フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 平昌オリンピック

>ちょっと内容とズレますけど、制限されたルールで戦うから面白いと思います。ボクシングに限らず、グレコや競歩など何でもです。

 GGG 2019年12月02日 10:09 


ご指摘のグレコローマンは「下半身を攻防につかってはいけない」という制限があり、競歩も「走ってはいけない」というルールに縛られています。


そして、どちらも〝様式美〟を追求したスポーツです。

「手を使ってはいけない」サッカーは、ドリブル時などでよりグランドに近い視野が確保される身長の低い選手にも活躍の可能性が十分にあります。

もちろん、長身選手も空中戦やキーパーとして大きなアドバンテージを得ることができます。

サッカーが世界的に飛び抜けて人気の高いスポーツになりえたのはそのわかりやすいルールだけではなく、どんな体型にも開放された広い門戸もその理由の一端でしょう。


そして、ボクシングも「二つの拳、それもナックルパートだけを使って戦う」のがルールです。


確かに、二つの拳しか使えない制限がより自由な発想にあふれた宇宙を提供してくれていることは間違いありません。




>もしボクシングに階級という概念がなかったら技術的な進歩が今より遅れて大味でつまらなくてテレビ中継もされないマイナー以下の何かになっていたと思います。


現代ボクシングの先駆者と言われたシュガー・レイ・ロビンソンのように、ボクシングの教科書と称されたリカルド・ロペスのように、マイク・タイソンのスタイルに影響を与えたファイティング原田のように、ヘビー級ではない偉大な男達が磨いた技術が継承されていくからこそ、全体のレベルが底上げされて見応えのあるスポーツとして成り立っていることを忘れてはいけないと僕は思うのです。

ろまふきん 2019年12月02日 17:12

 

では…大相撲にも階級があれば、さらに奥深い世界が広がっていたでしょうか?

「大相撲・軽量級で炎鵬が朝青龍と白鵬が持つ7場所連続優勝記録を8に更新!」…そんなニュースに沸き立つ未来が待っていたら?

炎鵬の相撲には重量級にないスピードとヒラメキ、工夫が散りばめられているのは確かですが…。


相撲に階級制が導入されると、軽量級で待望の日本人横綱が続々と誕生するでしょう…めでたしめでたし?


大相撲はルール化されていない〝横綱の品格〟など曖昧な様式美が求められる、スポーツというよりも伝統芸能に近い世界で、どんなに大型化が進もうが階級制を取り入れるような優柔も不断もありません。

ああ、そういえば、この話は平昌五輪のフギュアスケートなどで書きかけでしたね…。

「強さとは何か?」。

もしかしたら、その答えが「強さ」と対極にあるようにしか見えない「様式美」にあるとしたら…? 

「アクターズ・スタジオのメソッドよりも、歌舞伎や能の伝統芸能の中にこそ演技の本質がある」というのは、あながち否定することはできない真理です。

ボクシングのPFPは妄想ですが、あれこそ「様式美」の究極でしょう。

FullSizeRender
PFPの尺度は「本当に強いかどうか」ではなく「本当に強く見えるかどうか」です。

「PFPを考えるときに最も敬遠されるのは強くないボクサーではなく、美しくないボクサー」(バート・シュガー)なのです。

レオ・サンタクルスはPFP10傑に数えられたこともありましたが、あのスタイルでは1位になるにはロマチェンコやクロフォードと同じことをやっても無理です。

アンディ・ルイスJr.がヘビー級を完全統一したらPFP入りでしょうが、あの体型では1位の座はやはりカネロや井上と同じことをやっていては遥かに遠いと言わざるをえません。

それにしても、様式美とはなんと厄介なものでしょうか。

「強さ」が教科書の延長にあるわけがなく、サンタクルスやルイスJr.のような「異質」こそが「強さ」であるにもかかわらず、ボクシング界はもちろんスポーツ界、それどころかあらゆる世界で「異端」は公平な評価を得られないままです。

「強さ」とは何なのか?

減量という卑屈なアプローチを取る小さなボクサーでも誰もが認める「様式美」が認められたなら、それはすなわち「強さ」なのでしょうか?

パックメイのようにヘビー級では戦えない小さな肉体でも、減量という卑屈におもねることなく、人気クラスに殴り込む「才能」が「強さ」なのでしょうか?

