フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 世界が見た日本

おそらく地球上で最も複雑なエンターテインメント、プロレス。

プロレスラーという響きからは、プロボクサーや柔道家、空手家など他のジャンルの格闘技に従事している選手がまとっているのと随分違う不思議で怪しく蠱惑的な旋律が聞こえてきます。 

何度も絶体絶命の〝死刑宣告〟をうけながら、日米で逞しく生き残っているプロレス。

米国でジリ貧のプロレス産業を救ったのは「八百長ショー」だと自ら認める逆転の発想からでした。

老舗団体のNWAやAWAが未来の絵を描けずにいた中で、第三団体だったWWWF(日本人が初めてこの団体を知ったのは「藤波辰巳」でした) はエンターテインメントに徹底的にこだわることでWWEへと進化を遂げました。

スポーツの看板を下ろしてエンターテインメントと認めたことは2つの大きな効果がありました。

一つ目はプロレスへの不信感を払拭して、純粋なショーとして楽しむスタイルを示したこと。リングでの対決に至るまでの物語を提供し、リング内でも徹底的にショーにこだわり、リングを降りた後はまた新しい物語が始まる…。

そして、二つ目。「スポーツ」なのか「エンターテインメント」なのかは、米国ビジネスでは重大な問題なのです。つまり、税金です。エンターテインメントで申請した方が税金が低くなるという仕組みです。

NWA的なプロレスを嗜好していたオールドファンの中には「なんだ、八百長を認めちゃうのかよ」「なんだこのわざとらしいショーは、こんなのプロレスじゃない」とWWEを見限った人もいるでしょう。

しかし、NWA的なやり方では、プロレスは座して死を待つだけでした。プロレスは生き残ったのです。
IMG_1486
カシアス・クレイは自転車を盗まれたことからボクサーになり、ゴージャス・ジョージからトラッシュトークを盗んだことからモハメド・アリに昇華しました。

日本の場合は1960年代の「スポーツとして」と、2000年代の「格闘技として」の2度、決定的と思われる〝死刑宣告〟を受けました。

戦後、最も日本人を沸かせたプロレスは当初スポーツとして認知されていました。力道山が外国人レスラーを空手チョップで打ち倒す姿に日本列島は純粋に感動したのです。

しかし、1960年代になるとプロレスは真剣勝負ではなく〝八百長〟だと見なされ、一般紙がスポーツ欄で取り上げることはなくなりました。

このとき、プロレスはスポーツとして死にました。それ以来、プロレスはスポーツと認められることなく、つまり〝市民権〟を失ったまま半世紀以上が過ぎています。

それでもプロレスの試合は八百長でも「プロレスラーは本当は強い」という幻想は、一部のマニアの間に宿便のように残っていました。

その最後に残された幻想も総合格闘技のリングで人気プロレスラーが何度も惨敗することで、木っ端微塵に破壊されてしまいました。

そして、今、市民権も最強幻想も喪失したプロレスは女子ファンまで開拓するムーブメントを起こしてエンターテインメントとして新たな成長期を迎えています。

つまり、今のプロレスファン、彼らや彼女たちにとって「市民権」や「最強幻想」などどうでもいいことになっているのです。 
FullSizeRender
ボクシングには、プロレスのようなエンターテイメントという逃げ道が、恐らくありません。

かつて、プロボクシングのヘビー級チャンピオンは「世界最強」と考えられていました。モハメド・アリが豪語する Greatest も「最強」と訳されることが多かったのですが、総合格闘技がここまで進化・発展した現在ではその訳では誤解を招いてしまうかもしれません。

しかし、プロレスファンのような「最強幻想」にしがみつくボクシングファンは少数派です。総合格闘技は、ボクシングが初めて直面するコンバットスポーツのライバルでしたが、そこに「ボクサーの方が強い」というこだわりや変なプライドはありません。

ボクシングファンが総合格闘技に対して何かライバル心のようなものがあるとしたら「ボクシングの方が五輪種目になっているなどスポーツとしての格は上」という瑣末なレベルでしょうか。

