鬱屈した毎日が続いていますが、二つのナックルパートが炸裂しあうボクシングのリングには、鬱も屈もありません!

注目のファイトをリング誌のスケジュールからピックアップ。「No.」はリング誌の階級別順位。


SATURDAY, APRIL 24
Kissimmee, Florida (DAZN)
Emanuel Navarrete (No. 6) vs. Christopher Diaz
12 rounds – featherweights (for Navarrete’s WBO title)

戦うチャンピオン、エマヌエル・ナバレッテの初防衛戦。 

対戦相手は「元」プエルトリコのホープ、クリストファー・ディアス。これまでのキャリアで敗北は伊藤雅雪とシャクール・スティーブンソンに付けられた二つだけで、まだKO負けを知らない不屈のファイター。

前戦の決定戦でWBOフェザー級のピースをピックアップしているナバレッテですが、出来は今一つ。

スタイル的にディアスとは噛み合うはずです。圧倒的なKO防衛が望まれます。

会場はディアスのホーム。オッズはナバレッテ1/9(1.11倍)、5/1(6倍)と大きく開いていますが、下手な判定だと番狂わせもありえます。

このリングで試されるのは、フェザー級のナバレッテです。
 
berlangaGettyImages-1289245219-770x868
このイベントのセミファイナル、スパーミドル級8回戦に登場するのは〝只今温室育成中〟のエドガー・ベルランガ。

スター選手の離脱と、反旗が翻るトップランクに残された最後の希望です。井上尚弥もそろそろ「プロモートする気がないなら契約解消」と意思表示しても良い気がします…。

今回の生贄は、打たれ弱いメリーランド州王者デモンド・ニコルソン。16まで伸ばしている連続1ラウンドKOの更新なるか?が焦点。

温室ホープが次々に息絶えているトップランク。ベルランガが番狂わせに沈む失神KO負けも見たい…意地悪な気持ちも湧いてきますが、鈍重なメリーランド州王者では1ラウンド終了ゴングを聞くことが精一杯でしょう。

*****

 
               SATURDAY, APRIL 24
Osaka, Japan
Kenshiro Teraji (No. 1) vs. Tetsuya Hisada (No. 6)
12 rounds – junior flyweights (for Teraji’s WBC title)

さあ、寺地拳四朗の〝再スタート〟です。

心情的には36歳の久田哲也を応援したい気持ちもありますが…。久田が勝つ展開が思い浮かびません。
kenshiro
今回のガウンは、コシノジュンコのデザイン。「北斗の拳」をモチーフにした素晴らしいガウンです。



*****


FRIDAY, APRIL 30
London (ESPN+, BT Sport)
Moruti Mthalane (No. 1) vs. Sunny Edwards
12 rounds – flyweights (for Mthalane’s IBF title) 

2008年、フライ級時代のノニト・ドネアと互角に渡り合い、フィリピーノフラッシュが「ムザラネにとって不運だった。再戦する」と負傷TKOを慮った実力者は、もう38歳。

翌2009年に、ドネアが返上したIBFフライ級のストラップを決定戦で獲得。

あれから12年間も世界のトップ戦線で戦い続けています。さらに恐るべきは、ずっとフライ級の肉体を維持している規律の高さです。

ジョンリール・カシメロや八重樫東の挑戦を退けてきたムザラネは、現代ボクシングで最も過小評価された世界王者でしょう。

迎え撃つのは地域タイトル・コレクターのサニー'Showtime'エドワーズ。

25歳、無敗のロンドンっ子で、今回の舞台も地元にセットされました。ムザラネの判定勝ちはないですね、きっと。

オッズは王者8/11(1.73倍)、挑戦者5/4(2.25倍)。チャンピオンがやや有利です。

もちろん、Babyfaceと渾名される38歳の南アフリカ人に全面的に声援を送ります。



 


SATURDAY, MAY 8
Arlington, Texas (DAZN)
Canelo Alvarez (C, No. 1 P4P) vs. Billy Joe Saunders (No. 4)
12 rounds – super middleweights (for Canelo’s Ring/WBA/WBC and Saunders’ WBO titles)


Elwin Soto (No. 5) vs. Katsunari Takayama
12 rounds – junior flyweights (for Soto’s WBO title)



SATURDAY, MAY 15
Los Angeles (Showtime)
Luis Nery vs. Brandon Figueroa (No. 4)
12 rounds – junior featherweights (for Nery’s WBC title) 




SATURDAY, MAY 22
Las Vegas (ESPN)
Josh Taylor (C, No. 9 P4P) vs. Jose Ramirez (No. 1)
12 rounds – junior welterweights (for Taylor’s Ring/IBF/WBA and Ramirez’s WBC/WBO titles)



SATURDAY, MAY 29
Las Vegas (DAZN)
Devin Haney (No. 3) vs. Jorge Linares (No. 7)
12 rounds – lightweights (for Haney’s WBC title)


Location TBA (Showtime)
Nordine Oubaali (No. 2) vs. Nonito Donaire (No. 1)
12 rounds – bantamweights (for Oubaali’s WBC title)




SATURDAY, JUNE 19
Las Vegas (ESPN)
Naoya Inoue (C, No. 2 P4P) vs. Michael Dasmarinas
12 rounds – bantamweights (for Inoue’s Ring/IBF/WBA titles)



El Paso, Texas (DAZN)
Jaime Munguia (No. 9) vs. TBA
12 rounds – middleweights

Location TBA (Showtime)
Jermall Charlo (No. 2) vs. Juan Macias
12 rounds – middleweights (for Charlo’s WBC title)




SATURDAY, JUNE 26
Location TBA (Showtime)
Mario Barrios (No. 7) vsGervonta Davis (No. 1 jr. lightweight)
12 rounds – junior welterweights




SATURDAY, JULY 17
Location TBA (Showtime) 
Jermell Charlo (C, ) vs. Brian Castano (No. 3)
12 rounds – junior middleweights (for Charlo’s Ring/IBF/WBA/WBC and Castano’s WBO title) 



SATURDAY, AUG. 14
Location TBA (Showtime)
John Riel Casimero (No. 3) vs. Guillermo Rigondeaux (No. 8)
12 rounds – junior lightweights (for Casimero’s WBO title) 



SATURDAY, SEPT. 11
Location TBA (Showtime)
Stephen Fulton (No. 3) vs. TBA
12 rounds – junior featherweights (for Fulton’s WBO title)