フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: ドーピング

7月9日にジェリー・フォレストとのヘビー級10回戦に出場予定だったジャレル・ミラーがVADAの検査で陽性反応を示し、試合は中止になりました。

ミラーは昨年6月にアンソニー・ジョシュアと三団体のタイトルを懸けて戦う予定でしたが、ここでも薬物検査に引っかかり試合は中止、WBAから6ヶ月の活動停止処分を受けていました。

ジョシュア戦ではキャリアハイの487.5万ドル、約5億円が保証されていましたが、これももちろんパァ。

ミラーの代打アンディ・ルイスJr.が歴史的な大番狂わせを起こしたことで忘れられがちですが、暗愚なビッグダディはこれまでに何度もドーピングを繰り返してきた常習犯。頭は子供以下の幼稚さです。

本当は「ドーピングの常習犯」なんて存在してはいけない言葉です。
WBC-VADA-Clean-Boxing-Program-300x173

ミラーは元キックボクサーで、2014年にミルコ・クロコップ戦で判定負けしたときも尿サンプルから禁止薬物が検出され、試合を統括したカリフォルニア州アスレティック・コミッションからライセンス停止と罰金の処分を受けています。

そこから数えて、ドーピングによる試合中止は、これが3試合目。

さらに、昨年4月からはVADAのランダムテストで4度も陽性反応を示していましたから、フォレストのプロモーター、ルウ・ディベラが、ミラーにも厳正な検査をするようVADAに要請していました。

もう、とっくの昔に許容範囲を超えています。

これでニューヨーク州に続いてネバダ州でもライセンス停止の罰則が適用されるでしょうが、他の州では交付される可能性は十分あります。

ライセンスが交付されて世界王座挑戦権や地域タイトルを争うとなれば、アルファベット団体は喜んで承認するでしょう。

日本でドーピングと聞くとルイス・ネリが思い浮かびますが、ドーピングに関しては前科一犯(だから許されるわけではありませんが、ボクシング界では前科一犯は珍しくありません)。

しかも、日本から事実上の永久追放処分を受けたことから、軽量級のネリがビッグファイトのメインイベントに立つことはありません(目立たなけりゃいいという問題でもありませんが、無名のネリを処分するよりもミラーに厳しい罰則を科すことが、はるかに大きなボクシング界への見せしめ効果・抑止力になるはずです)。

陸上競技で最も厳しい8年資格停止でも甘いです。

といっても、世界的な統括団体が存在しないので地域や承認団体限定の処分しか下せないのが、もどかしすぎます。

地域や承認団体も、他の地域やライバルに抜け駆けを喰わないよう大甘の処分しか出来ないでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リング誌が「新型コロナウィルスが東京五輪をノックアウト」の見出しで「開催は来年に延期される模様」と報じました。

同じタイミングでUSAトゥデイもIOC委員の言葉として「延期」と報道していますが、ここは場末のブログ、リング誌の方がUSAトゥデイごときより遥かに格が上なのです。

以下、リング誌から。

*****五輪が延期されるのは史上初めての悲劇。

これまで「1916」が第一次世界大戦で「1940」(幻の東京五輪)と「1944」が第二次世界大戦で中止に追い込まれたことがあったが、 いずれも世界大戦によるもの。

ボクシングの米国代表を決定する予選会も全て中止・凍結されてしまった。 

バンタム級(123lb)で代表を目指していたブルース〝Shu Shu〟カリントン(22歳)は「この現実に失望している」と、ずっと目指してきた五輪が予定通りに開幕しないことを嘆いた。

コーチのオーレリアノ・ソーサは「誰の責任でもない。前を向け。私にとってShu Shuは誇り高き米国代表のオリンピアンだ!」と教え子を励ましている。

ジュニアライト級のプロスペクト、クリス・コーベットも教えるソーサは「妻は病院の看護師で毎日奮闘している。今の病院はそれこそ戦場だ。私たちだけが戦ってるんじゃない。ガッカリしている場合ではない。目の前の敵をみんなで力を合わせて打ち倒すときだ!」と、今は〝戦時体制〟だとウィルスとの戦いに熱く燃えている。
ezv0tusehdryu2k1lww4

