フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

 「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」

スポーツは技術が支配する世界です。

技術以外に勝敗を決する要素が、一つだけあります。

異質であることです。

サウスポーはその典型です。

多数派のオースドックスはサウスポーとの練習や実践が乏しい一方、サウスポーはオースドックスと質の高い練習と試合を積み上げることが出来ます。

歴史的に左利きは邪悪なものとして忌み嫌われてきました。多くの社会で左利きは、右利きに矯正されてしまいます。

世界の人口の約90%が右利きで、左利きの人が使うには非常に不便であったり、危険であったりする製品がたくさんあります。例えば、私と同年代の人なら学校の机にインク壺があり、それが常に机の右側に置かれていたことを覚えているでしょう。

しかし、スポーツの世界に限らず、左利きから偉大な人物が生まれるのは、今更いうまでもありません。

ナポレオン・ボナパルト、ジュリアス・シーザー、アレキサンダー大王、モーツァルト、ベートーベン、ジャンヌ・ダルク、キューリー夫人、レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ、アインシュタイン、ベーブ・ルース、ウィンストン・チャーチル、マリリン・モンロー…そしてスター・ウォーズのチューバッカまでもが左利きだったのです。

「left=左」という言葉は、アングロサクソン語で弱いという意味の「lyft」に由来すると考えられています。

英語の「sinister」は、ラテン語の形容詞sinister/sinistra/sinistrumから派生したもので、もともとは「左」を意味していましたが「悪」や「不運」という意味も持つようになりました。

つまり、私たちは「左」という言葉を本能的にも歴史的にも否定的に捉えてきたのです。
may-82-cover-hagler
「サウスポー」が左利きの意味となったのは、左投げのピッチャーの腕が体の南側にあったことから野球用語として使われ、それ以前は「普通ではない」という意味で使われていました。

20世紀初頭のボクシング界でも、サウスポーは非常に珍しい存在でした。

ボクシングを習うためにジムのドアを叩いた左利きの若者には二つの選択肢しかありませんでした。

オーソドックス(正統派という意味です!この言葉は左利きは正統派じゃないということの証左です)への矯正を受け入れるか、ボクシングを諦めるか、の二択だったのです。

ボクシングでは1960年代にサウスポーが見直される大きな地殻変動が起きました。

1950年代末までの60年間で、わずか13人しかいなかったサウスポーの世界王者が60年代の10年間で7人も誕生したのです。

メキシコのビセンテ・サルディバルの他にも、オラシオ・アカバロ、フラッシュ・エロルデ、レネ・バリエントス、バーナベ・ビラカンポ、海老原博幸、金基洙、具志堅用高らアジア人の台頭がサウスポーの時代の扉をこじ開けたのでした。

この中には米国人は一人もいません。もしかしたら、東洋思想よりもキリスト教の宗教観に左利きへの禁忌意識がより深く刻まれていたのかもしれません。

70年代は、17人の世界王者を輩出。80年代には51人、90年代には59人、00年代には65人のサウスポーが世界王者につきました。2010年代は55人と頭打ち傾向ですが、今やサウスポーの世界王者を特別視する人はいません。

もちろん、世界王座の数が劇的に増えたことも大きな原因ですが、人々の意識が変わったことも間違いありません。

サウスポーは遺伝ではないというのも面白い特徴です。

オーソドックスのレオン・スピンクスの息子コーリーはサウスポー。やはりオーソドックスのペニャロサの二人の息子ジェリーとドディははサウスポー、亀田三兄弟でサウスポーは長男の興毅だけ。

エリック・モラレスはオーソドックスなのに弟のディエゴとイワンはサウスポー。

その一方で、カオサイとカオコーのギャラクシー兄弟、ラモンとラウルのガルシア兄弟はともにサウスポーでした。
42d90a63459877.5ab1661fb47c7
80年代以降は渡辺二郎、マービン・ハグラー、ヘクター・カマチョ、パーネル・ウイテカー、ビック・ダルチニアン、セルヒオ・マルチネス、マニー・パッキャオ、ワシル・ロマチェンコ、オレクサンドル・ウシク、2階級制覇に成功したばかりのシャクール・スティーブンソンもサウスポーです。

異端であり、禁忌であったサウスポーは、オーソドックスに対するキラーとして、むしろ歓迎されています。

ボクシングを志す若者がサウスポーだと100年前なら「オーソドックスに治せ」と言われましたが、今は「お!サウスポーか!いいなあ!」と喜ばれるはずです。

ハグラーや渡辺二郎らは右利きなのに左が前を選んだ、典型的なコンバーテッドサウスポーでした。

また、21世紀になるとナジーム・ハメドやテレンス・クロフォードのようなスイッチヒッターも散見されるようになります。

いまやオーソドックスであることは、少なくともプラス要素とは認められていません。

「史上最高のオーソドックス」という命題が存在しないように、このままサウスポーやスイッチヒッターが増え続けると「史上最高のサウスポー」という言葉が死語になる日も近いのかもしれません。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先月から新宿でのお仕事が。月に何度かJR新宿の大混雑を人酔いしながらかき分けて仕事先まで突き進んでおります。
IMG_6301

それにしても、西新宿の高層ビル群は、30年以上前に上京してから大きく変わっていません…が!

