フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

      Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。

カテゴリ: イップス

リング誌のProspect of the Year に輝いたのは14人。

Fighter of The Year に選出されたのは14人中2人で、マイク・タイソン(1986年)とワシル・ロマチェンコ(2017年)です。

この数字が少ないと見るか、健闘してると評価するかは微妙かもしれませんが、もし1人もFighter of The Year を輩出できていなければ「期待外れ名簿」「リング誌は見る目がない」と切り捨てられても仕方がないところです。

そう考えると14人中2人というのは「少ない」と見なして差し支えないのではないでしょうか。

もちろん、プロ野球やサッカーの新人王も将来MVPになる確率はもっと低いことから 「最優秀新人と未来の最高選手には相関関係が薄い」という見方も出来ますが。

さて、以下が「リング誌の14人」です(1989年〜2010年は休止)。

1983 Kenny Baysmore
1984 Mark Breland
1985 Mike Tyson
1986 Mike Williams
1987 Engels Pedroza
1988 Michael Moorer
2011 Gary Russell Jr.★
2012 Keith Thurman(デビッド・プライス)
2013 Vasyl Lomachenko★
2014 Anthony Joshua(フェリックス・ベルデホ)
2015 Takuma Inoue(エロール・スペンスJr.)
2016 Erickson Lubin★
2017 Jaime Munguia(ライアン・ガルシア)
2018 Teófimo López ★

実は、リング誌が休止中の2000年からESPNもProspect of the Year を選出しています。リング誌が合議制で選出しているのに対して、ESPN版はダン・ラファエル記者の個人選出です。

リング誌とESPNが同時にProspect of the Year を発表してきた時期は2011年から現在までの8年間。

この8年で4人までが一致(★印)、残る4年は不一致(カッコ内はESPN選出のProspect of the Year )でした。

1983年、晴れある第1回Prospect of the Year に選ばれたのはケニー・ベイスモア。1979年に全米ゴールデングローブのバンタム級で優勝。

1981年にジュニアライト級でプロデビュー、周到なマッチメイクでデビューから20連勝18KOを飾りUSBAジュニアライト級王者を獲得した段階で、温室が剥がされます。

初防衛戦の相手はブラックマンバ、ロジャー・メイウェザー。年齢こそベイスモア23歳、ロジャー24歳で二人とも若手でしたが、ロジャーは元世界王者。

ロジャーは、上原康恒と激闘を繰り広げたサムエル・セラノを8ラウンドTKOで下してWBAジュニアライト級王者に就いていましたが、フェザー級上がりのロッキー・ロックリッジに無残な1ラウンドKO負けを喫して評価は暴落していました。

名前のあるグラスジョー、ロジャーはベイスモアにとって格好のステッピングストーンに見えましたが…。結果は無残にも3ラウンドストップ負け。
 
その後、引退までの22戦は8勝12敗2分。最後の8戦は全敗全KO負け。28歳でグローブを吊るしました。
Breland-cover1984_RING
最初から〝外した〟リング誌でしたが 第2回はマーク・ブリーランド(期待値が大きかったため期待外れの烙印を押されていますが、尾崎冨士夫戦は滅法強かったです)、第3回マイク・タイソンと強豪世界王者が続きます。

しかし、第3回のヘビー級マイク・ウィリアムスは雑魚相手にデビューから13連勝9KOも元王者ティム・ウィンザスプーンに競り負けると、バスター・ダグラスやコリー・サンダースといったコンテンダーに惨敗。

地域タイトルの一つも取れないままリングを去りました。 

第4回のアンヘル・ペドラサは20歳のデビューから19連勝全KOと見かけだけの破竹の快進撃を見せますが、最初のリトマス紙となったミシガン州ジュニアウェルター級王者マイク・ジョンソンとのウェルター級10回戦でポイントでリードしていながら9ラウンドTKO負け。

地域タイトルをいくつか獲るものの、世界挑戦の前哨戦をことごとく落としリングを去りました。

第5回はマイケル・モーラー。マイケル・スピンクス以来、史上二人目のライトヘビー級王者からのヘビー級制覇を達成。「サウスポーはヘビー級王者になれない」というジンクスを史上初めて打ち砕きました。

ジョージ・フォアマンにあまりにも劇的で歴史的な逆転KO負けを許したシーンが印象的ですが、合格点です。

次回は2011年の再開後からProspect of the Yearに選出された8人、全員がまだ現役バリバリの通信簿です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どんなスポーツでも期待の新人が鳴かず飛ばずで表舞台から姿を消すことは珍しくありません。

中日ドラゴンズの根尾昂が二軍レベルでも全く使えないなんて、去年の今頃に予想出来た人が果たして何人いたでしょうか。

清宮幸太郎の同期、その圧倒的な出世頭が村上宗隆だなんて誰が考えたでしょうか。

プロ野球12球団のドラフト1位選手12人が「未来のスーパースター名簿」などではなく「才能の墓場」の性格の方が色濃いように、ボクシングにおいても将来を嘱望された若者があっけなく蹉跌してしまう光景は珍しくありません。

清宮も根尾もまだプロ野球選手としてスタートしたばかり、頑張って欲しいですね。

トップランクやゴールデンボーイ・プロモーションズの過保護なルーキーが挫折するのは冷かな目線で見れますが、過酷な高校野球の世界で卓越した活躍を魅せて、最高の評価を集めた彼らがもがく姿は痛々しくて見たくありません。


リング誌の期待のボクサー、Prospect of the Year、彼らのその後を追いかけてみます。

IMG_3008
2013年のProspect of the Year から 2017年のFighter of the Year へ。ワシル・ロマチェンコのように「期待の新人」が「年間最高選手」に昇華するのはきわめてレアなケースです。
IMG_3010 (1)

2015年、日本人では井上拓真が日本人で初めて 
Prospect of the Year に輝き、暫定とはいえ世界王者になっています。

このProspect of the Year ですが、意外と歴史は浅く1983年から制定、1989年から2010年まで何故か休止、2011年から再スタートしました。

リング誌の選んだ14人の Prospect of the Year その後と、拓真のような最近選出された選手については現在進行形を追いかけてみます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