しかし「様式美」や「才能」がどんなに偉そうな御託を並べても、ヘビー級のリアルを前にしては、脳内対決以外では勝ち目はありません。

それならば…究極の強さとは「様式美」と「才能」が結晶したヘビー級なのでしょうか?

「それこそがモハメド・アリだ」というのは一つの考え方ですが、ここで俎上にあげたいのは「唯物的な強さが本当の強さか?」ということです。

白兵戦で有効な格闘技を熟知し、相手の動脈を噛み切る術を習得した兵士が最も「唯物的に最も強い」というのは当然です。

ただ、それが「本当の強さ」であるなら、私たちが見ているボクサーはもちろんMMAファイターも最強ではありません。

彼らは目潰しや急所攻撃どころか、動脈嚙み切りの技術ですらど素人で手首や足首、首のガードもザルディフェンスなのですから。

「本当の強さ」とは何か?

ルールや階級に保護された「本当の強さ」など存在するのでしょうか?

「本当の強さ」。それは、脳内にしかない幻想に過ぎないのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

41

=米YAHOO!Sportsから=高木菜那がマススタートの初代オリンピック王者に輝いた。

オレンジ旋風にクサビを打ち込め!

そう願ってスピードスケートを観戦していました。

小平奈緒と高木美帆がやってくれる。

必ずやってくれる。そう思ってました。

そして、二人はその通りに、いや、期待以上にやってのけてくれました。

しかし、まさか、まさか、オレンジ旋風を真正面から切り裂いたのは高木菜那でした。

なんというドラマですか、これは。

誰がこんな筋書きを書けますか。

膝の怪我に、妹の存在、重たい荷物を背負って平昌に入った高木菜那。

外野は勝手にそう慮っていましたが、きっと違ったのです。

彼女にとって怪我も妹も、愛おしい空気のようなもので、平昌は勝利を捥ぎ取る場所でしかなかったのです。

5000mで最下位に惨敗したときの涙は、勝ちにいったのに負けた悔しさの涙でした。そう、勝ちにいったんです。

そして、マススタート。やはり、気の強いお姉さんは勝ちにいきます。当たり前です。

しかし、誰があんな、神様が配剤したようなホームストレッチを予想しましたか?

勝利インタビューには涙もなく、買い物途中に声をかけられたように淡々と喜びを語ったのも、彼女が乗り越えて来た山の高さ、谷の深さを、逆に思い知らされました。

凄いです。凄いです。凄いです。

平昌が始まる前、始まってからも、アスリートファーストがなってないと、批判が沸騰しました。

もちろん設備環境の不備から十分なパフォーマンスを発揮出来なかった選手の不運は、見過ごしてはなりませんし、今後しっかりと改善されなければなりません。

それでも、その輝きがあまりにまぶしすぎて、隠しきれない宝石も確かにあるのだと、思い知らせてくれたアスリートに感謝です。

勇気をありがとうございました。

明日も元気に働いていけます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、ダルビッシュ有がシカゴ・カブスと6年137億円で契約を結びました。年収にして約23億円です。

フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオはたった1試合、36分間で300億円を稼ぎましたが、年金制度が充実しているMLBと比べて彼らの未来は不透明です。

プロボクシングを偏愛している私がこんなことを口にしてしまうと、身も蓋もないのですが、メイウェザーもパッキャオも経済的に行き詰る可能性は大です。

それは「ボクサーがだらしない」ということではありません。「ボクシング業界がだらしない」からです。

ダルビッシュよりもメイウェザーの方が「生涯収入」という点では上回っています。それは現時点のアバウトでダル300億円、メイ1000億円。メイが3倍以上稼いでいます。

しかし、「生涯」をしっかり視野に入れると、全く違ってきます。

WBCは顕著な実績を残した王者に年金(月額2万円程度)を支給していますが、MLBの10年登録選手は年間2000万円を受け取ることが出来ます。

ウィルフレド・ベニテスは親族の介護を受けながらWBCから年間約24万円を支給されています。一方で、イチローや松井は引退後、何もしなくても毎年2000万円がMLBから振り込まれるのです。

