フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

 「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」

不可解なスコアカードが生まれる最も大きな原因は、どのラウンドも無理矢理に「10-9」で振り分ける悪しき慣習が定着してしまったからです。

「バルデスvsコンセイサン」で117-110と採点してしまったステファン・ブレアも、二つの過ちを犯してしまったと反省、まず最初に挙げたのが「not to score 10-10 in 2 rounds I felt there was not a clear winner, (明白な差が無いと感じたにもかかわらず2つのラウンドで10−10を付けなかった)」ということでした。

世界中のどのコミッションでも「各ラウンドは独立した単位で判定する」のが基準です。

各ラウンドをバラで考える、というそれ自体が試合の全体像から離れてしまう採点につながるようにも思えますが、すぐに改定されるとは思えないここには触れないでおきましょう。

議論を呼ぶ判定の原因は「ジャッジに10-10を付ける勇気が無い」「10-9の幅が大き過ぎる」という2点に集約されます。

今回の「バルデスvsコンセイサン」は、その典型でした。

ざっくりいうと「明白に5ラウンドを抑えたコンセイサンを、微妙な7ラウンドを拾ったバルデスが上回った」展開です。

そして「各ラウンドは独立した単位(試合)として採点する」とするなら、ドロー試合と同程度の割合で10-10のスコアが出現するはずです。

しかし、そうはなっていません。ドローのラウンドは滅多に見ることができません。

ホセ・スライマン会長(当時)は「微妙なラウンドを振り分けるのがジャッジの仕事。10−10の乱発は実際の試合とは異なる結果を導いてしまう」と今聞くと「はぁ?」という声明を出しました。

安易に10−10、10−9を付けるのは、どちらもおかしな結果を招きます。

現在、ジャッジに「10−10」を付けることを逡巡させているのは、一度このスコアリングをしてしまうと以降のラウンドでより接近した内容になると10−10とつけざるをえない、結果10−10だらけのスコアになる危険を孕んでいるということです。

それが、早いラウンド、例えば1ラウンドで付ける勇気のあるジャッジは、ほとんどいません。

しかし、全く互角だと判断したら何ラウンド目であろうが10−10を付けるべきなのです。10−10だらけのスコア、それが試合の実態を反映しているのなら結構なことです。

例え、それで120−120のドローになったとしても。

「安易に10−10を付ける」のと「安易に10−9を付ける」のは、ジャッジが無能さを映す鏡のようなもので、同根です。

暗愚なホセ・スライマンが「10−9」を奨励したのは「シュガー・レイ・レナードvsロベルト・デュラン第1戦」(1980年7月20日)の採点を受けたものでした。
no title
IMG_5593 (1)
この試合の採点は、Raymond Baldeyrou 144-146/Harry Gibbs 144-145/Angelo Poletti 147-148 。2点差が1人、1点差が2人のペーパー上は接戦でした。

デュラン勝利は妥当でしたが、人気者がタイトルを失ったことに納得できない(というポーズを人気者に訴求する)スライマンは「10−10のスコアが多すぎた」と、それぞれ5ラウンド、4ラウンド、そして10ラウンドをイーブンとしたジャッジを批判。

この試合が一つの契機となり、10−9スコアが支配的になります。

本来なら10−10とすべきラウンドが、無能なジャッジが頭の中でサイコロを転がすようにどちらかに振ってしまうようになりました。

そして、無能なジャッジが最も恐れるのは、自分の無能さがばれることです。明らかな「Aサイドにポイントを振れば無難」と考えるのは、無能として自然な思考回路です。

こうした〝10−9支配〟は「ボクシングは10−9を付けなければ ならない」と勘違いしているファンも生み出している有様です。

「浅いラウンドで10−10は付けられない」なんて言うのは「俺、無能」と表明してるのと同じです。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクシングは非常にグローバルで、非常にローカルなスポーツです。