カリントンは「聖火リレーのスローガン“Hope Lights Our Way.”(希望の道を、つなごう。)の言葉が心に響いている。今こそ前を向くべきだ。下を向いてる暇なんてない」と、他のアスリートにもメッセージを発信しながら自身も鼓舞している。*****




large_IMG_4282

また、WBCは奨励しているランダムテストのドーピング検査「Clean Boxing Program 」を一時的に中止すると発表。

「当面3週間はプログラムを停止する。参加ボクサーは自宅待機して下さい」(マウリシオ・スライマン)。

VADAと提携したOlympic styleのプログラムは、多くの国や都市が〝封鎖〟された状況で検査員が動くことが出来ない状態です。

これは「私たちの検査員は地球上のどこにでも、いつでも訪問できる」と豪語しているWADAにとっても変わりません。

現状はソーサが言うように〝戦時〟。〝火事場泥棒〟は、目に見えないだけで、すでに数多く現れているはずです。

つまり、検査再開まではマスキングを必要としない無制限のドーピングがやり放題なのです。

様々な局面を考慮すると、もはや残念な選択肢しか残されていないようです。

でも、下を向く必要なんてありません。

こんな状況がいつまでも続くわけがないのですから。

Hope Lights Our Way. 希望の道を、つなごう
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ナイジェル・コリンズの最近の記事、ESPNと英国BN誌から2本。

2本目は英国ボクシングニューズ誌から、ドーピングについて。

************

大麻、マリファナ、カンナビス。

北米では「成人の娯楽用大麻の合法化」がじわじわと進行している。

現在、成人向け娯楽用カンナビスを合法化しているのはカリフォルニアやネバダ、ワシントン、マサチューセッツなど9つの州。

医療用として合法化、処方できる州は33にものぼっている。

ニューヨーク州のクオモ知事も「反社会的勢力の資金源を断つことが出来る」と合法化に取り組んでいる最中だ。

カンナビスの依存性はタバコ以下というデータもあり、合法化によってニューヨーク州だけで2億5000万ドル(約280億円)〜6億8000万ドル(750億円)の税収が見込めると見られている。

一方で、合法化で簡単により入手出来ることから「他の薬物への導火線になる」「子供が吸う危険が今以上に増える」「反社会勢力が扱う価格よりも低価格に設定しないと予想通りの税収確保は難しい」など反対意見も根強い。

また、タバコ以下と喧伝される依存性には真逆の検査結果も出ている。
IMG_3046
このカンナビス、タバコのように喫煙したり、注射したりすることで反応が鈍り注意力が散漫になることが明らかになっていますが、世界アンチドーピング機関(WADA)と米国アンチドーピング機関(USADA)では能力向上効果のある薬物(PED)として禁止物質にリストアップされている。

ボクシングが盛んに行なわれているカリフォルニアとネバダ州ではカンナビスはタバコやアルコールと同じで、成人が楽しむことは合法化されている。

WADAもUSADAもタバコとアルコールは禁止リストに挙げていない。

運動能力向上の効果がない薬物まで禁止する必要性がどこまであるのだろうか。

ネバダとカリフォルニアのアスレティック・コミッションの代表、カンナビスをPEDだと考えていない。

しかし、政府の姿勢はWADAとその地域機関USADAの禁止物リストに準じるしかない。

19世紀後半からずっと合法だったカンナビスがどうして悪者になったのか?それは人種差別と誇大宣伝と政治がデッチ上げたことなのだ。

メキシコ革命が起きた1910年から、国境を越えてメキシコ人が米国に流れ込んだ。そしてちょうど現在と同じような、移民に対する警戒感が沸騰していく。

テキサスの警察では「カンナビスが暴力や犯罪組織の資金源になっている」「メキシコ人が『超人になれるクスリだ』と売りさばいている」と取り締り、エリック・スクロッサーはアトランティック・マガジンに「メキシコ人が米国の児童にカンナビスを広めている」と根も葉もない記事を書いた。

フェイクニュースは最近の発明品ではない、100年以上前にも移民への不安と恐怖を煽るウソが流布されていたのだ。

FBI初代長官エドガー・フーバーは1931年、ハリー・J・アンスリンガーを連邦麻薬局の初代長官に任命、カンナビスを徹底的に取り締り、1937年にはMarihuana Tax Actという法律が可決。

そもそもカンナビスを「マリファナ」と聞きなれない怪しい言葉で呼んだことも、明らかな悪意が込められていた。

アンスリンガーは「Reefer makes darkies think they're as good as white men.(マリファナを吸うと黒人やヒスパニックごときでも白人と同じくらいに優れていると勘違いを起こす)」とまで公言。

マイノリティへの差別を正当化するためだけでなく、合成繊維を発明したデュポン社(アンスリンガーのスポンサー)による麻織物を悪者にしたいという思惑もあった。

さらに禁酒法時代が終わり、連邦麻薬局の人員過剰のためにも酒に代わる悪者が求められていた。

リチャード・ニクソンの時代にはアンチ・カンナビスはさらに政治的に利用される。

「違法な薬物で正気を失ってる奴らの主張は間違っている」「ニクソン政権への不満分子は黒人とヒスパニック、ヒッピー。彼らを牢屋に閉じ込めるにはカンナビスが手っ取り早い」。