なんという絶望的な格差でしょう。あのウィルフレド・ベニテスが、親族の保護がなければ生活がままならない余生を送るなんて…あのウィルフレド・ベニテスが、です。

あのトーマス・ハーンズに2度勝った唯一のボクサー、アイラン・バークレーはホームレス生活を強いられています…あのバークレーがです。
IMG_0182

2012年、エマヌエル・スチュアードが亡くなった時、ハーンズらと哀悼に泣くバークレー。



MLBとボクシングの差は仕方ありません。メジャーな国技と、ニッチスポーツの差です。

しかも、メイウェザーやパッキャオはもちろん、ベニテスもバークレーも100万ドルファイターでした。ボクシング人気が凋落した今の時代のボクサーよりも恵まれていました。「将来に備えて貯金しなかったバークレーが悪い」とも言えます。





ああ、書きたかったのは小平奈緒とショーン・ホワイトだったのですが、ボクシングの話が冗長してしまいました。

時差ぼけと、お酒と、平昌の感動で、収集つかない状態ですが、すみません。

ものすごい感動をくれたアスリートが、その対価をしっかり受け取っていないことに、ものすっごい違和感を覚えるということをお伝えしたくて。

私たちがもらった感動の値段、こんな下世話な表現、最低ですが、感動の値段、ウィンタースポーツの選手は安すぎますよね。

酔っ払った勢いで吐き出すと、137億円のダルと、年間1000万円の活動費をなんとか工面してきた小平奈緒。何が違うか?1370倍も差があるか。ダルに感動したやつと、小平に感動したやつと、1370も差があるか?

ダルビッシュの生きる世界は、最も発展、成熟したプロスポーツであるMLBです。そこでは、選手の実力と人気に即して、シビアな〝ファイトマネー〟の契約が交わされます。

一方、小平奈緒らが七転八倒している氷の世界は、IOCやらJOCやら上部団体のネコババ体質が旧態然と残っています。

しかし、最も改めなくてはいけないのは、改めることによって劇的に状況を好転できるのは、ファンの姿勢です。

4年に1度しか観ないくせに、過剰な期待を重しかけて、短絡的に、身勝手に一喜一憂する。

せめて、マラソンのレベルくらいには、雪や氷に、毎年その季節になれば、小さな声援でもいいから送るべきです。

4年、1460日。そんな周期で熱病のように浮かれて、その数週間が過ぎれば忘れる。



ものすごい失礼なことを書きます。私の本心です。

137億円のダルビッシュがサポートを求めて地方病院に頭を下げることはありません。

小平奈緒が6年契約137億円を結んだら、違和感があります。そもそも、彼女はそんなものなど、はなから求めていないでしょう。




読んでいただいた方は、」何を言いたいかわからなくて、不愉快な思いをさせてしまったと思いますが、ごめんなさい、
また、仕切り直します。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0180 (1)

よっしゃーーー!!!!!絶対金だと応援してましたが、途中逆転されたときは「ダメか?」と彼女たちを少し疑ってしまいました。世界記録も持っているあんなに強いチームが負けるわけないのに、本当にごめんなさい。「チームパシュート」は今日のテーマ、伝統や様式美とは無縁のフレッシュな競技です。いやあ、どちらが先行してるかわかりにくいがゆえにヒヤヒヤな、見てて本当に面白い競技ですね。

それにしても…全身全霊、努力して栄冠を掴んだ女性のなんと美しいことか。自分を磨いて、磨いて、磨き抜いたんだから、当たり前なんですが、本当に美しい。


さて、羽生結弦の男子フィギュアスケート五輪2連覇は、サンモリッツとオスロで金メダルに輝いたディック・バトン(米国)以来、66年ぶりの快挙だったそうです。

昨日のTHE NEWS α (フジテレビ)にビデオ出演、羽生の金メダルを祝福し、「3連覇して欲しい」とエールを送りました。

しかし、バトンは時事通信の「ジャンプ重視に嘆き節」という記事で「今はフィギュアを楽しんで見ることすらできない。4回転しか話題にならないから」と今のフィギュアに物申しています。

4回転はアクセルを除く5種類、ショートプログラムとフリーで合わせて最大8本まで一気に増えたそうで「プログラムがみんな似たような感じで、劇場にいるような雰囲気を味わうことができなくなった」と言うのです。

そして、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が好みで「彼には演劇的なセンスを感じる」と支持しています。

