フシ穴の眼 〜スポーツ疾風怒濤編〜

               東京ドームが待っている!

自分に欠落している勇気のあるアスリートが大好きです。

勝手気ままに思いつくままに書き殴った駄文ですので、誤字脱字・間違い・異論・反論あると思いますが、お気付きの点はご指摘下さい。

カネロ・アルバレスの次戦としてセットされている、シンコデマヨ週間の5月2日。

あと9週間に迫っているというのに、まだ対戦相手が決まっていません。


* オスカー・デラホーヤは「カネロと闘いたいなら、まず自分の足元を見るべき」と大上段に構えます。

「現在のボクシングシーンでカネロと戦えることは最高の名誉。そして、対戦によってキャリア最高、これまでのファイトマネーを全部積み上げてもそれ以上の可能性もある大金も手に入る。その条件に注文をつける感覚がどれだけ非常識か理解しているのか?」

「世界チャンピオンは腐るほどいる。ビッグネームもいる。その中からカネロが選ぶ。そのチャンスを前にグズグズ言う奴らには2度とチャンスはない。そんな奴らはこれまで通りに陽の当たらない日陰で、ジメジメした報酬に甘んじてしょぼいキャリアを閉じればいいのさ」。

「カネロは3つの階級の中から相手を選ぶ。戦うのも3つの階級からカネロが選ぶ。選ぶのはお前らじゃないことをまず理解することだ」。

日本時間の今週火曜日にデッドラインを引いていた、エディ・ハーン傘下の二人の英国人チャンピオンへも毒づいています。

「あと9週間?十分じゃないか。いくらでも相手はいる。カラム・スミスとビリー・ジョー・サンダースは身の程をわきまえないで下手な条件交渉を仕掛けてきた。奴らにはもう2度とチャンスは与えられないだろう。奴らはひっそりと今まで通りに地味にキャリアを閉じればいいさ」。

嫌な感じですね。カネロ自身に罪はないとはいえ、誰かにぶっ倒してもらいたいですね。

先日の試合で評価を上げているIBFスーパーミドル級王者ケイレブ・プラントについても「順番を待つなんて言って、すぐに対戦しないのであれば、もうチャンスは与えない」と、対戦オファーを出していることを匂わせています。

「リングの中では何でも起きるのがボクシング。しかし、リングの外では大きなチャンスは一生一度きりかもしれない。そのことを理解できない奴らが多すぎる」。
スクリーンショット 2018-12-26 22.05.16
「PFP1位になったけど人気は残念」。ロマゴンほどではありませんが、GGGも実力と人気の激しい乖離に悩みながら、いつのまにか劣化の坂道を下っています。

全盛期にもっと冒険的なファイトに挑戦していれば…もしかしたらリング誌などが期待した「第二のパッキャオ」になれたかもしれませんが、今となっては後の祭りです。DAZNとの巨額契約を結べたことで、GGGにとって人気なんてどうでも良いのかもしれませんが…。


一方、宿命のライバル、ゲンナディ・ゴロフキンは右足ふくらはぎを負傷したことや、興行的な問題が難航して2月29日に予定されていた防衛戦(vsカミル・シェルメタ)を再三延期。

さらに〝ドーピングの教祖〟ビクター・コンテのSNACのプログラムから離脱したと報じられました。

コンテは「ゴロフキンは私たちの要求するプログラムに対応できなかった。キャンプ前に合意していたことを反故にされたんだから、ここから出て行ってくれということ。かれの未来に幸あれ」。

金銭的なもつれでしょうね。

アベル・サンチェスとの訣別もそうでしたが「金の切れ目が縁の切れ目」というのが続いています。

シェルメタ戦は5月か6月の開催に向けて調整していますが、商業的な価値がゼロのシェルメタだけにGGGに数十億円のファイトマネーを保証しているDAZNは苦悶しています。

大手スポンサーが付く、ラスベガスのカジノ&リゾートが巨額の招致フィーを提示してくれるーーそんなのを待っているとしたら無駄です。

そもそも、GGGはカネロと村田を絡ませなければ、ファイトマネー2〜3億円が妥当なボクサー。

DAZNはカネロ戦を当て込んで巨額の契約を結びました。シェルメタ戦なんて〝負の二乗〟ファイト、誰が買いますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

WBC世界ヘビー級王者デオンティ・ワイルダーvsHeavy weight Lineal Championタイソン・フューリー。

注目の再戦、今年上半期(今年?)最大のメガファイトだけあって、戦前から大いに盛り上がっています。

日本時間2月20日22:00現在、ウィリアムヒルのオッズは、なんと1−1の両者五分!オッズの目はコロコロ変わっていますが、超接近したオッズのまま試合に雪崩れ込みそうです。

前半(1−6ラウンド)でワイルダーが勝負を決めると見るオッズは4倍。同じくフューリーは12倍。「KO決着ならワイルダー」です。

判定までもつれ込むとワイルダーは9倍、フューリー2.63倍でジプシーキングが明白に優勢です。

「両者ダウンの応酬の末にフューリーが判定勝ち」なんてのもあって、これは12倍。

初戦があの内容のドローだっただけに、確かにこれはブッカー泣かせの大一番です。
i
今夜のお話はESPNから 「The nine strangest (but true!) stories about heavyweight champion Deontay Wilder デオンティ・ワイルダーにまつわる武勇伝な(でも本当!)9つの物語」のご紹介。 

ワイルダーは病気の娘さんのためにいくつもアルバイトを掛け持ちして医療費を捻出していた苦労人、というお涙頂戴のサイドストーリーは皆さんも聞き飽きているでしょうから、このポップな〝ナイン・ストーリーズ〟は最高です。

J.D.サリンジャーよりもこっちの方が面白い!?

