フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 日本人でも馴染深い拳闘家達のユニークな生き様

明日1月12日(日本時間)にゴールデンボーイプロモーションズ(GBP)と DAZN が主催するテキサス州サンアントニオ、アラモドームのイベントは、WBO世界ジュニアミドル級王者ハイメ・ムンギアがミドル級デビューする注目の一戦です。

昨年1月、井上岳志にキャリア最大の苦戦を強いられたムンギアは減量苦もあり、花形クラスのミドルへ転級。

試運転の相手はゲイリー・オサリバン。 

GBPのエリック・ゴメスは「ムンギアはビッグファイトに飢えている。オサリバンはタフな相手だが、カネロ・アルバレスやゲンナディ・ゴロフキンらビッグネームとの対戦につなげたい」と人気階級への野望を語っています。

オッズはムンギア1/25(1.04倍)、オサリバン9/1(10倍)と大差が開いています。

無敗の23歳ムンギアに対して、35歳のオサリバンは3つの敗北を喫しています。3つはビリー・ジョー・サンダース、クリス・ユーバンクJr.、デビッド・レミューといずれもビッグネーム。ムンギア相手に大番狂わせを起こせるか?


そして、このイベントに懐かしい名前も見つけました。

ファン・カルロス・ブルゴスです。

10年前の2010年11月、長谷川穂積と空位のWBCフェザー級タイトルを争ったブルゴスは32歳になりました。

あれから10年で12試合(8勝2敗2分/不運な引き分けもありました)と試合枯れしているブルゴスは2018年に1試合、2019年はついにリングに上がることなく、2015年〜2019年の5年間で4試合と半引退状態。

対戦するのは、9歳年下のWBC米国ライト級王者ヘクター・タナジャラ。

1/16(1.06倍)、ブルゴス7/1(8倍)と一方的なように、要は咬ませ犬です。

タナジャラは無敗とはいえ、18勝のうち KOはわずか5つと決定力はありません。自慢のスピードも世界基準では並み。

アマチュア時代は米国タイトルを8つ獲っているにもかかわらず、リオ五輪を目指さずにプロ転向したのは賢明な判断です。タナジャラでは、せっかくリオまで行っても手ぶらで帰ってくるのがオチでしょう。

しかし、身長178㎝/リーチ191㎝というフレームはライト級では異形です。左ジャブで距離をキープしながらポイントを積み重ねるスタイルを、ブルゴスが崩すのは難しいか。

リング誌は「タナジャラはブルゴスをKOするパワーはないが100−90の完封勝利」と、ブルゴスは何もできずに10ラウンドを終えると予想。

ブルゴスに意地を見せて欲しいですね。大番狂わせを期待します!

16歳でプロデビューしたブルゴスは、今年がキャリア16年目。

叔父のビクター(元IBFジュニアフライ級王者)に憧れてグローブをはめたカルロスでしたが、2007年3月にIBFフライ級王者ビック・ダルチニアンに挑戦、12ラウンドにわたって滅多打ちされた末にストップ負け。

試合後にビクターは、昏睡状態に陥ってしまいます。

これを見た両親に「ボクシングをやめてくれ」と泣いてお願いされたカルロスでしたが、ビクターが回復したこともあってボクシングを続けてきました。
TanajaraGutierrez_Hoganphotos1-1024x639
GBPが期待する無敗のタナジャラ。ブルゴスに温室ごと叩き潰して欲しいのですが…。

米国人とはいえ、メキシコ系のタナジャラは生まれも育ちもサンアントニオ。 アラモドームは完全ホームです。

生粋のメキシカンとはいえ華も人気もないことから需要もないブルゴスは、完全アウエー。 

ブルゴスが塩漬けにされて試合終了、が目に見えています。それでも、驚かせて欲しいですね。

頑張れ!ブルゴス 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボクシングの階級には貴賎があります。

ヘビー級やウェルター級のメガファイトは、ニューヨークやラスベガスの大会場で大きな注目を浴びて挙行されますが、軽量級ではそんなイベントは逆立ちしても打てません。

日本では軽量級が評価されています。

しかし、村田諒太をみるまでもなく、もしウェルター級やヘビー級で世界に通用するボクサーが現れたら話は別です。

身も蓋もない言い方ですが、日本で軽量級が人気なのは「それしかない」からというのが最大の理由かもしれません。

それでも、欧米で関心の低いフェザー級以下の軽量級はメキシコや英国のスーパースター、レオ・サンタクルスやカール・フランプトン、アブネル・マレスの3人が絡まなければ、日本で戦うしかビッグマネーを手にすることが難しい階級なのです。

