエル戦のドネアは当時キャリア最高の35万ドルを獲得しましたが、チケットの売れ行きが絶望的に悪くマンダレイベイのアリーナは中上階席を封鎖、チケット料も破格の安さでしたがそれでも売れず「あれは興行でもビジネスでもなかった。ただの不幸な事故」と言われる始末。

交通宿泊費などを考慮すると現実的ではありませんが、後楽園ホールでやれば、普通の世界戦以上に注目され、チケットはソールドアウトだったでしょう。

「フィリピンは論外。日本なら米国の10倍以上のビジネスになって、多くの人が尊敬してくれる。どこでやるか、なんてもう最初から決まってた」(ドネア)。

PFPキングに2年間も君臨していたロマゴンも、井上ほどではありませんが米国で無名でした。

もし、ニカラグアが富裕国でロマゴンが、井上のように母国を中心に試合を重ねていたら、さらに無名の闇は深まっていたでしょう。 

専門家評価では井上を絶対的に上回り、米国での認知度も目クソ鼻クソとはいえ、井上よりは上のチョコラティトがリング誌の表紙をカバーできなかったこと、井上よりもはるかに少ない報酬に甘んじている理由は、たった一つです。

日本とニカラグアの富裕度の違い、だけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