フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: ロシアW杯

アジア杯初戦。相手は、謎のベールに包まれたトルクメニスタン代表。

あのベルギーを土俵際まで追い込んだサムライブルーにとって、ウォーミングアップ程度に思っていたら…まさかの展開でした。

勝ったから、良しとしましょう!



🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿1月も10日という段階で、何を今更なんですが、2018年のスポーツシーン、日本中を沸騰させたという一点ではロシアW杯のベルギー戦でした。

この大勝負。

ベルギーのルカクなんぞ、サッカーにも階級制がないと不公平だと感じるほどの、恐るべき体格とフィジカルでしたが、そのルカクは封じ込めたものの…。

この試合については「ロストフの14秒」という、おそらくスポーツドキュメンタリー史に残る名作が生まれ、「西野朗×岡田武史」というロング対談、「両チームの選手への重奏的なインタビュー」もまた、あの試合の奥深さを垣間見せてくれました。
IMG_1980


代表チームは初戦で、グループ最強と目されていたコロンビアを撃破。

世界最速と言われたセネガルのスピードと互角に渡り合い、1勝1分けで迎えた最終戦。

ポーランド戦で負けている状況での〝パス回し〟。

今度は世界のブーイングを受けた試合後、ロッカールームで選手に謝罪する西野監督に、選手たちは「当然の選択」「納得している」と答えました。

成田空港を「史上最弱チーム」「三戦全敗で帰って来る」と罵詈雑言を浴びてロシアに発った、あのときから、彼らの心は、固く一つにまとまっていたのです。



西野監督は、あの「マイアミの奇跡」というドラマの指揮者でもありました。

あの日のマイアミ、1点リードを守りきった日本サッカーはブラジルに勝利するという、とんでもない果実をもぎ取りました。

その一方で、世界最強チームとの真っ向勝負を渇望した選手と、1点を守り抜くことを貫いた西野との間には深い齟齬が生まれていました。


西野監督と代表選手。

「史上最悪チーム」と石もて追われた2018年ロシアW杯と、「史上最強」と未来を託された1996年アトランタ五輪。

フル代表と五輪代表の違いはあれ、サッカー元年1993年以来、あの二つのチームは対極の形で、日本中を歓喜に沸騰させてくれました。

マイアミで生じた軋轢と、ロストフの一致団結は、鮮やかなほど対極的でした。

 

「(今度は)サムライのように真っ向勝負をしたい。ベルギーはその相手として不足はない」(長友佑都)。

ロストフでは、監督も選手も気持ちは、一つになっていました

もし、あの結果が、あの選択が間違っていたとしたら、…正確には、なってしまっていました





⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎そして、スポーツドキュメンタリーの傑作といえば「江夏の21球」です。