その日本でも、報酬とリスクが高い王者や挑戦者は呼ばれません。

軽量級でいうビッグマネーはせいぜい30〜50万ドル。その金額を安定して手に出来るのは日本のスター選手に限られます。

バンタム級以下ではPFPファイターでマニアから圧倒的に支持されているファン・フランシスコ・エストラーダですら、20万ドルがキャリアハイというのが現実です。

井上尚弥が戦ったバンタム級トーナメント出場選手のファイトマネーは、さらに悲惨を極めます。

ノニト・ドネアでさえ報酬が明らかにされていません。エマヌエル・ロドリゲスやゾラニ・テテは10万ドルに遠く及ばない、発表するとファンが引いてしまうレベルの金額であることは間違いありません。

井上が「米国で大きな舞台に立つにはバンタムでは無理。最低でもフェザー」と冷静に語っていましたが、サンタクルスやアブネル・マレス、カール・フランプトンが去った現状のフェザーではまず不可能です。

フェザーのその上、ジュニアライトも欧米目線では軽量級。しかし、この130ポンドを橋頭堡にしてオスカー・デラホーヤやフロイド・メイウェザーが正真正銘のメジャー、ウェルター級へ向かいました。

内山高志がスターが踏み台にして去ってゆく背中を虚しく見送ったジュニアライト級でしたが、ここにきて状況が激変しています。

瞬間的な盛り上がりに終わるでしょうが、それでもスターダムへの通過階級ではなく、下の階級から上がってきたスターが最終決着をつける舞台という意味合いを帯びてきたのです。

今日、130ポンドのデビュー戦でいきなりWBA王座に就いたレオ・サンタクルスはジュニアライト級以下で最も集客力のある人気者。

さらに、サンタクルスと100万$ファイトを展開したカール・フランプトンとアブネル・マレスもすでに130ポンド進出を表明。

この潮流は130ポンドが体格的・慣習的に上限階級とみられる日本人ボクサーにとって、明らかに僥倖です。

日本人でも前WBO王者の伊藤雅雪尾川堅一西谷和宏末吉大らが世界ランキングに名前を連ね、ビッグネームとの対戦は夢物語ではないのです。

現在の世界地図を俯瞰すると、まずWBAはスーパー王者がレオ・サンタクルス。この階級でどこまで実力があるかは疑問ですが、最も人気があります。つまり、一番美味しい相手です。

日本人の130パウンダーは伊藤と尾川は手強い、西谷と末吉は未知数の怖さがあり、サンタクルスにとってはハイリスク・ローリターン。相手にしてもらうには世界タイトルを獲るのが最低条件です。

セカンド王者はアンドリュー・カンシオ。アルベルト・マチャドを番狂わせで沈めたカリフォルニアをベースに戦う31歳は階級最強候補と目されていたものの、2015年に8ラウンドKO勝ちしているレネ・アルバラードとの再戦でまさかの7ラウンドストップ負け。

30歳のニカラグア人とIBFジュニアフライ級王者フェリックス・アルバラードは双子の兄弟(フェリックスと拳四朗の統一戦が流れてしまったのは残念でした)。
Alvarado-Cancio-action-shot-770x490
今日はアレクシス・アルゲリョがルーベン・オリバレスを13ラウンドKOしてフェザー級王座を獲得した記念日で、ニカラグアのボクシングファンは久しぶりの明るい話題に沸き立っているはずです。

WBCのストラップはミゲール・ベルチェルトが持っています。

三浦隆司のボンバーも空転させ、フランシスコ・バルガスを2度に渡って撃退。ミゲール・ローマン、ジェイソン・ソーサといった130ポンドの番人を難なく倒して6連続防衛中。