バトンは、スポーツに限らずどんな世界にもよく見られる保守、回顧主義者ですね。

もちろん、破るべき因襲もあれば、守るべき伝統もあります。

このバトンの思いは、彼だけの忸怩ではなく、多くの欧米のフィギュアファンに共通していることです。

「フィギュアは体操競技じゃない、そのうちE難度とか言い出すんじゃないか」
「次は回転のスピードも測り出すんじゃないか」

こうした声の主たちは「フィギュアはバレエのようなダンス芸術」の色彩が強くなくてはならない、と考えているようです。

そんな保守主義に反して、このスポーツが恣意的な採点に陥りがちな演技力よりも、明白な身体能力を評価する傾向が強まる中で、アジア選手の台頭を許しました。

この傾向は、当然ながら欧米での人気低迷、スポンサー離れに帰結します。

現在のフィギュアの世界グランプリ会場は、ここは日本か?と思うほど日本企業の広告が目立っています。
IMG_0174 (1)

=時事通信=バトンは「カタリナ・ビットのような美とひらめく光はもうない」と今のフィギュアを憂いています。
IMG_0178 (1)

=THE NEWS α=日本のメディアにはさすがに「羽生は素晴らしい。五輪3連覇出来る」とエール。

伝統と格式に根付いた様式美。鍛え上げられた肉体が表現する限界の技。

スポーツは後者で、前者は伝統芸能だ。歴史のあるスポーツにおいては、そう言ってしまうにはあまりにも複雑な背景も抱えてしまっています。

フィギュアスケートだけではありません。

大相撲なんて、フィギュア以上にこの問題を宿命的に内包しています。

柔道は、この難題に長い時間をかけて見事な解答を見せてくれています。

比較的歴史の浅い、野球やボクシングでも、アスレティズムと様式美の問題は、ことあるごとに顔を出すのです。

けして悪い話じゃないです。スポーツの発展につながる、非常に興味深い問題提起です。

すぐに答えが見つかるような簡単な問題ではありませんが、皆様はどう思われますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

31
=写真=米Yahoo!Sportsから。「日曜日のレースは、少しの波風も立たない平穏なまま終わった。31歳の小平は、500mW杯チャンピオンと1000mの世界記録保持者として平昌に乗り込み、その通りの仕事を執行した。3連覇を狙った韓国のイ・サンファは銀メダルに沈む。小平はすぐにイに駆け寄り健闘を称えあった。互いに醜い悪意を剥き出しにしている二つの国で生まれた二人が、氷上で正々堂々と戦ったあと、手を取り合って何か言葉を交わした。何を話しているのかわからないが、そこには、微塵のわだかまりも感じられなかった」。

インターネットって素晴らしいです。gorin.jp 素晴らしいです。

楽しみにしてたスピードスケート女子500m。仕事で海外へ前乗り、おかげでボクシングの試合はイヤというほど観れましたが、今日は小平奈緒が500mに見参!日本で見たかった!!だけど最高です!!!

番狂わせで勝利を掴むシンデレラの眩しい輝きも美しく感動的ですが、鉄板の王者がどんな重圧も跳ね返して、額面通りの決済をする「世の中、こうでなきゃいけない!」というレースが好きです。



ーイ・サンファは意識したか?

「それは全く関係ないです。誰かを蹴落とすとか、誰かに勝つとか、そういうのじゃなくて自分が世界で一番スケートが大好きなんだってことを、この場所で表現したかっただけです」。




彼女のような境地でスポーツに取り組んでなかった私は、恥ずかしい思いで、彼女の言葉を聞きました。

素晴らしいです。凡人にはそんな思考回路はないです、素晴らしい。海外で日本人の偉業を知るのは、感動的で、誇りと感謝の気持ちで一杯になります。

小平奈緒が重圧に押しつぶされて、涙を流す…そんな姿は見たくない、なんて勝手なことも頭をよぎっていましたが、彼女が目指していたのは金メダルとか五輪新記録じゃなかったんですね。

おめでとうございます、感動をありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

i

平昌オリンピック。大会9日目で最大の盛り上がりです。

羽生結弦と宇野昌磨がワンツーフィニッシュ。最高の筋書きを現実にしてくれました。

ESPNでは米国期待のネイサン・チェンが「Nathan Chen falls short of medal despite historic free skate performance(歴史的な演技を披露したのにメダルに届かなかった)」と悲嘆していますが、SPで大きなミスを犯したのだから仕方がありません。

