フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: 世界に挑む日本人,陸上100m,東京五輪

20歳のサニブラウン・ハキームが100m9秒97の日本新記録を樹立しました。

全米大学選手権の決勝。苦手のスタートはこのレースでも出遅れ。それでも中盤から加速して桐生祥秀の持つ日本記録9秒98を0秒01更新しました。

サニブラウンは先月11日、キャリア初の9秒台(9秒99)を記録、1ヶ月足らずで自己記録を塗り替えました。日本人で9秒台を2度マークしたのも史上初です。
 
東京2020の男子100mの代表選考は、今月末開催の日本選手権で優勝したら確定です。

追い風0.8mの9秒97…。すごいです。

鈍足中長距離ランナーだった私は大学時代、100mの公式記録が欲しくて「恥ずかしからやめてくれ」と同僚が止めるのを制して100mの記録会に出場、念願の12秒突破、11秒98(追い風1.9m=公認)を叩き出し大げさに喜んでさらに同僚を赤面させました。

公認ギリギリの追い風に乗った私でも2秒も突き放されてしまうなんて…10秒台が羨望と憧憬の領域だった私には9秒台なんて理解を超える世界です。

さて、サニブラウンの快挙から何が読み取れるのか?


① サニブラは日本選手権で勝てるか?➡︎YES

最大のライバルは前日本記録9秒98の時計を持つ桐生祥秀です。 持ちタイムの差はわずか0秒01しかありません。

しかし風と安定感、勝負度胸を考慮すると桐生はサニブラの敵ではありません。

まず、風です。

風は競技場のトラックの位置や、どの角度で吹き付けるか、風が舞っていないかなどその影響は同じ風速でも大きく異なります。さらに、風だけでなくスタート時の気温や湿度も記録に影響する要素です。

それだけに単純な計算は禁物ですが「風1mで0.1秒違う」 というのが通説です。

今日のサニブラ(追い風0.8m)と、9秒98をマークした桐生(同1.8m) 。2人をいわゆる〝無風換算〟すると、サニブラは10秒05、桐生は10秒16となります。2人が走れば0秒1の明白な差がつくことになります。

その意味では日本歴代3位の山縣亮太(10秒02=追い風0.2m=無風換算10秒04)、9位のケンブリッジ飛鳥(10秒08=向かい風0.9m=無風換算9秒99)の二人の方が桐生よりも強敵になるかもしれません。

さらに、安定感です。桐生がキャリア唯一の9秒台を出してから22ヶ月が経過していますが、まだ2度目の9秒台には手が届いていません。

1ヶ月足らずで2度9秒台で走ったサニブラは、条件さえ整えば日本選手権でも9秒台を出すでしょう。

また、勝負弱い桐生をはじめ繊細な100m走者はスタートで先行されると硬くなるのが普通です。「スタートで出遅れるのが当たり前」のサニブラは心理的にも非常に強い状態で日本選手権のスタートラインに立つはずです。

実力的にも心理的にも、どう考えてもサニブラが優勝候補の筆頭です。



②サニブラはボルトを上回る逸材か➡︎現段階では明らかにNO 
IMG_2803 (1)
サニブラは高校二年生で 世界ユースの100m/200m二冠を制しました。

ウサイン・ボルトも16歳で世界ユース200mで優勝していることから、日本のメディアではサニブラとオーバーラップさせています。

さらに、キャリア初の9秒台を出したのがボルトは21歳8ヶ月、サニブラはそれより1歳6ヶ月も若い20歳2ヶ月。

ただし、これをもって「ボルトよりもサニブラの方が才能がある」というのはあまりにもお粗末です。

サニブラが先月初めて手に入れた9秒台は、首の皮一枚ギリッギリの9秒99。ボルトが初めて9秒台を出したのは2008年、そのタイムは9秒76、なんと世界歴代2位の大記録でした。

そして、その年の北京五輪で100m決勝でラストを流すという戦慄のパフォーマンスで9秒69の世界記録で金メダルを獲得するのです。

「1歳6ヶ月」がどうのという差ではありません。まるっきりステージの違うアスリートです。

しかし、これはあくまで「現段階」の話です。

昨日のサニブラを未来のスポーツファンが「最初は10秒切るのも精一杯だったんだ、意外と遅かったんだな」と振り返る日が来ないとは誰も言えません。

なにしろ、サニブラはまだ20歳3ヶ月なのです。

 
③サニブラは東京2020で男子100m 優勝できるか?➡︎現段階ではNO

来年に迫った東京2020 。サニブラ、桐生に山縣らも9秒台を出すと、全員が9秒台の男子ヨンケイ(400メートルリレー)チームは金メダル候補です。

しかし、個人種目の100mとなるとその山はまだまだ峻厳です。

サニブラの9秒97は決勝進出を逃しても不思議なタイムではありません。決勝進出を確実にするのは、もう一段上のステージに上がらなければなりません。

サニブラが日本記録を樹立した今年の全米大学選手権男子100mは、確かにハイレベルでした。

しかし、サニブラは3位なのです。タイムは素晴らしいとはいえ、インカレで3位。五輪で金なんて口が裂けても言えません。

優勝はテキサス工科大のディバイン・オドゥドゥル(9秒86)、2位はオレゴン大のクレイボン・ギレスピ(9秒93)。ちなみに200m決勝の結果も100mと同じメンツ、順位でした。