まだ、本物の強豪とは拳を交えていないとはいえ28歳のEl Alacran(サソリ)は大きな欠点が見当たらない万能型です。

天下を取る器には見えませんが、ベルチェルトを粉砕するボクサーがこのクラスの王者でしょう。

ベルチェルトに勝てると見られていたジャーボンテイ・デービスがライト級へ戦場を移したことで、このクラスの陰が色濃くなってしまいそうなところでしたが…。


IBF王者はテビン・ファーマー

アメリカン・アイドルという渾名がかなり違和感のある地味なサウスポーです。

自慢のスピードがたいしたことないことは尾川が証明済み。小さくまとまった決定力のない王者ですが、穴王者とは言い切れないしぶとさ、勝負根性は持ち合わせています。

その尾川は12月7日にWBOアジア・パシフィック王者ジョー・ノイナイに挑戦。IBFから路線変更しそうです。

24歳の〝Jaw Breaker〟が見掛け倒しでないことは清水聡戦で証明済み。危険な橋を渡りきれるか?


尾川が目指すWBOは伊藤から番狂わせでタイトルを奪ったジャメル・ヘリング

イラクの激戦区に2度も出征した海兵隊員で、そこで負ったPTSDに悩むサウスポー。

リング誌が「一方のボクサーを応援することはジャーナリズムに反するが、私たちは米国人。ヘリングの生き様と米国への忠誠心を考えたとき、彼を応援しない選択肢はない」と表明したアメリカンヒーロー。

11月7日に無敗のラモント・ローチを3−0で破り初防衛に成功。34歳という年齢からも、これから大きな上積みが期待出来るわけもなく、付け入る隙の多い王者ですが、日本に呼ぶのは難しいだけにぶっ倒すしかありません。



*****主要団体に絶対的な王者はいません。今日、WBAスーパー王者になったサンタクルスを例外にすると、130ポンドの王座には地味な風景が広がっています。

しかし、例外はサンタクルスだけで終わりません。

2016年のリング誌 Fighter Of The Year、2階級制覇を制覇したカール・フランプトンは11月30日にラスベガス・コスモポリタンでタイラー・マクリアリーを相手に130ポンドデビュー。

マクリアリーは無敗のホープとはいえ、誰に勝ったわけでもない26歳。ここで躓くようならフランプトン本人が覚悟しているように「引退するしかない」。

ビッグネームのフランプトンには是が非でも鮮やかに勝っていただき、その先に日本人との対決も期待しています。

そして、フランプトンと同じイベントに登場するのが今がプライムタイムの前WBOフェザー級王者オスカー・バルデス

ノニト・ドネアが対戦を突きつけられ「バルデスとは戦えない(勝てるわけがない)」と弱音を吐いてしまい、トップランクを去ったフェザー級の強豪王者。

ジャーボンテイ・デービスへの挑戦が眼疾でキャンセルになったアブネル・マレスも2020年にリングに復帰すると表明しています。

サンタクルス、フランプトン、バルデス、マレス。4団体の世界王者を遥かに上回るビッグネームの参戦で130ポンドは一気にスポットライトが当たる階級になりました。


さらに、日本でもお馴染みの名前も130ポンドの第二戦線でトップを窺っています。

次がプロ80戦目となるジョニー・ゴンザレス、そのゴンザレスを下したトマス・ロハスも130ポンドで頑張っているのです。

西岡利晃に大番狂わせでKOされたジョニゴンは、現在38歳。

山中慎介に糸の切れた操り人形のように斬り落とされたロハスは、山中より2歳年上の39歳。2連敗中ですが「もう一度世界王者になる」と現役続行を明らかにしています。


タレントが揃いました。誰と絡んでも、面白い試合が期待できそうです。

言っても切ないだけですが、内山高志や三浦隆司がいたらなあ…。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

世界王者になってからも副業を続ける、続けざるを得ないボクサーは日本でも珍しくありません。

まして世界に目を向けると、東南アジアや中南米、アフリカ、貧しい途上国が軒を連ねる地域で主流の軽量級ボクサーが〝専業〟になることはレアケースです。

三階級制覇を果たし、六車卓也や葛西裕一、渡辺雄二を倒したウィルフレド・バスケス父は豊かな日本人相手の試合をこなし、ボクシングに専念することも出来ましたが、トレーラーの運転手としての副業を続け、報酬でより大きなトレーラートラックを購入、事業を拡大していきました。

ラスベガス・ハードロックホテル&カジノでWBOジュニアフライ級王座の二度目の防衛戦のリングに上がったアンヘル・アコスタも、副業をこなしながら戦うチャンピオンです。