それはプロレスに対しても同様で「ボクシングには市民権がある」「プロレスは八百長」という〝優越感〟となって現れてきました。

「ボクシングには市民権がある」。「格闘技スポーツの中で一番格上」。

それは大切にしなければならないストロングポイントの一つですが、見方を変えるとカエルが「このままでいい」と考えてしまいがちな〝ぬるま湯〟ではないでしょうか。

ハロルド・ジョージ・メイの話をしようと思っているのに…前置きが長くなっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 Boxing is dying industry. ボクシングは滅びゆく産業である。

2018年にボクシング事業から撤退したHBOの幹部はこう言い放ちました。

ライバルの Showtime と〝共催〟した史上最大のメガファイト「パッキャオvsメイウェザー」(メイウェザーと契約していたShowtimeでは「メイウェザーvsパッキャオ」)からわずか3年で、皮肉にもHBOのボクシング事業は清算されてしてしまいました。
IMG_3891
普通ならその年一番のイベント(メガファイト)が選ばれる「EVENT OF THE YEAR」。昨2019年は「アンソニー・ジョシュアvsアンディ・ルイスJr.」の「Crash of the Dunes」(砂漠の決闘)が選ばれましたが、次点には我らが「世界中の軽量級選手に夢と希望を与えた『さいたまスーパーアリーナ』」が肉薄していました。

しかし…。2018年一番のイベント(出来事)は試合ではなく「HBO LEAVES BOXING」(HBOのボクシング事業撤退)が選ばれてしまいました。



「HBOとボクシングはイコール」(リング誌)という大きな存在が経営破綻したわけです。

米国でのボクシングの社会的地位は1960年代後半から下り坂、全体市場も少なくとも1980年代後半から縮小を余儀なくされ、このまま減退していくと2050年までにボクシング産業は消滅するという試算もあります。

そして、太平洋を挟んだ日本のボクシングに目を向けても「社会的地位」は米国同様に低落傾向が続いています。

しかし、最後のボクシングヒーロー・具志堅用高のあとにも辰吉丈一郎、亀田興毅という国民的な関心を呼ぶタレントが間歇的に登場していることからも、滅びゆく産業には見えません。

また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太や、日本人で初めてリング誌を単独カバーした井上尚弥は純粋なアスリートとしてスポーツファンから高く評価されています。

多くの産業で「米国の10年遅れ」と言われるように、ボクシングでも10年遅れで衰退の道を辿っている日本ですが、シュガー・レイ・レナード以来、国民的英雄が生まれていない米国と日本を単純に同一視することは出来ません。

もちろん、この論を待たずとも日本の未来は衰退する米国の中心地ラスベガスにあるなんて妄想は、馬鹿げた白昼夢です。

ラスベガスを最も「正しく沸かせた日本のスポーツ」は大相撲興行でした。奇しくも、それはマンダレイ・ベイのイベンツセンターで開催されました。

「井上vsカシメロ」とは比較にならない関心を集め、上階席封鎖なんて悲しいことはせず、高額のチケットがほぼ完売して3日間も連日フルハウスにした2005年10月7〜9日で行われた〝ラスベガス場所〟。

また、ボクシングでは米国での軽量級への関心・需要の低さからコネクトすることがないままの日米市場ですが、プロレスでは半世紀以上も前から意外なほど濃密なギブ&テイクの関係を築いてきました。

日本のプロレスは米国市場でも一定の需要があるのです。

昨日の日経産業新聞で新日本プロレスのハロルド・ジョージ・メイ社長は、ボクシングとは比較にならない絶望的な危機を何度も乗り越えてきたプロレス経営について語っています。

「スポーツとして否定」「最強として否定」とプロレスが直面した存在意義に関わる致命的な危機と比べ、ボクシングの危機は「団体と階級の増殖で王者の権威が低下」「他のスポーツが台頭して相対的な地位が下落」という生温いものでした。