地球上の全てのエリアで行われていますが、その成り立ちや見方は、エリアや国によって大きく違います。

サッカーはそれぞれの国にリーグがありますが、W杯や欧州リーグという究極にして共通の目標があります。

ボクシングの場合「リーグ」はその国で人気のある階級でしょうか。これは、その国に住む人間のサイズと大きな関係があります。

例えば、日本やアジアで人気のあるフライ級やバンタム級は、欧米ではまず見向きもされません。

アジアでスーパーヘビー、ライトヘビー、クルーザーが見向きもされないのと同じことです。

世界共通に人気があるのは、やはりヘビー級。

かつての輝きは失っているとはいえ、アジアの国から史上初の世界ヘビー級王者が出現すると、その国はもちろん日本でも大きなニュースとして報道されるでしょう。

また、米国で標準体型よりも小さいウェルター級の人気が高いことも例外的です。
nov21-cover-308x432
これはシュガー・レイ・レナードらによってスピードとパワーが高次元で結晶するボクシングの魅力が最も層の厚いクラス、つまりファンが惹きつけられる強烈なライバル関係が構築しやすいウェルターやミドル級から発信され続けているからです。

ヘビー級を中心に地球が回っていたレナード以前は、ウェルター級やミドル級が史上最大の興行規模を記録するなんてことは考えられませんでした。

それでも、関心が低く、層も薄い軽量級ではライバル関係だけでは注目されません。

しかし「マイケル・カルバハルvsウンベルト・ゴンザレス」「レオ・サンタクルスvsアブネル・マレス」「サンタクルスvsカール・フランプトン」などに代表されるように〝五輪メダリスト〟〝メキシコ〟〝英国・アイルランド〟などのスパイスが絶妙にブレンドされると、人気階級には及びませんが100万ドルファイターが突発的に誕生します。

ジュニアフェザー以下の超軽量級ではウェルターやミドル級、ヘビー級で見られるメガファイト「PPVイベントで1000万ドル以上の報酬」は、歴史上一度の例もないばかりか、常識的にありえません。

フェザー級まで視野を広げるとナジーム・ハメドがマルコ・アントニオ・バレラ戦でHBOのPPVに乗り、歩合報酬も含めて850万ドルを稼ぎ出しました。

しかし、HBOが寵愛を受けていたイエメン王朝などアラブ諸国から多額の放映権料(米国での試合の累計で約8000万ドル)を受け取っていたことを考えると、バンタム級の井上尚弥が「100万ドル」(ネバダ州アスレティックコミッションなどの発表ではなく大橋秀行会長の談話)の報酬を得ているのと同じ〝マッチポンプ〟です。

〝150年に一度の天才〟大橋会長と一部のファンは「米国で注目されているから、たくさんお金もらってるから凄いんです」「大谷翔平とおなじく米国で大人気なんです」という、フェイクを流しフェイクを信じる暗愚な信者に見えてしまいます。


井上本人は現地の空気から「(米国の観客は目が肥えてる?という質問に)いや、騒いでるだけです。大声で騒いでるだけです」となんとなく分かってるのは救いですが。

あの超格安の席料でも人が入らず、その辺を歩いてる人にグッズも渡して無料で入れていたのかもしれません。

当たり前ですが、米国で人気があるから面白い、ファイトマネーが高いから面白い、なんて理屈は全く成り立ちません。

ライバルがひしめくウェルター級は、負けないボクシングに徹する傾向が強く、期待はずれの内容が増えています。

ヘビー級もプロモーターの関係からメガファイトの成立にはいつも紆余曲折。

面白いかどうかは「ファイトマネーが天文学的数字になる」「上半期のESPNで視聴者数2位」とかそんなのどうでもいいんです。「150年に1人の天才」が勝手にほざいてたらいいんです。

大谷翔平の人気は、そんなどうでもいい瑣末なこととは離れて熱狂されています。

ジョンリール・カシメロの過去最高報酬は7万5000ドル。ジュニアフライ級王者当時は1万ドル以下のときもありました。日本でアルバイトしてた方がマシなくらいです。そして、フィリピンですら無名の時代が続きました。