インカレで優勝できないで五輪で金なんて寝言に過ぎません。

しかし、サニブラは先月「9秒台クラブ」に入会したばかりの新参者です。

小さな大会で日本人初の9秒台を出して小躍りしていた桐生には厳しい比較になりますが、100mと200mで自己ベストを出してもサニブラは全く無表情でした。負けて悔しかったんでしょう。

100mスタートの反応時間はオドゥドゥル0秒151、ギレスピ0秒154に対してサニブラは0秒198。

0秒100より速い反応は人間の知覚能力を超越しているとのことでフライングになりますが、それにしても0秒2近くかかってるのは遅い、遅すぎます。

こんなこと言い出すとキリがありませんが、仮にオドゥドゥルと同じ反応なら0秒047、約0秒05速く走ることが出来ました。 

スタートに改善の余地が大きく残されているのは確かですが、そこを精密に追求しないことで中盤の加速につながっているのもまた事実です。 

矛盾する表現になりますが、プリミティブなスポーツは本当に奥が深い、です。 

とりあえずは日本選手権、めっちゃ楽しみです。桐生や山縣らも燃えてるでしょう。

何人も9秒台を出して、今月2度目の日本記録更新も拝めるもの凄いレースを期待しています!!! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

過去最高に盛り上がったアジア大会が終わりました。

オープニングから池江璃花子の8種目出場、全種目でメダル、そしてなんと6種目で金!という離れ業に驚嘆、感激。

開会式の旗手をつとめた上野由岐子の女子ソフトボールも、8戦全勝で5連覇。お家芸の柔道よりも日本の強さを見せ続けてくれました。

開催国インドネシアの国技バドミントンでは、団体5連覇中の中国を下して48年ぶりの金メダル、スポーツクライミングなど新種目でも日本代表は最も輝くメダルをもぎ取ってくれました。

そして、ボクシングでは成松大介が、これ以下はない下劣な雑音に惑わされることなく、見事に銅メダルを獲得してくれました。楽しませていただきました!ありがとう!是非、プロ転向して日本人初の世界ウェルター級チャンピオンになって下さい。あ、その前に東京2020で金メダルでした!
36948357_1579883742121907_9151208146671239168_n

ここまで盛り上がった最大の要因は、NHKとTBSが多くの競技を中継してくれたことに加えて、日本選手団の素晴らしい奮闘努力のお陰です。

「アジアで夏開催」ということで、日本は〝東京2020の仮想大会〟と捉えて、特に屋外競技において様々な実験が試行されました。

2年後に自国で開催される世界最高の舞台へ向けて本番さながらの腕試し、その思いが熱いパフォーマンスにつながったのは間違いありません。

そして、間違いなく、そこにあったのはアジアを相手に見せた意地と矜恃でした。

ここで負けるようなら世界では勝てない。

彼らに出来るなら私たちにも出来る。

その代表が、陸上男子100m決勝です。山縣亮太と蘇炳添の激突は見応えがありました。

結果は3位でしたが、山縣と蘇が戦前からライバル視する発言を繰り返しているのを頼もしく聞いていました。

優勝した蘇の記録は9秒92。このタイムは昨年のロンドン世界陸上で優勝したジャスティン・ガトリンと同タイムです。山縣の10秒00は5位に相当します。

その世界陸上でアジア人として唯一人決勝に進出した蘇は、10秒27で最下位(8位)に沈んでいますから、軽率な言い方はできませんが、いずれにしてもアジア、黄色人種のスプリントを世界が無視できる時代はとっくに終わっています。

率直に言うと、蘇が「山縣はライバル」と言ってくれるのはリップサービスに聞こえます。100mにおいて0秒08の差は、ライバル関係と呼ぶには微妙な差です。

しかし、同じアジア人だから単純な力量差を超えて負けじ魂に火がつくのでしょう。

蘇のタイムが9秒92とわかっても山縣は打ちのめされるどころか、勇気ももらったかもしれません。

山縣には失礼かもしれませんが、あれが蘇ではなくジャマイカや米国のしなやかで逞しい黒人選手に9秒92で敗れていたなら、負けじ魂や勇気があそこまでまで湧いてきたでしょうか。

