6月13日(月)第613回ダイナミックグローブ 水道橋後楽園ホール

後楽園ホール、良い雰囲気です。


▶︎フェザー級6回戦

金子虎旦がタイのパシス・ウィセッソを相手にデビュー戦。

第2ラウンド、24歳の金子が ボディで3度倒して、ゲームオーバー。



▶︎バンタム級6回戦 

昨年6月26日、ワシル・ロマチェンコvs中谷正義のアンダーカーでデビューした村田昴のプロ2戦目。

憧れの長谷川穂積がリングサイドで見つめる中、フィリピンのジョン・マーク・ティフを迎えます。

170㎝の長身から長いパンチを操るサウスポーの村田は、接近戦からボディの連打でダウンを奪います。

4ラウンドにはティフの右瞼が裂けて出血。このカットは「偶然のバッティング」と場内アナウンス。 

4ラウンド終了のインタバルでティフ陣営が棄権。



▶︎ジュニアフェザー級8回戦

25歳の福井勝也は1年3ヶ月ぶりのリング。対するジェイソン・ブエナオブラはフィリピンバンタム級5位の23歳。

第3ラウンド、2分40秒過ぎにコーナーに詰めた福井の左フックがカウンターとなってダウンを奪います。

決めきれない場面が続く中、第7ラウンド、福井のラッシュにブエナオブラが防戦一方となったところでレフェリーストップ。



▶︎フェザー級8回戦

「鉄の拳」の異名をとるサウスポー中野幹人が、フィリピンのファ二ト・パレテスを3ラウンド1分36秒でノックアウト。

フィニッシュブローは中野の左ストレートが目に当たったか?痛そうに倒れこんで、立ち上がれないままカウント10まで数えられました。



■日本ウェルター級暫定王者決定戦

元王者の永野祐樹がユース王者・小畑武尊と激突。

勝者が正規王者・小原佳太に3ヶ月以内の挑戦が義務付けられています。

面白い試合になりそうだと思ってましたが…23歳の小畑の手数と精度が試合をコントロール。

32歳の永野は、いつも以上に正面に立ったまま不用意なパンチをもらい過ぎ。

第5ラウンド、小畑の連打で永野が棒立ちになるシーンが続いたところで、田中繊大トレーナーがキャンバスに上がってタオルを振りました。

ダウンシーンも見たい気がありましたが、良い判断です。



◉137ポンド契約10回戦◉

中谷正義vsハルモニト・デラ・トーレ

3年6か月ぶりに日本のリングに帰ってきた中谷。

フィリピンライト級2位のデラ・トーレは、2019年10月に吉野修一郎に1ラウンドでストップされています。

テオフィモ・ロペスを悔し泣きさせ、フェリックス・ベルデホを逆転で斬り落とし、ワシル・ロマチェンコと拳を交えた中谷には「どう勝つのか?」が求められる試合です。

初回、軽快な動きから日本のタフガイが右ストレートでデラ・トーレに膝をつかせます。綺麗な右でした。

立ち上がったフィリピン人をジリジリと追い詰めると、今度は左のボディをめり込ませて2度目のダウンを奪います。

苦しそうに半身を起こしたフィリピン人を、主審の染谷路朗がカウントアウト。

次の試合のジャッジには「『ジョー』のモデルと呼ばれた男」の著者・葛城明彦も座っていました。

中谷は最初のダウンについて「粟生(隆寛)さんと、しっかり打ち下ろしていこうと確認していたパンチ」。フィニッシュのボディも「最初から狙っていく作戦」と思い通りの戦いぶりでした。

見事な復帰戦です。

さあ、デビン・ヘイニーにも地獄を見てもらいましょうか!