しかし、カシメロのボクシングは間違いなく面白い(あのキューバ人との1戦は事故)。

凄いかどうか、面白いかどうかと「米国で人気がある」「天文学的ファイトマネー」は全く関係がありません。



〜井上のバンタム級が最も輝いていた70年代。

その主役はメキシカン、そのグレートの中でもカルロス・サラテは極彩色の輝きを放っていました。

リング誌11月号「GREATEST HITS: CARLOS ZARATE The all-time great Mexican wreaked havoc during a bantamweight golden era」(カルロス・サラテ:名勝負数え唄 バンタム級黄金時代に躍動したメキシコ史上最高のボクサー)から拙訳です。
 
GH-zarate-title-770x514

バンタム級史上最強選手、史上最高のノックアウト・アーチスト、メキシコの史上最最高のファイター…そんな議論は、カルロス・サラテ抜きで語ることはできない。

70戦のキャリアで喫した4つの敗北は、ウィルフレド・ゴメス、ルペ・ピントール、37歳で戦ったジェフ・フェネック、ダニエル・サラゴサ。

残りの66試合は66勝、そのうちKOは、なんと63を数える。途中9年間のブランクがあるにもかかわらず、66勝63KO4敗。

そんなキャリアを送った軽量級ファイターがいただなんて、信じられるか?

ボクシングは数字で語るスポーツではないが、これはボクシングファンの記憶に残る名勝負を繰り広げたエリートの数字。チェリーピック(雑魚狩り)で集めた66勝63KOではないのだ。


ザラテは1951年5月23日にメキシコシティで生まれ、幼少期はラモス・ミラン地区とテピート地区を行き来しながら過ごした。

「私のボクシング技術はラモス・ミランで身につけた。メキシコでも非常に治安の悪いエリアだ」。


末っ子のカルロスは小さい頃から乱暴者で、16歳のときにボクシングを始めた。アマチュアのキャリアをスタートするのは18歳になってから。

その才能は最初から別格だった。

アマチュアで33勝3敗、30回のKOを記録。

身長5フィート8インチ(173㎝)のザラテは、バンタム級としては異例の体格だったが、それ以上に語り継がれているのがパンチの重さだった。

1970年2月にプロに転向したザラテは、1974年秋にアメリカでも試合を行っている。

1976年にタイトルを獲得したときの星勘定は、39勝38KO。

カリフォルニア州イングルウッドのフォーラムに集まった17,000人以上の大観衆の前で、WBC王者ロドルフォ・マルティネス相手に3-1のオッズの通りに、優勢に試合を進め9ラウンドで終わらせた。

そして、3度の防衛をいずれのノックアウトで片付けたザラテは、ライバル王者WBAのアルフォンソ・ザモラとの決戦の舞台に上がる。


1977年4月23日。会場はもちろん、カリフォルニア州イングルウッドのフォーラム。


◆当時を私は知る由もありませんが、この試合がいかに大きな試合であったかは、のちにいろんな人の声や書籍から何度も思い知らされます。そして、このイングルウッドのフォーラムがメキシコボクシングに大輪の花を咲かせる種や土になることも。◆


このとき26歳のサラテは45戦全勝44KO、対する23歳のサモラは29戦全勝29KO。

当時のWBAとWBCは「お主もなかなかの悪じゃのう」という「同じ穴の狢」を自覚していない、単純で深い敵対関係にあった。

それでも、この対決が実現したのは両陣営に、WBAとWBC以上の憎悪が渦巻いていたこと、そしてこの試合をノンタイトルの120ポンドのキャッチウェイトで行うことで妥協点を見出したからだった。

2人はメキシコの伝説、クーヨ・エルナンデス門下で世界王者になった。

Non-title bout – the famous “Battle of the Z-Boys.