しかし、それは逆に言うと「茹でガエル」「ゆるやかな自殺」に他なりません。 

いきなり、熱湯をぶっかけられたプロレスというカエルは既成概念という湯船から飛び出さざるをえませんでした。

しかし、徐々に温度を上げられる湯船に浸かったボクシングという名のカエルは進行している危機の大きさを理解できずに、最後は茹で上がって死んでしまうのです。

大相撲の「ラスベガスへのアプローチ」と、プロレスが成功している「日米関係」。

軽量級ボクシングには大相撲が持つ異国情緒や迫力がない、プロレスのような〝共通語〟といえる実質同一階級のエンターテインメントではない。

…だから、ボクシングには、特に軽量級のボクシングには応用できない。

そう考えるのが、常識かもしれません。

しかし、大相撲もプロレスも、何の工夫もなく、日本でやってきたことと同じようにやって大成功を収めたわけではありません。

このブログをスポナビで始めた3年前、最初の頃に書いたテーマ「二匹のカエル」の焼き直し、続編です。

すでにここでも書きかけの「井上尚弥のムーンショット」が目指す着地点とも完全にかぶっちゃう内容になりますが、そういうブログなのでご勘弁。

出来ることなら、あらゆるスポーツやら赤煉瓦やら、ワンタン麺やらカレーライスやら…全ての話を一点に帰結できるのが、当初の狙い通りです…。

ではでは、日経産業新聞のジョージ・メイの記にインスパイアされちゃったので、少し深掘りしてゆきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Moon Shot (ムーンショット)

内閣府が今年3月15日〜5月7日までの期間で公募した「ムーンショット型研究開発制度に関する提案・アイデア」など、最近よく耳にする言葉ですが、1961年にケネディ大統領がアポロ計画について語ったのが最初でした。

その意味は「独創的だが実現不可能にしか思えないミッション。達成の暁には社会に巨大なインパクトを与え、その影響は後世に引き継がれる」というものです。
IMG_2814
IMG_2839
かれこれ60年も前に生まれた言葉ですが、浅学ボクヲタの私が初めて「ムーンショット」と発音されるのを聞いたのは、フレディ・ローチの口からでした。

2008年3月に世界ジュニアライト級(WBC王者ファン・マヌエル・マルケス戦)、6月にライト級(WBSS王者デビッド・ディアス戦)と3カ月で2階級を制覇したマニー・パッキャオが12月にウェルター級のオスカー・デラホーヤと戦うと、ローチがブチ上げたのです。

当時のデラホーヤはウェルター級王者ではありませんでしたが、前の年にフロイド・メイウェザーと互角の勝負を繰り広げていました。

衰えたとはいえ、まだPFP10傑にも名前が残っている文句なしのウェルター級の強豪でした。

「わずか10カ月で三つの階級のトップ選手を撃破する」。

この偉業が、当時で70年前のヘンリー・アームストロングが成し遂げた「10カ月で三階級制覇」を意識したものであることは明らかでした。

さらに陣営は「アームストロングは生涯で三階級制覇だったが、パッキャオはすでに五階級制覇をしている」(アレックス・アリザ)と、アームストロングを凌ぐ偉業であるとまで豪語します。

現時点の井上尚弥は a champion(数多く存在する王者の中の1人です)です。
WBSSで優勝するとリング誌とIBF、WBAのファースト王者の三つの〝メジャー〟を手に入れることになりますが、他にもWBO、WBC王者が存在する現場ではUndisputed Champion(議論する余地のない王者=完全統一王者)を名乗ることは出来ません。

ドネアを退けた後、残る二つのベルトを吸収してU ndisputed Champion になれば、上位選手の敗北などが条件になりますがPFP1位もないとは言えません。

しかし、ローマン・ゴンザレスがすでに軽量級史上初のPFP1位の足跡が残る山頂は、通過点ではあってもムーンショットを放つ標的ではありません。

井上にとってのムーンショットとは…を考えてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リング誌5月号から。

 RISING SONS(新世代の台頭)のタイトルで、「日本ボクシングの豊穣な歴史と、新しい風をわかりやすく紹介」と8ページフルカラー(リング誌は全ページカラーですが)で特集してくれています。
IMG_0387
井上尚弥は、現在日本で最もリスペクトされたファイター。これから、日本ボクシングの顔になれるか?