昨年5月、16戦全勝16KOの完全無欠の戦績を引っ提げ、田中恒成に挑むも0-3の完敗。田中が三階級制覇を目指して返上して空位となった王座をファン・アレホと12月に争い10ラウンドKOで念願のタイトル獲得。

今年6月にはカルロス・ブイトラゴを最終回KOに下して初防衛に成功。28歳のプエルトリカンは、この13か月足らずの間に「世界挑戦失敗」「世界王座獲得」「世界王座防衛」と3試合をこなし、濃密な時間を過ごしてきました。

明日、迎え撃つのはアブラハム・ロドリゲス、23歳。戦績は23勝11KO1敗と立派なメキシカンですが、強豪との手合わせはなく、アコスタ有利の予想が立てられています。

ロドリゲス唯一の黒星は今年3月にアレハンドロ・ビラセノアに5ラウンドでドクターストップされたものです。ロドリゲスの左目上の激しい出血はパンチによるものではなく、バッティングだったように見えましたが、無名のボクサーの頭突きをかわせないのは技術的に未熟な証拠です。

試合は2ラウンドKOで、アコスタは20戦19KO1敗に数字を伸ばしました。勝った19試合は全てKO、負けたのは1試合だけ。田中恒成の強さを際立たせてくれています。
angel-acosta
衝撃的なKO勝利をまた一つ加えたアコスタは、バンタム級のエマニュエル・ロドリゲスと並ぶプエルトリコ軽量級のスターなのですが…。

アコスタはプロボクサーとして順調なキャリアを重ねながらも、地元サンファンの宅配ピザ屋・マイケルピザでも働いているのです。
michels-logo-slogan
「オフなど時間があるときは、今でもマイケルピザで働いてるよ。性格的にも接客業が向いてて、この仕事が好きなんだ。給料も入ってくるし。車を買ったり、携帯電話料金を支払ったり、いろいろお金もかかるからね」。

「ボクシングで稼いだら、将来は自分の店を持ちたいと考えているんだ。店舗経営のノウハウはわかっているから」。

一日働いたら70~80ドルになることもあり、25ドルのチップをもらったこともあるといいます。

明日のロドリゲス戦はその100倍以上の収入を彼にもたらすことになりそうです。

初防衛戦は独立系のPPVで放送、視聴者数は寂しいものでしたが、今回はフェイスブックでストリーミング放送されるゴールデンボーイ・ファイトナイト(先日のホルヘ・リナレスの試合もそうでした)です。

タイトルを獲得した昨年12月のアレホ戦は、母国の伝説ミゲール・コットの引退試合(vsサダム・アリ)の前座にセットされましたが、その時を凌ぐキャリア最高の報酬を手に入れることになりそうです。

「ミゲール・コット・プロモーションに所属しているおかげで、ゴールデンボーイ・プロモーションが手掛ける大きなイベントに参加することが出来た。本当に感激している」と喜び、「私の強さは母親似。母親は本当に強いんだ。ノックアウトで勝つことに価値を覚えている。なによりも観客が興奮してくれるから」と強打を打ち込むスタイルについても説明しています。

プエルトリコでは特別な意味を持つ〝Tito”の異名(もちろん最も偉大なボクサーの一人、フェリックス・トリニダードから来ています)を戴くアコスタは「同じ階級の田口良一vsヘッキー・ブドラーはすごい試合だった。ブドラーは凄いよね。無敗の拳四朗の試合も観ているけど、彼も素晴らしいボクサー。プロモーターには統一戦がしたい、オファーがあったら報酬は関係なく受けたい」と、ジュニアフライ級統一の野望も口にしています。

もし、統一王者にまで昇り詰めることが出来たら、念願の宅配ピザ屋をすぐに開業できるでしょう。そして、プエルリコのサクセスストーリーとして語り継がれていくに違いありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あと10日を切った村田諒太の米国メインイベント。