日本のアスリートにとってアジア大会は、東京2020に向けたドライな予行演習なんかではなく、火薬の匂いを撒き散らす、願ってもない起爆装置でした。

東京2020では、日本がアジアを鼓舞しましょう。

今度は日本のアスリートが〝蘇炳添〟の役割を演じる番です。

今まで、アジア人には無理と諦められていた陸上100mなど遥か遠くに見えていた金メダルを撃ち抜いてやりましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人類史上、初めて100m10秒の壁を破ったのは、ジム・ハインズ。1968年の全米選手権で手動計時9秒9、同年のメキシコ五輪では電動計時でも9秒95をマークしました。

手動計時は電動よりも0秒25前後速くなることから、ハインズの全米選手権の電動タイムは10秒15前後、余裕で10秒かかっていたと推測されます。また、電動で9秒95台を出したメキシコも気圧が低い〝高地記録〟で、やはり平地換算すると10秒15前後だったと見られています。

この記録が破られるのはハインズから15年後、1983年のカルビン・スミスの足によってでした。当時の陸上界はカール・ルイスが席巻、スミスは月見草の存在でしたが、その脇役が9秒93を叩き出し、世界記録を更新したのです。

ルイスが、やはり1983年の第1回世界陸上100mで金メダルに輝いた優勝タイムは10秒07、2位のスミスは10秒21でした。当時の日本記録は飯島秀雄の10秒34、ルイスやスミスは雲の上の存在、怪物ランドの住人にしか見えませんでした。

「100年経ってもルイスに勝てる日本人なんて出てくるわけがない」。世界陸上を目の当たりにした日本人の誰もが、そう思い知らされていました。

しかし、今年の日本選手権は、サニブラウン・ハキームが10秒05、2位の多田修平が10秒16、3位のケンブリッジ飛鳥が10秒18、3人ともスミスの記録を上回り、サニブラウンはルイスをも超えていたのです。

「絶対無理」に見えた大きな壁は、30年で崩すことが出来たのです。おそらく、もっともっと早く崩すことが出来たはずですが…。

現在、遥か彼方の記録にしか見えないウサイン・ボルトの9秒58を破る日本人も、将来必ず現れるでしょう。問題は、それがいつになるのか、だけです。また、30年かかるのか、それとも…。

タイム競技には、必ず心理的な限界が壁となって立ち塞がります。陸上競技よりも水泳のレースでより多くの(世界)記録が生まれるのは、特殊な水着の効果など、ギアの恩恵を受けやすいのが最大の原因ではありません。

水泳競技では周囲との差が見えにくく、陸上競技よりも自分の生理的限界に、試合でも練習でも正面から向かい合うことが出来るからです。

一方の陸上競技は、心理的限界が常に付きまといます。

日本人スプリンターも、1998年に伊東浩司が10秒00を出してから19年、その心理的限界の呪縛にがんじがらめに絡め取られていました。


【米国スポーツイラストレイテッド誌のスポーツマン・オブ・ザ・イヤー第1号は野球でもバスケットの選手でもありませんでした。「医学的に不可能」と信じられてきたマイル4分の壁を突き破ったロジャー・バニスターです。】

陸上競技のみならず、タイム競技の歴史上、最も関心を集めた人類の壁は「1マイル4分」でした。1950年頃まで、「1マイル4分は医学的に切れない」と、まことしやかに信じられていたのですから、1954年にロジャー・バニスターがオックスフォード大学のトラックで走った3分59秒4は、欧米スポーツ史上最大の衝撃でした。

そして、さらに衝撃だったことはその後わずか1年で23人もの中距離ランナーが、〝医学的に不可能〟なはずのマイル4分の壁を続々と越えて走ったという事実です。

「日本人がボルトに勝てるわけがない」というのは、「マイル4分斬りは医学的に不可能」という迷信的な蒙昧と変わりません。

「日本人が世界陸上や五輪のリレーでメダルが獲れたのは、個々の能力で劣っていても、バトンパスなど緻密な連携、組織力が優れているから」という考え方も、間違っています。「個々の能力を組織力でカバーする」というのは、心理的限界という悪魔を呼び込む、誘い水でしかありません。



現実に、8月の世界陸上時点での現役100mランナー上位10人のアベレージで、日本は世界5位なのです。ノビシロの大きい、その若さも考慮すると上位入賞は当たり前、メダルも普通に期待できるだけの個々の能力があるのです。

3年後の東京で目指すべきは、「個人100mで決勝進出」でも「リレーでメダル」でもありません。

そんなボヤッとした、中途半端なものは要りません。

もっと、上です、一番上です。

カール・ルイスの世界に追いつくのに30年かかりました。そこから、ボルトに追いつき追い越すのは、30年の10分の1、ずっと、ずっと短い時間でやってやりましょう。

バニスターがやったように、桐生祥秀がこじ開けた扉にも、大挙して後続のスプリンターが駆け込むはずです。

そうでなければ、なりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