IMG_0409 (1)

大谷翔平がシフトでガラ空きの三遊間を抜けるレフト前ヒットを放ちました。

「シフト」といえば「王シフト」。王貞治はどんなに変則のシフトを目の前で展開されても、引っ張り一本槍のスタイルを崩さなかったといいます。

大谷さんは昨シーズンもホームラン王争いの最中に、バントヒットを決めたことがありました。


「ホームラン狙ってくれよ」。

そんな凡人の願いは、永遠の野球小僧には届かないのかもしれません。

どうやったら自分が一番輝けるか?ではなく、どうしたらチームが勝てるか、に軸足をしっかり乗せているのでしょう。

集団競技で一番面白いのは、本当はそこなのですが、それに気づくのってなかなか時間がかかるもので、私なんかは自分が一番輝くことしか考えていませんでした。

それに気づいたときはもう高校3年生、最後の甲子園予選でした。

「俺って本当に馬鹿だ、今頃気づくなんて」。そんな風に後悔しましたが、ずっと後になると気づいて試合に出られただけで、十分、遅いなんてことはなかったと思えるようになりました。

年を重ねるってことは、自分も含めていろんな人やことを許せるようになることかもしれません。

まぁ、許せんのは井上信者やな。奴らが国を滅ぼす。

なんて、冗談はさておき、王貞治は自分のバッティングを崩さないために、目先のヒットを欲しがって流し打ちをしないという長期的ビジョンに立っていました。ゆったり広い海のようなスポーツマンでした。

対する大谷さんは、目先でも何でもいいからとにかくチームの勝利に今、この瞬間に自分がどう貢献出来るのかを考える、目の前しか見ない、急流のようなアスリートです。

王貞治が格好良いのは当たり前ですが、大谷も相当にクールです。

どっちか好きかと聞かれたら…。

大谷かな。「ホームラン狙ってよ」と言っておいて、矛盾しますが。



それにしても、エンゼルス、弱い、弱い、弱すぎるよ…。