WADAやUSADAが、カンナビスを禁止薬物にリストアップした根拠は「米国で違法だから」という一点に尽きる。PEDとしての効果があるからではない。

そして、違法とされた背景は人種差別と政治的な陰謀によるものでしかない。

「カンナビスはPEDではないことは多くの研究で明らかにされている」と語るのはボタンタリー・アンチドーピング機関(VADA)の創始者マーガレット・グッドマン。VADAでは2012年にカンナビスを禁止リストから外している。

ボクシングの試合で、カンナビスが最も問題視されたのは2000年10月20日にミシガン州で行われたマイク・タイソンvsアンドリュー・ゴロタのノンタイトル10回戦。

TKO勝利を収めたタイソンの検体からカンナビスが陽性反応、無効試合になりタイソンは資格停止と20万ドルの罰金を科せられた。

長年のカンナビスユーザーであるボブ・アラムも「試合前にカンナビスを吸うべきではない。パフォーマンスに悪影響を与えて大きな事故につながる可能性があるからだ。しかし、試合前1ヶ月前なら?誰がそれを気にするというのだ?」とカンナビスをドーピングリストに入れることに異議を唱えている。

米国の4大スポーツのうち3つ、野球とアメフト、アイスホッケーではカンナビスへの検査は緩く、野球ではカンナビスの陽性反応で罰せられた選手は実質いない。ステロイドは明らかなPED、カンナビスは嗜好品でしかない。

ボクシングが抱える多くの問題の中で、カンナビスを禁止薬物から除外することは大きな問題ではないが、簡単に出来ることでもあるはずだが…。

***************

将来、タバコが米国で違法になれば禁止薬物リストに加わるのか?難しい問題ですが、現状でリストアップされている限り、選手はカンナビスに手を出してはいけません。

「カンナビスはPEDではないし、違法にされたのは人種差別や政治的な陰謀」だからといって、リストにある限りは正当化されるべきではありません。

米国に右に倣えの日本でも、カンナビスが合法化される未来があるかもしれませんが…日本でも産業用大麻の栽培が認められている特区がありますが、個人的には反対ですね…薬物への過度なはんのうなのかもしれませんが…。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

答え合わせです。

Q ①:パッキャオvsサーマンの興行ではドーピング検査を実施しなかったカードがある。

❌試合を統括するネバダ州アスレティック・コミッショ(NSAC)が試合前と、当日の試合前後で採血・採尿検査を義務付けています。

現在プロボクシングでドーピング検査を行わない試合はありません。 


Q ②:パッキャオは過去に薬物検査で陽性を示したことがある。

❌パッキャオはキャリア初期にフィリピンで戦った数試合を除いて、何らかのドーピング検査を受けています。

米国進出後はネバダ州をはじめ、カリフォルニア州やテキサス州など試合開催地の統括団体アスレティックコミッションによる(他国と比較すると)非常に厳格な検査を受けてきましたが、陽性反応を示したことは一度もありません。

large_IMG_4282

Q ③:VADA(The Voluntary Anti-Doping Association) はラスベガスのプロボクシングを統括しているネバダ州アスレティックコミッションの下部組織である。

❌アンチ・ドーピング・アソシエーションはWADA(The World Anti-Doping Agency )を頂点に、米国ではUSADA( United States Anti-Doping Agency)、日本では JADA (Japan Anti-Doping Agency)が下部組織として各国の国内大会のドーピング検査を実施しています。 

五輪などで「強制的」ドーピング検査を実施するのがWADAです。

VADAはNSACのリングドクターとして活躍したマーガレット・グッドマン女史が創立した、文字通り「任意」の検査プログラムです。

ラスベガスで試合をするボクサーはNSACのドーピング検査は義務付けられますが、それに加えてVADAの検査も受けるかどうかは任意です。


Q ④:VADA(The Voluntary Anti-Doping Association) はWADA(The World Anti-Doping Agency )の下部組織である。

❌というわけでVADAとWADAは全く関係がありません。


Q ⑤:他競技同様、ボクシングでもドーピングが発覚したらタイトル剥奪、試合結果は無効となる。 


❌尾川堅一がテビン・ファーマーとのIBFジュニアライト級王者決定戦で勝利したものの、NSACが行ったランダムテストのサンプルが陽性反応を示し、無効試合となりました。こうしたケースは少なくありませんが、他競技のように厳格なルールは存在しません。