♠️♤♠️昨年9月の「Super Fly」興行は二つの重要な意味を持つ。

一つは、フェザー級以下の市場が米国でも受け入れられることを、スタハブセンターを埋めた観衆とHBOで多くの人が視聴したことで証明したこと。
 
二つ目は、年間最高試合の候補に挙がった三浦隆司と亀海喜寛、八重樫東によって日本人ボクサーの認知が広がった米国のリングに井上尚弥が上がって期待以上のパフォーマンスを見せたこと。

今後も日本人ファイターが米国に来るなら、さらに我々は彼らに親しみを覚えるだろう。

また、Super Flyの背景には、米国のTVネットワークが(ボクシング人気の低迷により番組予算が激減している中で、低報酬で興行が打てる)軽量級への関心が高まっていることもある。

井上は日本で最も評価が高いボクサーだが、極東の小さな国は他にも多くの才能が存在する。

最近の日本は常時10人を超える世界王者を抱え、そのほとんどがキャリア20戦未満で20代と、大きな未来を切り開く可能性を秘めているのだ。

カルフォルニア州よりも小さな国で、どうして若い才能が次々に芽生えているのか?

その答えを探すべく、ダグ・フィッシャー編集長と、日本ボクシングに造詣の深いアンソン・ウェインライト記者は、日本を代表するプロモーターやメディアへの取材を敢行した。

現在活躍している新世代のボクサーに焦点を当てる前に、まず日本のボクシング文化と歴史を紹介しなければなるまい。

世界基準のボクサーを輩出し続けている日本で、最初に世界王者になったのは1952年にフライ級王者となった白井義男だ。そして60年代にはファイティング原田、70年代に具志堅用高が国民的ヒーローとなり、二人は殿堂入りも果たしている。

日本がこれまでに生み出した世界王者は約90人。この数字は、米国とメキシコに次ぐものだが、JBCが2013年までIBFとWBOを認めていなかったにもかかわらず、この数字であることも考慮すべきだろう。

殿堂入りの日本ボクシング界の重鎮、ジョー小泉は「日本が質の高いボクサーを生み出している理由は3つある」と語る。

「一つは、チケット販売のシステム。ファイトマネーの一部がチケットで支払われることが珍しくなく、ボクサー自身が家族や友人知人、スポンサーにチケットを売る優秀なセールスマンなのだ」。…あまり自慢できることじゃないですね、これは。

「次に、実力別に分けられたA、B、C級トーナメントが行われ日本、東洋、そして世界に続くガイドラインが用意されていること」。

「3つ目は、ジムと興行を一手に受ける経験豊かなプロモーターの存在だ。彼らが地元に根付いて、テレビ局やスポンサーの支援を獲得して、優秀な選手を育てているのだ」。



ストロー級の王者に二度就き、今は大橋プロモーションズのトップである大橋秀行からは、意外な嘆きの声を聞いた。

「海外のハードコアファンなら知っている井上尚弥ら日本の若い才能は、日本では一般的には知られていない。井上を見てくれたら一目瞭然だが、この10年でボクサーの技術は格段に進歩している。彼らは、世界的な強豪王者にも勝利を収める可能性も秘めている。これは、過去には考えられなかったことだ」。

「しかし、率直に言うと日本のボクシング界は、素晴らしいボクサーが続々と生まれていることを一般のファンへ伝えることを怠ってしまった。本当の黄金時代を迎えるのに、一般のファンに知ってもらい応援してもらうことは欠かせない」。…世界王者の数だけ見ると、日本はメキシコや英国のようにボクシングが盛り上がってると、リング誌が考えてしまうのも無理もありません。現実は全く違いますが。

