フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

 「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」

Wednesday 5, May 2021
EDION Arena Osaka, Osaka, Osaka, Japan
亀田和毅vs三宅寛典 
commission Japan Boxing Commission
promoter:Masato Yamashita (Shinsei Promotions)

日本スポーツ史におけるアンチヒーローは「亀田」だけではありません。また「亀田」が最初でもありません。

江川卓や桑田真澄、そして野茂英雄への非難轟々は「亀田」を遥かに凌ぐものでした。

ただし、この3人に吹いた、一見すると〝罪〟にしか見えなかった強烈な逆風はプロ野球の入団と移籍に関する重大な欠陥を露呈させ、システムの不備を改善に導いた、実は〝功〟でした。

もちろん「亀田」のケースもボクシング界の欠陥・欺瞞を露わにしたという部分はあるものの、のちになっても言い訳できない明白な〝罪〟を重ねたことは変わりません。

しかし、この差が「江川」と「亀田」の評価を隔てた最大の原因ではありません。

もし「亀田」が行き過ぎた〝罪〟を重ねなくても、彼らが英雄に転化することはもちろん、赦されることもなかったでしょう。

江川と桑田が〝赦され〟野茂が日本スポーツ史上に燦然と輝く英雄に昇格したのは、彼らが傑出した実力を見せてプロ野球ファンを納得させたからです。

「江川は大嫌いだけど途轍もない投手」。

スポーツファンとして、認めるしかなかったのです。そして、スポーツファンはどんなに嫌いと口にしても、途轍もないヤツが大好きなのです。

もし亀田興毅が圧倒的な実力を見せつけていたなら、全盛期のノニト・ドネアを粉砕して日本人初のFighter of the year に輝いていたなら、彼は日本のフロイド・メイウェザーになっていたでしょう。

「ボクマガの読者は俺らのことが嫌いやからな」なんてひねくれた言葉は「俺らボクシングファンにしか人気ないからなあ。ボクシングを知らない一般のスポーツファンには嫌われてるから」と余裕の睥睨になっていたはずです。


憎たらしいほど強くなければアンチヒーローたりえません。憎たらしいほど強くなければアンチヒーローの資格がないのです。

その意味で「亀田」はアンチヒーローではありませんでした。

憎たらしいほど強さを見せつけることが出来なかった「亀田」はほとんどのボクサーと同様に、4-Belt Era だから王者になれたことに異論がある人はいないでしょう。

逆にいうとこの時代で王者になるには、全く差し支えなかったと考えます。

ゴジラが「核の落とし子」だったように「亀田」は「4-Belt Era だから咲き乱れた徒花」でした。

では、彼らはどの程度強かったのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Wednesday 5, May 2021
EDION Arena Osaka, Osaka, Osaka, Japan
亀田和毅vs三宅寛典 
commission Japan Boxing Commission
promoter:Masato Yamashita (Shinsei Promotions)

緊急事態宣言が週明けにも発出される見通しの大阪府。

期間は3週間から1ヶ月といわれていますから「亀田和毅vs三宅寛典」の試合ゴングが無事に鳴らされるかどうか、全く不透明になりました。

無観客でもやって欲しいと思いますが、時期は最悪です。
IMG_5473 (1)
IMG_5472
IMG_5471
リング誌の名物企画「BEST100」↑。毎年1月号で現役PFP100傑!を発表する冒険的なコーナーでしたが、経営難と誌面リストラで2014年を最後に惜しまれながら消滅。「亀田」には辛辣なコメントもありましたが、愛される常連でした。



さて、ボクシングの話がほとんどのブログですが「亀田」に関する記事が極端に少ないことには理由があります。

改めて考えてみると、①長男次男が引退、三男も積極的に活動していない②和毅は下流王者ジェイミー・マクドネル、普通王者レイ・バルガスに健闘したとはいえ女子並みの決定力の無さ③リング外の話題を自分たち嬉々として発信する選手は生理的に受け付けない、などでしようか。

②③は皮肉で、①がほぼ全てです。

亀田興毅が世界王者になった頃から引退までの時期にこのブログを立ち上げていたら「亀田」について間違いなく何度も触れていたはずです…。

と、ここまで考えてみて、そもそも国内ボクシングが亀田騒動の最中では「議論する余地の無い王者=Undisputed Championとは?」「Lineal Championの系譜をおさらい」「日本歴代PFPを考える」「リング誌単独カバーの考察」「人気階級に風穴を開けろ!」…なんてテーマを書く動機付けに乏しく、ブログそのものを立ち上げていませんでした。

村田諒太や井上尚弥、中谷正義、井岡一翔らの躍動があるから、書きたいものが尽きないわけです。

亀田興毅に「カネロ・アルバレスを倒してくれ!」なんて発想は脳みそが沸騰しても浮かんできませんし「亀田大毅はPFPに値するか?」なんて妄想すら出来ません。「亀田和毅はメキシコでも米国でも無名」なんてことも口にする気にもなれません。

興味・関心を向けることが全く出来なかったので、一部のボクシングファンが向ける嫌悪や非難など負の感情は、私にはほとんどないのです。

 

暗愚で幼稚な振る舞いなども含めて「亀田」に向けられた非難は、本来彼らに向けられるべきではありません。

ヘドロが無ければ、腐臭が立ち昇ることはありません。

「亀田」にだけ批判の矛先を向けるのは、ヘドロを排除せずに腐臭だけに大騒ぎしているのと同じことです。

うーーん、ボクシング界にヘドロが沈殿しているのは間違いありませんが「亀田」を腐臭と表現するのは間違いですね、訂正します。

日本のボクシング界は、すべからく「亀田」だと言った方が正解です。 

さて、その「亀田」とは何だったのか?

それは、日本のボクシング界とは何なのか?と同義です。 
 
 

本人たちが胸を張るように、彼らがボクシング界を盛り上げた功績は紛れもない事実です。

一方で、興毅が「ボクマガの読者は俺らのこと嫌いやからな」と拗ねたように、彼らが盛り上げたのは〝広義〟のボクシング界で〝狭義〟のボクシング界は極端なアレルギー反応を示しました。


それは、まさしく「近親憎悪」でした。 

亀田和毅の試合に向けて「亀田」の功罪を総括、この国のボクシングの輪郭をなぞっていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日の日経MJから。
IMG_5435
キリンで一番好きなのはハートランド。ボトルのオシャレさなら日本最強です。

キリンHDが全国27店の直営ビアレストランで「飲み放題」プランの提供を終了しました。

飲酒に対する社会的な批判が強まる中での施策です。

飲み放題、大勢で飲むときは重宝しますが、大勢で飲むことの少ない私は正直どうでもいいのです。

しかし、英国ではすでに飲み放題は禁止、米国でも早めの来店で安く飲めるハッピーアワーが禁止されるなど「アルコール=悪」の流れは収まる気配が見えてきません。

なんて話を昼休みに、仕事関係の方としてると「アルコール=悪じゃなくて、飲み過ぎ=悪ですから」と諭されました。

まあ、その通りなんですが…。

この年になって、ようやく節度のある(私にしては)飲み方が出来るようにはなりましたが、特定の人と久しぶりに会ったりすると…ちょっと半端じゃない量を飲んでしまいます。

そういうのが、また楽しからずやなのですが…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