米国ではHBOでもSHOWTIMEでもなくESPN+が、日本では地上波でもWOWOWでもなくDAZNが生中継する 、新時代を象徴する一戦です。

今夜のテーマは新しいボクシング中継、観戦ボクシングの未来の話の話…ではなく「しぶとく現役を続けるボクサー」のお話です。

ラスベガスのMGMパークシアターで行われるこの興行の前座リングに、アントニオ・デマルコが上がります。

2004年、18歳でプロデビュー、そのクラスはバンタム級でした。

身長178㎝、リーチ180㎝の体格が118ポンドで収まるわけはなく、2戦目を3階級上のジュニアライト級、4戦目をライト級で戦い、この激選区でコンテンダーとして生き残っていきます。

2009年9月には、前の年に小堀佑介に敗れてWBA王座を手放したホセ・アルファロを10ラウンドTKO、WBC暫定王座を獲得しました。

そして、翌2010年2月に地元メキシコでエドウィン・バレロとWBC正規王座を賭けて拳を交えます。このときのバレロは26戦全勝26 KO、その対戦相手に強豪の名前はありませんでしたが、完全無欠のレコードを驀進中でした。

オッズも4−1でバレロ有利。

結果は9ラウンド終了時点でデマルコが棄権。オープンスコアで行われ、8ラウンド終了時の採点「三者とも79−72」のアナウンスを聞いて諦めたデマルコは「クイッター(試合を投げ出したヘタレ)」の烙印を押され、メディアからもファンからも非難されてしまいます。

そして、〝試されたことのない怪物〟バレロはこの試合を最後に、ついに試されることがないまま、その人生を自ら閉じてしまいました。

しかし「クイッター」の汚名を晴らす機会は意外なほどすぐに訪れます。

2011年10月、ロスアンゼルス・ステイプルセンター。バーナード・ホプキンスvsチャド・ドーソンのビッグファイトの前座で、空位のWBCライト級王座を争うチャンスが与えられたのです。

しかし、相手はスピードスターのホルヘ・リナレス。オッズは今回も1−4と完全なアンダードッグでした。

10ラウンドまでのスコアは二人のジャッジがリナレスに98−92、もう一人が99−91をつける展開でしたが、デマルコが11ラウンドにリナレスを血だるまにして逆転KO勝ち。

2012年11月、このタイトルの三度目の防衛戦でまたもやアンダードッグ。しかも1−10という圧倒的不利のオッズを立てられます。そして、そのオッズの通りにエイドリアン・ブローナーに切り刻まれ、8ラウンドでストップされてしまいました。

このブローナー戦から5勝4敗と負けが込んだデマルコがジュニアウェルター級10回戦で、村田の前座を務めるのです。

その相手は28歳のロシア人、マキシム・ダダシェフ〝マッド・マックス〟の異名を持つ11戦全勝10KOのホープです。

32歳のデマルコは咬ませ犬です。
それでも、リナレスに噛み付いたように、マッド・マックスにも番狂わせを味あわせて欲しいところです。

*******************

Jhonny-Gonzalez-vs-gusano-rojas

そして、先週10月6日。メキシコシチーで、やはり日本のボクシングファンに馴染みの深い二人のボクサーが拳を交えました。

空位の、WBCインターナショナルの、シルバーの、暫定王座(もう何が何だか訳がわからないタイトルですね)を賭けた一戦です。クラスはジュニアライト級。

ジョニー・ゴンザレスvsトマス・ロハス

西岡利晃、長谷川穂積という日本を代表する二人と印象的な試合を見せたジョニゴンと、山中慎介に糸の切れた操り人形のようにKOされたロハスです。

強打とグラスジョーを持つスリリングなジョニゴンと、6年前の山中慎介による戦慄のノックアウト劇が日本のファンの網膜に焼き付いているロハス。

ジュニアライトという階級からも、38歳の元ジュニアバンタム級王者ロハスが圧倒的不利と思われましたが、「金星供給マシーン」37歳のジョニゴンは空振りを繰り返しSDで試合を落とします。

ロハスが再び世界挑戦の機会を得るとしたら、それもジュニアライトで…感慨深いものがあります。そこまで漕ぎ着けて欲しいですね。50勝16敗の38歳を純粋に応援したくなりました。

ジョニゴンも強打は健在です。パンチャーはあらゆる可能性を秘めています。かつてのスーパースター候補は、スターダムに駆け上がることはなく、今は37歳、66勝11敗の泥臭いロートルになりました。

そして、ロハスにまさかの敗北。それでもその強打が、最後のひと輝きを、もう一度見せてくれることを期待したいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