渡辺プロモーションズの渡辺均は、IBFとWBOを認めたことで才能が発揮できる舞台が増え、今の活況につながっていると説明する。

「ジムが興行を打ち、トレーナーも選手も抱えるクラブオーナーシステムが、日本のボクシングを発展させてきた。4団体を認めて世界王者の希少価値が失われたという人もいるが、より多くの世界戦を行うことがボクシング界の発展につながると信じている」。

一方で、最も古い歴史を持ち最も大きな成功を収めている帝拳の本田明彦は「世界王者に関しては多けりゃいいというものではない。10人も世界王者を抱えていても、決して黄金期ではない。村田諒太と、もしかしたら井上尚弥はスターの地位を獲得したかもしれないが、他の世界王者は違う。日本でボクシングの試合をテレビに乗せることは、考えられているほど簡単ではない」と危機感を語っている。

「一部で技術レベルが向上してるのは認めるが、プロボクサーの数は2年前の3分の1にまで激減している。実力のあるボクサーの数も減っているため、マッチメイクは非常に難しくなっている。世界王者の数だけ見てたら信じられないかもしれないが、これが日本の現状だ」。…one third compared to two years ago 2年で3分の1はさすがにありえませんから「20年」の間違いでしょうか。

「世界王者を量産する今の環境は、本物のスターを生み出すには良くない環境だ。より大きな試合、より大きな報酬を求めて日本を飛び出すことだ」。♠️♤♠️   
 
軽量級の場合は、日本が本場だと言い切って良い状況が長らく続いているだけに、日本を飛び出して「より大きな報酬」は難しいですね。木村翔のように日本で無名のボクサーが、海外のスター相手に咬ませ犬で出向くなら別ですが。

渡辺会長の言う「4団体認めたことが業界の発展につながっている」というのは一面あるかもしれません。もし、2団体のままだと王者の数は半分かそれ以下です。ボクシング産業トータルで見たら倍の世界王者を抱えている方が、市場規模も倍とはいかないものの、大きいかもしれません。

確かに5人の2000万円選手の市場と、10人の1000万円選手の市場はイコール、同じ1億円です。しかし、本田会長が指摘するように「それではスターは生まれない」ですね。一人の1億円選手の方が、市場は盛り上がります。

今でも、おそらく年収で1億円を優に超えている村田諒太が存在しますが、彼は純粋にボクサーとして評価されているようには見えません。

五輪金メダルで国民的ヒーローの一人になり、ボクサーとしては異例の露出で世間に認知され、不可解な判定を乗り越えてついに世界王者になった…プロのリングで評価された1億円ではありません。

プロボクサーが、他のプロスポーツ選手と決定的に違うのは、その収入のほとんどがファイトマネーということです。コマーシャル出演などのエンドースメントが、収入の大きな割合を占めるゴルフやテニスと違い、一つの敗北でイメージに傷が付くボクシングはスポンサーにとって危険な商品です。

しかし、村田の収入割合は、おそらくエンドースメントが大きくファイトマネーを上回るでしょう。もちろん、スポンサーが聡明で快活でハンサムな彼を応援したいと思う理由は充分理解できますが、突然変異の村田はモデルケースにはなりえません。

日本のボクシング市場を支えている軽量級のボクサーが、どこを目指せばいいのか、それが問題です。

今朝、アンソニー・ジョシュアがデオンティ・ワイルダーとの決戦にふれて「米国には行かない。ロンドンでもカーディフでも同じこと(実際には同じではなく英国の方が報酬ははるかに上)が出来るのに意味がない」と切って捨てましたが、英国ほど恵まれてはいませんが、軽量級に関しては日本も同じです。

「ラスベガスで一攫千金」なんて白昼夢はもう見ないで、メディアも興行に関わるジムも日本を軽量級の本場にするような前向きな努力をすべきです(すでに本場は日本ですが、いまだに「ボクシングの本場はラスベガス」と平気で吐く関係者が多すぎます)。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