あの1979年日本シリーズ、広島カープvs近鉄バッファローズの第7戦。

西本幸雄は、あの土壇場でスクイズを選択しました。



さかのぼること19年。1960年の日本シリーズ、大洋ホエールズvs大毎オリオンズ。

大毎オリオンズの監督として采配を振るった西本は、初戦を落とした第二戦の重大局面でスクイズを選択して失敗。

大毎は1勝もできず、四連敗で日本一を逃しました。




🌿🌿🌿🌿🌿🌿⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎⚾︎

「ロストフの真っ向勝負」は間違っていたのか。

「江夏の21球」を生んでしまった「スクイズ」は間違っていたのか。



西野朗との対談で、岡田武史は語っています。

「監督の采配は、答えのない問題に決断を下すこと。負けた時だけ『あの采配は間違っていた。正解はこっち』のように叩かれる。もともと正解などないのに」。

その通りです。

叩く奴らは、結果がわかってから騒ぎ立てるのです。あるいは、その策が成功していたら、黙って口を噤んでいるくせに。


現実の、その瞬間、正解のない大問題に、決断を下すのが指揮者です。

「もう一点取りに行って勝負を決めるのか?延長戦に持ち込むのか?」

「強硬策で一気に試合を決めるのか?スクイズで同点に追いつくのか?」

どちらが、正解なんてありえません。


私は 超三流選手の経験しかありませんが、大切な試合で負けたあとでOBや父兄から責められる指導者を見てしまうことが何度かありました。

複雑な思いでした。

本来、指導者の決断には正解も不正解もはありません、結果があるだけです(もちろん、明らかな不正解を選択するおかしな指導者もたまにはいますが)。 

しかし、OBや父兄はそれを正解、不正解と〝採点〟します。そして、多くの場合は選手も。

厄介なことに、その採点は、OBや父兄の中でもバラツキがあるどころか、ときには真逆のことまで起きてしまうのです。


ボクシングに例えると「ノックアウトに恋焦がれた」西野朗と、「Sweet Scienceの立場から戦略を俯瞰した」西本幸雄。

やはり対極に見える、二人の名将ですが、そうではありません。

美しいまでに、その輪郭も、内実も、全く同じです。

どんどん続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Japan boss Akira Nishino admits 'risky' tactics to rely on other result 西野朗監督は他力本願の危険な賭けであったことを認めている。〜ESPN〜

スクリーンショット 2018-06-30 16.32.01
スクリーンショット 2018-06-30 16.32.43
【上】グループ H最終順位表/【下】「西野監督が危険を承知で最善と考えて選んだ戦略なのは、十分理解ができる。ポーランドから1点を奪いに行くリスクを犯すには、残り時間も少な過ぎた」とESPNは一定の理解も示していますが、海外メディアの中には西野采配に批判的な意見も少なくありません。

「彼らをサムライと呼ぶことはできない」(ロシア:スポルト・エクスプレス紙)。

「不可解な結末でW杯を汚した」(英国:BBC)。

「世界的な笑いもの」「くすんだフェアプレー」(韓国:中央日報)。


コロンビアがセネガルをリードした時点で、「フェアプレーポイント」の差での決勝トーナメント進出を選択、一切攻撃を仕掛けないパス回しで時間を消費したことに、世界中で賛否両論が渦巻きました。

決勝トーナメント進出をかけた大一番、面白い試合になると期待してチケットを買ったファンは、そりゃブーイングするでしょう。

ただ、面白い試合も見たいけど「最優先すべきは日本代表が次のステージに進むこと」だと考えるサポーターにとって西野采配は十二分に納得できるものであったはずです。

「他力本願は情けない」「セネガルが1点返してたら後悔する」…というのは確率を考えたら馬鹿馬鹿しい反論です。

日本に蹴散らされたコロンビアが息を吹き返し、セネガルに勝つしかない状況でリードを奪ったのが後半74分。このまま1−0で南米の強豪が逃げ切る公算が極めて高いと踏むのは当然です。

そして、やはり残り短い時間で日本がポーランドに総攻撃をかけて、2点目を奪われるリスクと、このまま0−1でフェアプレーポイントでの救済狙いのボール回し、二つを天秤にかけてどちらを選ぶかは監督の一存です。

同点に追いつき、さらに1点勝ち越して勝利をもぎ取ってグループリーグを首位通過、そういうシナリオに突き進みたいという選手もいたかもしれません。

それでも、長谷部を投入したとき、選手たちは自分たちのミッションをすぐに理解、不満はもちろん、少しの迷いも見せませんでした。

その過酷な任務にも関わらず、メディアやファンからは諦めムードでロシアに追われた日本代表が、強烈な絆で結びついているのは当然かもしれません。

日本のファンやメディアのGK川島への容赦ない批判に多くの選手が声をあげて反発したことからも、それがひしひしと伝わってきました。

警告(イエローカード)4の日本が、同6のセネガルを上回り、その恩恵に浴したフェアプレーポイントですが、グループリーグ全体を見渡してもこの2カ国の戦いぶりは非常にクリーンなものでした。