2000年6月のオスカー・デラホーヤ vsシェーン・モズリーでは、モズリーがドーピングしていたことを認めましたが無効試合とはなりませんでした。

それどころか「モズリーは正直者」という理解不能の賛美まで湧いていました。
 
2012年2月、WBCミドル級王者フリオ・セサール・チャベスJr.はマルコ・アントニオ・ルビオとの防衛戦で、試合前後に採取されているはずのドーピング検査のサンプルがないことから検査自体を行っていないことが発覚しましたが、この試合も無効になっていません。  
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「エリック・モラレスが体力負けした生粋の130ポンド(ライト級)のデビッド・ディアスを、実質ストロー級(105ポンド)上がりであそこまで翻弄できるわけがない」。

マニー・パッキャオに最初に「疑惑」の眼が投げかけられたのは2008年のことでした。

あれから11年。パッキャオが偉大な勝利を収めるたびに、その「疑惑の眼」はいつも爛々と輝いてきました。

先週のキース・サーマン戦で完勝すると、やはりその眼が見開かれました。

「40歳のパッキャオは新車のフェラーリのようだった。ガソリンタンクの中には何が入っていたのだろうか?」(試合直後はパッキャオを絶賛していたテディ・アトラス)。 

パッキャオファンの多い日本では「ドーピング検査無しの興行でルイス・ネリが 好き勝手やってるに違いない」と、欧米では注目度が低い軽量級のメキシカンに「その眼」が向けられていたようです。
IMG_0416
ボクサーだけでなく、バリー・ボンズやマリオン・ジョーンズらまで巻き込んだバルコ・スキャンダルの張本人ビクター・コンテは司法取引によって出所、現在はノニト・ドネアやマイキー・ガルシアらの栄養トレーナーとして活躍中です。

いきなりですが、◯✖️ クイズです。

Q ①:パッキャオvsサーマンの興行ではドーピング検査を実施しなかったカードがある。

Q ②:パッキャオは過去に薬物検査で陽性を示したことがある。

Q ③:VADA(The Voluntary Anti-Doping Association) はラスベガスのプロボクシングを統括しているネバダ州体育協会の下部組織である。

Q ④:VADA(The Voluntary Anti-Doping Association) はWADA(The World Anti-Doping Agency )の下部組織である。

Q ⑤:他競技同様、ボクシングでもドーピングが発覚したらタイトル剥奪、試合結果は無効となる。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

VADAによる検査で、ルイス・ネリの Bサンプルも、筋肉増強剤が陽性反応を示したと、Ring.TV.comが報じました。

それにしても検査結果が出るのが遅すぎます、あまりにも遅い。

検出されたのはジルパテロル。家畜の育成を早め、肉の量を増やす効果のある物質で、ネリ陣営は「牛肉を食べた時にジルパテロルがネリの体内に残ってしまった」と主張し続けていますが、そんな言い訳は通用しません。

「牛一頭食べても検出されない」「ドーピングとしか考えられない」。そんな話も出てますが、微量だろうがなんだろうが、陽性反応を示したらアウトです。

食事のトレーサビリティに細心の注意を払うのはアスリートとして当然の義務です。風邪薬はもちろん、目薬に含まれている禁止物質も選手と陣営は知っておく義務があります。

「牛肉食べたから」。

はぁ?そんな言い訳が通用するなら、ドーピング検査は必要ありません。

WBCのマウリシオ・スライマン会長は「今週中にネリへの処分を決定する」と声明を出していますが、タイトル剥奪だけなんて軽い処罰はありえません。

もちろんプロボクシングには世界的な統括団体が存在しませんから、本当の処分は各国(米国だと各州)のコミッションが決定することになります。つまり、ローカルなペナルティしか課すことが出来ないのです。

ドーピングへの意識が低いメキシコなどは、数ヶ月の出場停止処分で済むこともあります。毎日どころか毎週も試合を出来るわけのないスポーツで数ヶ月って、そんなもの、ペナルティではありません。

ドーピングが発覚した選手は、陸上競技なら5年前後の出場停止処分が科せられますが、ボクシングという危険なスポーツの性質を考えると、永久追放に近い10年前後の資格停止でも甘いペナルティです。

この結果を受けて、リング誌は、山中慎介をバンタム級王者に返り咲きさせ、同誌の規定に基づき、ネリはバンタム級のトップ10から追放となりました。

それにしても、やりきれない話です。

山中はこのニュースをどう聞いたでしょう。

タイトルが戻ったって、嬉しくもなんともないでしょう。むしろ、ネリがクリーンだったと証明された方が納得できたのではないでしょうか。

自分に勝ったボクサーが、世界を欺く卑怯で卑劣な男だったなんて、あまりにも悲しすぎます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