ZarateとZamora、若い2人はZ-Boys の愛称で国民的英雄なっていたが、サモラは金銭面を巡る確執でクーヨと袂を分かち、両者は「裏切り者の守銭奴」「奴隷契約を強いる金の亡者」と違いを罵り合い、憎悪の沼は深くなる一方。

そこで、リングの上での〝決着戦〟が用意されたのだったから、戦前からファンも巻き込んでオーバーヒート。試合直前には会場の変圧器が故障、爆音を響かせてフォーラムの天井を焦がす事故が起きた。

人気はミュンヘン五輪銀メダリストのサモラが優っていたが、勝敗予想は真っ二つ。

「この試合には複雑な感情がいくつも絡み合っていた。タイトルがかかっていなかったのが残念だった」とサラテは振り返るものの、ファイトマネーは「通常の10万ドルに、契約書に明記されない10万ドルが上積みされた。モチベーションが跳ね上がったよ」。

◆サモラの報酬は10万ドル、サラテの報酬と合わせても30万ドル。現在とは為替相場が違い、メキシコと日本の貨幣価値はもっと違いますが、同時代の大場政夫や輪島功一、具志堅用高らと比べて、けして驚くような報酬ではありません。しかし、サラテvsサモラが今なお語り継がれる世界的な大勝負であったことは間違いありません。 
 
スクリーンショット 2021-09-19 10.55.11
変圧器までオーバーヒートさせる試合は、第1ラウンドに1人の男がリング内に闖入。

〝空手ポーズ〟をとる男にZ-Boys も主審のリチャード・スティールも唖然。男は警備隊5人がかりでリング外に叩き出された。

きっと、この空手男も〝バンタム級〟史上最大の決戦の高熱にうなされていたに違いない。

コーナーポストにコロナビールの広告がある以外は簡素極まるリング、両者ともに赤のレイジェスに赤のトランクス、どこまでもひたすらクラシックな大勝負だった。

そして、ロープはまだ3本。4本ロープの契機になった「エミール・グリフィスvsベニー・パレット」(1962年3月24日)から15年の歳月が流れていたが、メキシコではまだ4本ロープは完全ルール化されていなかった。

第4ラウンド、サモラが3ラウンドに続いて2度目のダウン。 


◆完全に効いています。これがフォーラムではなく、ラスベガスならスティールはすぐ試合をストップしたかもしれません。ただ、それではサモラのファンが暴動を起こしたでしょう。◆


このラウンド2度目のダウンは、サラテの左アッパーのダブルから右アッパー。うつ伏せに沈んだサモラは弱々しく体を仰向けると、ちょうどその顔の上に父親が投げたタオルがふわりと落ちた。

 サモラ父がリングに駆け上がったのは息子の介抱のためではなく、クーヨ・エルナンデスをぶん殴るためだった。

「最後のパンチはダウン後に打った反則だ!120ポンド契約もジャッジも何から何までサラテに有利、こんな試合は認められない!インチキだ!」。

変圧器も空手男もサモラ父も、何もかもがオーバーヒートした試合が終わった。


◆負けてから何を言っても、始まりません。試合は終わってしまったのです。だからこそ、Bサイドに回る試合は慎重に契約しなければならないのです。カネロと戦うボクサーが交渉をコジらせるのは、報酬の吊り上げだけが目的ではありません。

サモラはサラテ戦から引退までの9試合を4勝5敗、黒星はいずれもKO負け。 

一つの敗北を境に、別人になってしまう。アルフォンソ・サモラは、そんな哀しいボクサーの典型でした。

しかし、サラテ戦の何もかもが記憶に残る一戦、そしてサラテ戦までのパーフェクトレコードは日本のボクシングファンも一生忘れることなく、いつまでも語りつがれるでしょう。 ◆
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Undisputed Champion、議論する余地のない王者。

ネットニュースなどでは議論する余地ない王者」「比類なき王者」「明らかな王者」など直訳どまりで、それだと正しい意味が伝わっていないかもしれません。

Undisputed Championとは、議論する余地のない王者=他の誰にも王者を名乗らせない王者=完全統一王者、のことです。

4団体時代のUndisputed Championはミドル級のバーナード・ホプキンス(2004年)、ホプキンスに勝ったジャーメイン・テイラー(2005年)から12年間も出現していませんでした。
20210520
ところが、2017年にテレンス・クロフォードがジュニアウェルター級を完全統一すると、オレクサンダー・ウシク(2018年:クルーザー級)、テオフィモ・ロペス(2020年:ライト級)、ジョシュ・テイラー(2021年:ジュニアウェルター級)と毎年のようにUndisputed Championが誕生しています。