特に、日本は警告・退場につながるファウルの数が28と32カ国中最少(最多は韓国の63)、西野監督がこの瀬戸際突破まで考えてクリーンサッカーを徹底していたとは思いませんが、ファンとしてはうれしい数字です。

それにしても。「勝利へ向けて最短距離を走る」のがスポーツの本質であり、「美しく勝つ」のは二の次のはずです。

しかし、多くの人が違和感や嫌悪感を感じてしまう「勝ち方」が存在するのも事実です。

一昨日の「ボルゴグラードのブーイング」。そして、やはり西野朗の傑作の一つ「マイアミの奇跡」(1996年)。

「瀬古利彦の小判鮫走法」(1978〜1983年)。「セルゲイ・ブブカの1㎝」(1985〜1997年)。「松井秀喜への5打席連続敬遠」(1992年)。

ボクシング界の「山中慎介のビック・ダルチニアン戦」(2012年)に代表される〝リードしているボクサーの12ラウンド〟も、今回の「ボルゴグラード」に近似しているかもしれません。

けして間違っていない、彼らの生き様を振り返ってゆきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

頂点十六カ国進出ニ接シ 
日本代表ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ

しかし、それにしてもW杯は恐ろしい舞台です。

あのドイツが、前回大会優勝国のドイツが、世界ランキング1位のドイツが韓国に0−2で敗れてグループリーグ最下位に沈んで決勝トーナメント進出を阻まれました。

メッシ擁する優勝候補の一角、アルゼンチンが、グループリーグ敗退の瀬戸際に追い込まれました。

そして、日本と同じグループHで最も世界ランキングの高いポーランドが、熾烈なヨーロッパ予選を10試合で28得点で首位通過したあのポーランドが、敗退してしまうのです。

そして、コロンビア。

エメラルドマウンテンと麻薬の美醜渦巻く南米の強国が、日本に敗れたときはグループリーグ敗退濃厚と誰もが思ったでしょう。

ロマンティックなストーリーですが、決勝でもう一度会いたいですね。

ウィリアムヒルのオッズでは、日本とコロンビアが決勝で相見える確率は0%ですが…。

驚愕の地力を見せた南米の強豪コロンビアですら、決勝トーナメントは初戦敗退と見られています。

グループリーグでズッコケ丸出しのコロンビアと日本が、決勝トーナメントで戦うのは、異常に評価の高いベルギーか、異常に経験値の高いイングランド。

英国BBCは大会前から「グループHは優勝経験国がいない、決定力のないチームばかりだから、(決勝トーナメントでHの進出国と戦う)グループGの英国は恵まれている」と癪にさわる報道を続けていました。

BBCの客観的で冷静な立ち位置が、今回ばかりは腹立ちますね。おっしゃる通り、とはいえ。

なんだか、こうなってくるとHグループのコロンビアにも思い入れが湧いてきます。

決勝は日本vsコロンビアで世界を驚かせたいものです。

それにしても。

サッカー文化が深く浸透し、大会屈指の実力国でも足元をすくわれかねないのが世界です。

これから、日本は経験するはずです。経験しなければなりません。優勝を狙える戦力だと、国民の巨大な期待を背負って開催国へ乗り込むW杯を。

そのとき、日本代表は今まで誰も経験したことのない、目に見えない強敵と戦うことになるのでしょう。

誰もが、物足りなく思ったボルゴラードの敗北。

それでも、W杯でタイムアウトまでボールを回す、それが貴重な経験ではないはずがありません。

ほろ苦い経験ですが、叩き落とされたわけではありません。前に進んだのです。授業料を払わずに、素晴らしい経験をさせてもらったわけです。

未熟な子供を見守り、逞しい大人に成長する、その偉大な山岳物語に寄り添えることほど幸せなことはありません。

ロシア戦記は、まだまだ続きます。


天気晴朗なれども波高し!