どういうわけだか、懐かしいという感情は全く湧き上がって来ません。

高層ビルだけが当時のままで、飲食した店がほとんど無くなって、見知らぬ店に入れ替わっているからかもしれません。

というか、私にはここにも忘れたい思い出がある…。
IMG_6303
この「LOVE」のオブジェはニューヨークや台北にもある有名な作品ですが、作者は誰だっけ?と思い出せないまま、高層ビルのエレベータでお仕事先へ。

出迎えてくれた取引先のGに「あのLOVEの作者、誰でしたっけ?」と聞くと、彼も「う〜ん、前まで覚えてたのですが、あらためて聞かれると…」と黙り込んでしまうのでした。

「スマホなので調べたらすぐ出てくるんでしょうが、それは野暮だから、どっちが思い出すかで賭けましょう」と、なんでも賭けようとするG。

商談してる部屋は高層階ですが、地上なら徒歩1分もかからないところに新宿警察があります。

大昔、Gと大失敗に終わった大仕事(個人の意見です)を新宿で手掛けたことがあり、新宿警察に大仕事のイベントについて説明、道路使用許可証なるものを申請したことがあるのですが、そこでもGはゴルフや麻雀でどんだけ負けたかを結構な音量で話すのです。

翌日、この仕事に関わった様々な業界の同世代の仲間との飲み会を企画していてGは「麻雀とゴルフで負けが込んで、カネがないから貸してくれ」ということなのですが、賭け麻雀、賭けゴルフは(一応)犯罪です。賭けないでやってる人なんて、私は一人も知りませんが。

「そんなもん知るか!てめえの会社の中で解決しろ!たっかい給料もらってるくせに!」と突き放す私でしたが、結局、おカネは貸してやることに。

「こうなったら総合商社や広告代理店、銀行の給与をみんなで曝け出そう」と、口頭はダメで給与明細などの証拠を持ち寄ることを参加者に強要する趣味は悪いが誰もが興味津々の飲み会に。

1995年くらいのお話で、みんな30前後。

最初のオッズは低い(給料が高い)順から広告代理店、総合商社、酒類メーカー、自動車メーカー、銀行…でした。

バブルの恩恵を全身で浴びたカネ感覚(金銭感覚ではありません)の鋭い年代です。その通りでしたが、基本給以外の部分が大きいとはいえ広告代理店の不当なまでの高給に一同、驚きました。2000万円を超えてるのです。

「会社四季報の嘘つき…」。そういうと、商社勤務の酒癖の悪い女が3杯目のIWハーパーのロックを一気飲み、ささくれだったムードが加速します。

それにしても、あんなバカが2000万円なんて、カシメロが不憫です…。当時はカシメロ、知りませんが。

そして、そんなアホ飲み会に警察の方も誘ってしまうという究極のアホさ。

同じ世代のアホな給料に、怒りと酒に酔い狂った警視庁勤務のKは「お前ら全員逮捕する!」と暴れだし、みんなで抑え込むも、酔って暴れる大男ほど厄介なものはありません。

そもそも、小さい女の子でも泥酔しておぶると重いし、後ろから嘔吐されると防ぎようがない、ボクシングでいう「見えないパンチが最も効く」というやつで、ショックもダメージも大きいのであります。

何人がかりだったかは忘れましたが、ようやく押さえつけたと思うとKは「ごっぽん」と井戸が詰まったような音を腹から鳴らすと、スプリンクラーのように辺りに撒き散らしたのでした…。

「逮捕された方がマシやー!」というGの甲高い悲鳴が、今も忘れることができません。

そんなGと、久しぶりのお仕事です。

「あのメンバーも少し参加してもらおう」というGに、私は「もう誰がどこにいるのかわからんだろ。今どんなスキル持ってるかも全くわからんし。それに今、給与明細見せましょうをまたやったら、当時よりずっと多いやつとか、少ないやつもいるかもしれん、結構気まずいも飲み会になるぞ」と諌めたものの、友達とのキープタッチ能力に長けたGは、オンライン会議に旧知の奴らをするすると呼び出します。

「こいつ、仕込んでたな」と思いましたが、口には出さずにモニター越しの再会に結構盛り上がりました。

スプリンクラーKはもはや新宿から旅立ち桜田門へと出世、銀行員は何度も出向を余儀なくされ、紅一点やら二点やら三点は結婚して幸せに暮らしているというのに、GがスプリンクラーKの話をすると「懐かしい!またみんなで飲もう!」と前のめりになるのでした。

私は「時間はあの大惨事までも美化するのか?お店の人に謝り倒して、コンビニで着替えの衣類買って、閉店間際の銭湯に駆け込んで、あの臭い汚れを落としたことを忘れたのか?あれ、楽しかったか?お前ら誰一人笑ってなかったぞ」と冷静に語りましたが、彼女や彼らは「コンビニで下着は買ったけど、24時間営業のジーンズメイトでもみんなでジージャン、ジーパン揃えたなあ!」とメッチャ楽しそうに笑うのでした。