懐かしいですね、クリスティ・ヤマグチ(1992年アルベールビル大会;金メダリスト)も「何なの?人間ワザじゃない!6回も4回転を跳ぶなんて」とチェンの演技を絶賛ツイートしていますが。

それでも今日は羽生の日でした。

In a historic night on the ice, Japan's Yuzuru Hanyu became the first repeat Olympic gold medalist in men's singles since Dick Button in 1952.(氷上に新たな歴史が描かれた。日本の羽生結弦が1952年のディック・バトン以来、66年ぶりに連覇を成し遂げたのだ。)

ESPNも悔しそうに認めています。しかし、〝歴史的な夜〟〝今夜は羽生のものだ〟と言われても、ピンとこないですね。あっちでは夜中だから、そうかもしれませんが、現地は真昼間ですから。

20161013073303_1285931638_10089_8

本題はスピードスケートです。

小平奈緒、高木美帆、さすがです。立派です。

しかし、オランダ、強いですね。

スピードスケート女子では3000mでメダル独占。1500mは高木を挟み込むように、金と銅。1000mは金で小平と高木が銀、銅と続きました。

ここまでの3種目で全て優勝、逃したメダルは1500m(銅:高木)と1000m(銀:小平、銅:高木)の3つだけ。

このあと、小平が金メダル候補筆頭の500mと、高木が4つ目の種目で金を狙う団体追い抜きが控えていますが、オレンジ軍団は最大の壁です。

オランダ一色に塗りつぶされそうな平昌のリンクに、日の丸を割り込ませた小平と高木は大健闘ですが、やっぱり金が欲しい!

2月13日付読売新聞朝刊の国際面「世界in-depth 深層」でオランダの強さの背景が特集されています。私のチャチャも入れながら、ざざっと紹介します。

◼︎日本の8分の1、人口1700万人のオランダは、九州とほぼ同じ面積しかない小国。国土の4分の1が干拓で海抜0メートル以下、国中に張り巡らされた運河が氷付く冬場には、スケートは移動手段として浸透していたといいます。

13〜14世紀にはすでにレースが行われていたとみられ、スポーツとしてのスケートは800年近い歴史を重ねて来たことになります。13世紀って…!鎌倉時代ですね…。

16世紀には独立を脅かすスペインとの戦争でも、オランダのスケート部隊が本土防衛に大活躍。「オランダ人は氷の上を飛び回る」とスペイン将校を震え上がらせたそうです。

「空飛ぶオランダ人」ヨハン・クライフが活躍したのは1970年代ですから、その400年以上前にすでに「氷の上を飛び回っていた」のです。恐るべし、オランダ人!

1892年の国際スケート連合が創立されると、その翌年にはオランダで世界選手権が開催されました。

オランダにとって、スピードスケートは自国で発祥した国技なんです。

さらに特筆すべきは、オランダのスケート協会が選手の育成だけでなく、大学や企業と連携して競技レベルの向上にも情熱を注いできたという点です。

その代表例が1990年代後半にスピードスケート界に革命を起こした「スラップスケート」。

アムステルダムの自由大学を拠点に開発された新型のスケート靴は、氷を蹴る際にブレードが靴底のかかと部分から離れることで、ブレードが氷上のに残る革新的なものでした。

1996年にはワールドカップ総合優勝、世界記録更新と絶好調だった堀井学が、翌年から認められたスラップスケートに対応できず、1998年の長野オリンピックで惨敗してしまったのは、日本のスポーツファンには苦い記憶として残っています。

五輪の前年にオランダ勢をはじめ一部の選手だけが順応していた全く新しいギアを認める…政治的な力学が作用した全く理不尽なことですが、そういう〝濁〟も併せ呑むのが本当に強いアスリートです。

堀井同様、世界のトップ選手だった清水宏保はすぐにスラップスケートを履き、したたかに対応して長野で大きな果実をもぎ取った勇姿は眩しく印象的でした。◼︎


スピードスケート大国オランダは、昨日の5000mでも金メダル獲得。これで、明日の500mも勝てば個人全種目で金メダル獲得、完全制覇です。

まあ、そうは問屋が卸しません。500mには絶対の優勝候補が控えていますから。番狂わせは起きません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