ケン・マッカラムは、元3階級生覇(ジュニアミドル・ミドル・ライトヘビー)の名王者マイク・マッカラムの三男です…なんて冗談はさておいて…ケン・マッカラムは英国の〝秘密諜報機関〟MI5の長官です。

MI5よりもMI6の方がよく耳にするかもしれませんが、6は5も統括するのは Secret Intelligence Service=SIS)で、5はその中心部署。防諜を主要任務としています。
スクリーンショット 2021-04-24 15.26.17

米国CIAやイスラエルのモサド、旧ソ連のKGBなどに並ぶ有名な諜報機関で「ミッション・インポシブル」の「IMF=mpossible Mission Force(不可能作戦部隊)」のモデルにもなっているのがMI6です。

私がその名所を初めて知ったのは、いろんな本を読み漁った高校時代のことでした。

ジョン・ガードナーやイアン・フレミング、ブライアン・フリーマントルらのスパイ小説の世界に興味を持って、高校図書室に置いてなかった作品は、大きな図書館にも探しに行きました。

きっかけになったのは、月並みですがフレデリック・フォーサイスの「ジャッカルの日」。

引きこもり高校生だった私は「けして表には出ずに、要人の暗殺や国家転覆までを執行する秘密組織」に妙な親近感を持ったのかもしれません。

ただ、当時はCIAやKGBは疑惑をかけられた工作活動を「そんなことをすることも出来るわけもない」と公式に声明、英国に至ってはMI6の存在すら否定していました。

その一方で、ただの創作者であるはずのスパイ小説作家のほとんどが、そんな組織に深く関わっていた経歴を持ち、フォーサイスのように〝現在進行形〟の傑物までいましたから、読者としては迫真の描写と〝奴ら〟は必ず実在する、という確信を楽しんでいました。

そんなMI6が事実上の諜報員(スパイ)の求人広告を新聞に掲載したというニュースが報じられたのは20年ほど前のことだったでしょうか。

「え?俺でも採用試験を受けれるの?」と思わず腰をあげましたが、その後もテレビで求人CMを流し、今回はMI5がインスタグラムの公式アカウントを開設したのです。


「世界中の若者との接点を増やし、多様な人材獲得につなげるのが狙い」(マッカラム長官)といいますから、国家が存在を否定した時代があったなんて信じられません。

HPにはこんなクイズを集めたコーナーも。 


FACT OR FICTION? MI5 has a crèche for baby spooks. (○×クイズ=MI5には託児所がある?)

時代は変わりました。