私は「待て、このコロナ下でスプリンクラーはありえない。しかももう俺たちは30前後の若者じゃない。あれから25年も経っとんねん。やるならリモート飲み会やな。それならスプリンクラー被害は発生しない、Kの自爆だ」と妥協案を示すも、事態は着々とリアル飲み会へ。
IMG_6306
しかし、新宿は新しい居酒屋が続々ですなあ。レモンサワーってあんまり飲まないけど流行ってますね。

当時のメンバーにも仕事で一肌脱いでもらおうと声をかけたはずが、ただの飲み会企画会議になってしまいました。

LOVEの作者がロバート・インディアナだと思い出した私ですが、もはやそんなことはどうでもよい状態に、スプリンクラーKが来るなら今週末にも半世紀ぶりのアホ飲み会を開催する運びとなったのでした。 

いやな予感がします。いやな予感しかしない。

「もうアラフィフの大人、昔みたいに幼稚なお酒の飲み方はしないのよ、うふふ」…なんていうのはアホ集団には通用しません。

三つ子の魂百まで。

アホ集団は、仕事や家庭の中ではアホじゃない仮面を被って生活していますが、仮面の下は、所詮アホです。

アホ集団が再集結すると、四半世紀くらいの時空は簡単に飛び越える特殊能力を彼らは持っています。

そんな特殊能力が爆発する様を、先週の大阪で目の当たりにしたばかりだというのに、またアホ集団の時空越えに巻き込まれなければならないのか? 

今年の秋は厄年ならぬ厄秋なのか?

「ハーパー、ボトルで持って来い!」と真っ赤な目で酔っ払い、スプリンクラー被害を最も受けた直後は「この警察男、連れてきたの誰!!?」と涙目&金切きり声で私を睨みつけた商社女は「ジーンズメイトまだやってるかとか、もろもろ調べとくね」と話し、当時の悲劇が完全に楽しい思い出に変換されていることに、私は大きな衝撃を禁じえませんでした。

冗談抜きで人間ってすごい。

あんな大惨事が楽しい思い出になるなんて。

私も「いまとなっては少しは笑い話かな」という部分はあるものの、50歳にもなってしかもコロナ下でスプリンクラー浴びるなんて、カネもらっても絶対嫌です。

女の方がメンタル強いのかもしれませんが、ジーンズメイト探すなら、最初から着替え持って来い!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっと録画が見れた「ボクサー兄弟〜二人で起こした番狂わせ〜」。

30分の短いドキュメンタリー。

兄弟って、きっとそうなんだろうなあと思わせる「普通の二人」。

でも目指してるのは、全く普通じゃないこと。

いい作品でした。

ずっと賢弟愚兄だった2人に、この一年で大きな転機が訪れます。

亮明は宿願のメダルを掴み取り、恒成は初めての挫折から再起戦に向かう。

勝負の世界です。石田匠にもNHKが取り上げないだけで、ボクシング人生の物語を七転八倒しながら、東海のエースに挑むのです。

田中兄弟を一方的に賛美するのではなく、透明なフィルター越しに2人の成長を見せてもらったようでした。

繰り返しになりますが、いい作品です。
スクリーンショット 2021-10-25 0.11.18
【番組ディレクターから】
 
 兄・亮明さん 「僕の親、うどん屋さんやっていたんです、小さい時。忙しいお昼頃の時間になると、僕も手伝いで皿洗いしてたんです。で、弟はしないんです。あいつは車の中でゲームしているんですよ。代わって、と言いに行ったら、いや無理、と言われたことを一番覚えています。めっちゃむかつきません?」  

妻・百美さん 「今まで夫は一人で練習したい、孤独になりたいと思って、ずっと一人でやってきたと思うんですけど、やっぱりオリンピックが決まったことで肩の荷がおりたというか、誰かに頼ってもいいかなという気持ちになれたのかなと思いますね。」  

弟・恒成さん 「僕は去年の大晦日に、プロボクサーになって初めて負けて、一回沈んだし、気持ちもやっぱり落ち込んだし。そんな中で次の試合、誰よりもかっこいい立ち上がり方で復帰した姿をみんなに見せたい。こんなにかっこよく立ち上がるんだというのを見せたいなと思います。」 

妹・杏奈さん 「亮明は冷たくはないけどツンデレみたいな感じで、恒成はいつも優しいです。」 

父・斉さん 「空手、ボクシングと、お前たちがやりたいと言ったから父さんも付き合う。ただ自分で言うたからには、自分で責任取らすのは、子供の頃からそう。言ったのはお前らやから。人のせいにできへんでしょ。それだけは、そういう教えでよかったなと思うとる。」  

母・由紀子さん 「二人が頑張ったのは、お父さんに好かれたかったのかも。褒められたいとか。いつも一緒にいられるのは空手だったり、ボクシングだったりとか、それで頑張ったのかもしれないですね。」 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