珍しく神保町でお仕事。

梅雨に逆戻りしたような、水分をたっぷり含んだ蒸し暑く重い空気をかき分けて、靖国神社あたりまでお散歩。

ポロシャツが汗だく…やめときゃ良かった。

九段下の坂道を上がると見えてきたのは、ホテルグランドパレス。

ボクシング関連の記者会見の多くは、現実でも漫画でもホテルホテルグランドパレスで行われてきました。

「1972年の開業以来、多くのお客様にご愛顧いただいておりましたが、2021年6月30日をもちまして、ホテルの営業を終了いたしました」との貼り紙が。

先週の木曜日が、最後の日だったのか。

跡地は「三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝とともに複合ビルを建設する予定」。

取り壊し工事がまさに始まったところでした。

IMG_7355

1972年開業というこもは、ちょうど50年。この手の〝高度経済成長型〟大型ホテルは役目を終わったということでしょうか。

昔のオークラ、赤プリなんかも、とっくに無くなりました。

今、都心で残されてる〝この手〟はホテルニューオータニくらいでしょうか?

ボクシングと結びつきの強いホテルだっただけに、寂しさもひとしおです。

また、一つ、昭和にさよならだ。

そういえば、ボクシングマガジンも今年(7月号)で休刊してしまいます。

そして、鉛色の空からポツポツ落ちてくる雨粒に濡れながら、靖国神社へ。

FullSizeRender

7月13日(水)から7月16日(土)までの4日間、行われる「第75回 みたままつり」の準備が進んでいました。

「みたままつり」は、国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として、日本古来のお盆にあたる期間に行われている祭事だそうです。

靖国神社の外苑参道沿いに約1万個の大型提灯と、内苑に約2万個の小型提灯が掲げられ、境内が献灯(みあかし)の黄金色の光に包まれるといいます。

また、神輿曳き回し、江戸芸かっぽれ、吹奏楽団パレード、和太鼓演奏などの奉納行事や「能楽堂」では各種奉納芸能が行なわれるようです。

IMG_7354
まだ、提灯装着前ですが、2万個が連なる光景は壮観でしょう。

さすがに靖国神社が無くなることはないはずです。




通りを跨いで、北の丸公園に入ります。

この辺りの桜並木の貫禄は世界最強クラス、風格ありまくりです。

IMG_7334
IMG_7335

この幹のよじれ方!このねじれ方!そんじょそこらの公園では、まずお目にかかれません。

そして、旧江戸城田安門を抜けると、そこに屹立してるのが、矢吹丈とホセ・メンドーサが死闘を演じた日本武道館です。

IMG_7336
IMG_7338
IMG_7340
IMG_7341

大学時代に、彼女とユーミンのコンサート会場の席で落ち合うはずが、私が大幅に遅刻して、彼女の機嫌をものすごく損ねた思い出があるのですが…何の用事で遅刻してしまったのか全く思い出せない。

九段下の駅からほぼ全力で走って、この階段を駆け上がったのもはっきり覚えているというのに。

人生で、あんなに女の子に泣かれたことはあのときだけだったのに、どうして遅刻したのかが、何の手がかりも無く、全く思い出せません…。