今年は、ジュニアミドル級で「ジャーメル・チャーロvsブライアン・カスターニョ」の勝者がUndisputed Championに就くはずでしたが、まさかのドロー、完全統一は棚上げ。

それでも、11月にはスーパーミドル級で「カネロ・アルバレスvsケイレブ・プラント」の完全統一戦争が決定していますから、ジュニアミドル級の大一番で決着がついていると、今年は3人のUndisputed Championが生まれたかもしれません。

日本の井上尚弥もバンタム級でUndisputed Championを目指していますが、2019年にIBFとWBAの二団体統一から歩みを進めることが出来ていませんが、現在のボクシングシーンは空前の完全統一ブームとも言えるでしょう。

このブームを引き起こしたのは、4団体17階級時代で暴落する世界王者の価値を上げようという純粋な動機だけではありません。

4団体がそれぞれ複数の王者を乱立する環境下で、Undisputed Championが生まれてしまうと、フランチャイズやダイアモンド、スーパー、暫定etc.…なタイトルマッチが封じ込まれて、承認団体にとって好ましくない気がします。

Undisputed Championが年3人ペースで生まれると、現在ロペスとテイラーがいますから残り15階級、あと5年で、全ての階級にUndisputed Championが君臨する「世界王者は世界に一人だけ」という常識をボクシング界が取り戻すことになります。


…しかし、そうはなりません。


クロフォード、ウシクはUndisputed Championの座を守ることに執着せず、人気階級に戦いの場を移し、ロペスもジュニアウェルター級転向を明言しています。

井上の意識でもバンタム級完全統一はジュニアフェザー転級へのマイルストーンの意味しかないでしょう。

スーパーミドルが上限と見られるカネロですら、このクラスでキャリアを全うするつもりはなく、完全統一を果たすとタイトルを返上することが確実視されています。

現在のUndisputed Championは、かつてのマービン・ハグラーのように誇り高い王者としてその階級に君臨することが目的ではありません。

全てのベルトをコンプリートすること自体が目的なのです。Undisputed Championは、上の人気階級へ挑む箔付けなのです。


ヘビー級直下のクルーザー級や、ウェルター級直下のジュニアウェルター級の場合は、この傾向があからさまです。

カネロにしても、スーパーミドルで粛々と防衛を重ねる気など毛頭なく、周辺階級でメガファイトを追求する方針なのは間違いありません。

この〝Undisputed Championブーム〟は、短い期間でスクラップ&ビルドを繰り返すことが織り込み済み、タイトルはすぐに散り散りになり、それぞれの承認団体の王者決定戦がセットされるのです。


承認団体にとっては、悪い話ではありません。


また、Undisputed Championのケースに限らず、頻繁なタイトルのスクラップ&ビルドと、安易な複数階級制覇も表裏一体です。

年に数試合しかリングに上がらない現代ボクサーと、月に複数回戦うこともある50年前のボクサーでは体重管理の仕方が全く違います。


毎月試合するボクサーは常にシェイプアップしていなけれなりませんが、年2〜4戦では試合の間に体重が一気に増えるのが普通です。

そんな不健康な減量を繰り返していると、徐々に体重が落ちなくなるのは当然です。

成長期なんてとっくに過ぎているはずのボクサーが、どうして減量がキツくなるのか?

膨張と減量とリバウンド…その不健康なサイクルを繰り返すからです。

4団体17階級時代、階級定着率はかつてないほど低く、複数階級制覇の難易度もファイティング原田の時代とは比べるべくもありません。

原田も当日計量時代。しかし、原田は膨張と減量を不健康なサイクルで繰り返していました。

それが、史上初の軽量級2階級制覇を果たす引き金の一つになったのだとしたら、原田は未来を先取りしていたのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