日本で、ぬくぬくと応援している私たちには、ビールを飲んで、夜更かしして、子供達とテレビにエールを送る。まさしく、天気晴朗です。

選手たちは、世界の大波に何度も飲まれそうになりながらも、日本の船を、荒波を越えて、守ってくれました。

次の波が、小々波であるはずはありません。

事実上、1992年から息吹いた四半世紀でこの国のサッカーが、どういう形になったのか。

なんだか、今晩は最初から司馬遼太郎風ですが、この国の形を、世界に示す大会です。

それでも、きっと、必ず、乗り越えてくれるはずです。


さあ、こっからがスタートだ! がんばれ!!!愛すべきサムライブルー!!!

イングランドvsベルギー、キックオフです。

「まあず、お手並み、拝見、ですな」(浜田剛史さん風) 。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

誰がこの結果を予想したでしょうか。

「三戦全て惨敗」と揶揄する声までありましたが、開始早々から日本の攻撃が世界的強豪のゴールを脅かしました。

そして、前半6分。香川が世界16位のゴールネットを揺らしました。
IMG_0699
PKを与えたカルロス・サンチェスは、一発退場。コロンビアはいきなり中盤の翼をもぎ取られました。

「80分間の数的優位の時間を有効に使えたか、となると疑問」(本田圭佑)ですし、この番狂わせでグループHも波乱含みになったことから、もっと得失点差を稼ぎたかったところです。

今日の試合だけを見ると、このあとコロンビアが立て直し、ハイメ・ロドリゲスが輝きを取り戻すとは思えませんが、南米のサッカー強国が残り2試合を連勝しても大きな驚きではありません。

何と言っても世界16位です。ボクシング17階級で例えると、Undisputed Championです。61位の日本は、例えるならWBOオリエンタルの暫定王者といったところでしょうか。

とはいえ、まだ初戦を終えたばかりですが、このグループ最弱はまさかのコロンビアかもしれません。
スクリーンショット 2018-06-19 23.50.34
⬆︎一応、暫定首位でんねん。

こっからが勝負です。

日本で最も競技人口が多く、メディアとファンから最も厳しい批判の矛に常に晒されているスポーツで選り抜かれた23人が、遠いロシアの地で戦っています。

次は25日午前0時から27位セネガルとの大一番です。

アフリカ屈指の強豪を撃破したら、決勝トーナメント確定です。ここで決めたいですね。

世界8位ポーランドとの最終決戦は避けたいです。8位!ボクシングでいえば「オリジナル8」、「原始八階級王者」です。

這い上がって来るコロンビアの影にも怯えたくはないです。

もちろん、史上初の三戦全勝でグループリーグ突破、決勝トーナメントでは座り心地の良い所から勝ち上がってゆきましょう!

快進撃への賞賛の拍手と、それを上回る手の平を返す音が絶妙のハーモニーを奏でながら、世界を揺るがす応援ソングのボリュームはますます大きくなることでしょう。

そのクライマックスの舞台は、日本時間7月15日午前0時、8万人の大観衆を飲み込んだモスクワ・ルジニキスタジアムです!

。。。。。。。。ポーランドがセネガルに圧勝、コロンビアとセネガルが意外な穴を見せて、日本とポーランドが易々と決勝トーナメント進出…まあ、そんな甘くないですね。

H組はまさかが続きました。コロンビアが信じられない綻びを見せ、セネガルのスピードは想定以上、この組最強はアフリカ最西端のサッカー大国でした。

もちろん、そのセネガルを追い詰めたポーランドもやっぱり強い、相手に不足はありません。雑魚相手に三連勝しようなんてハナから思っちゃいません。

セネガル!かかってきなさい!

サディオ・マネ、下馬評通りの活躍、ご苦労様です。

25日は日本では給料日でもあります、申し訳ありませんが、楽しい1日にさせていただきますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