とりあえず、最初の3つのエピソードです。



 年時代、ワイルダーはに命を助けられたことがあります。

90年代の始め頃の話。

ゲイリー・ワイルダーは4人の子供達と釣った魚を入れたバケットを岸に残して、水べりに入って行きました。 

水かさが膝あたりに来ると「よーく見るんだ。ここから先へは絶対に言っちゃダメだぞ!ここから先は深くなって私の目が届かなくなる。これ以上向こうに行ったら死んじゃうぞ!」と子供達に大声で注意を促しました。

ゲイリーの子供達は4人とも泳げなかったから、そんな無茶はしないと思っていましたが…。

当時11歳の長男デオンティだけは冒険心が旺盛で手がつけられなかったから、しっかり注意したのです。

それなのに…長男は顔の辺りまで沈む深みまで進んでしまって、見えなくなってしまいました。

父親は大慌てで、深みへ入り込み、長男の髪の毛をつかんで水の中から引き揚げます。
i-1

「あのまま沈んでたら死んでたぞ!」と叱る父親にデオンティは悪びれずにこう言い放ちました。

「大丈夫だよ、大きな鯨が来て尻尾でぼくを叩いて水の上に押し上げてくれたんだから」。

父親は「どうしようもない嘘つきやがって。あそこは川だ、鯨なんているわけがない」と呆れ果てましたが、現在35歳になったワイルダーは真顔で「本当に鯨がいたんだ。この目で見たんだからしょうがない」と嘘を認めません。


イルダーはゥワーキング(尻振りダンス)マシン

ワイルダーがタトゥーを入れるために施術椅子に座っていた時間は、1000時間以上になるといいます。

なにしろ201㎝の巨大なキャンバスですから、タトゥーの入れがいもあるというものです。試合ごとに新しいタトゥーを入れるようにしているそうですが、その数は本人も把握できていません。

長年、ワイルダーにタトゥーをいれてきたアーティスト、ポーシャ・ルカの店で流れる音楽に合わせて、ワイルダーはノリノリで踊っていたといいます。

「俺はダンサーとしても相当な才能がある!」と信じ込んでいるワイルダーの踊りは「半端じゃなく激しい」(ルカ)そうで、あの体格では施術室のドアを尻で塞ぐようになっていました。

ある日、店の支配人が狭いドアを開けると目の前でワイルダーの巨大な尻が揺れまくり、支配人は気絶しそうになったとか。

翌日から「当店ではトゥワーキングダンス禁止」の注意書きが貼られることになりました。
i-2
イルダーはチでだるまになったことがある。

2016年の夏、クリス・アレオラとの対戦を2週間後に控えたワイルダーは、フィアンセと住む家の庭で草抜きや枯れ枝を拾っていました。

いつも、草や枝を燃やしていましたが、その日はガソリンボンベをかけようとしたときに手を滑らせてしまい、ガソリンを散布してしまいます。

あたり一面に危険な匂いが鼻をついていましたが、ワイルダーは不用意にマッチを擦ってしまいました…。

「チッ、チッって嫌な音がしてヤバイ!と思ったときは遅かった」。
i
強大な炎の玉が膨張し、ワイルダーは地面に倒れて転がりました。

「全く、アクション映画のワンシーンだった」。 

右腕に第3度熱傷(皮膚組織よりも深い部分まで達する重度の火傷)を負ってしまいましたが、その右の拳でワイルダーをKOして見せました。

 
まだまだ続きます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1980年代の絢爛豪華なミドル級の覇権争い。

世界のボクシングってこんなに凄いのか!!! 

個性豊かなスーパースターたちが繰り広げるラウンドロビン、総当たりの戦いは、日本のプロ野球が世界一面白いと信じていた10代半ばの私にとって衝撃そのものでした。

シュガー・レイ・レナードの華麗、ヒットマン・ハーンズの凶悪、マービン・ハグラーの圧倒、ロベルト・デュランの颯爽、ウィルフレド・ベニテスの天性…彼らは、仮面ライダーやウルトラマンに登場する怪人や怪獣と同列に現実離れした存在でした。

小学校の野球クラブで先輩から「怪獣ゼットンはやばい」みたいなことを聞かされてゾクゾクしたのと、中学生のときに覗いたボクシングジムで「レナードvsハーンズなんてどんな試合になるんだ?」と、当時は遥かに年配に見えた高校生や大学生のボクサーの方々の話にワクワクしたのは、冗談抜きで全く同じ感覚でした。

日本でプロ野球を見て「江川、スゲー!」とか騒いでいる現実とは全く別の世界に、太平洋の向こう側に、とんでもないヤツらがいる。

そのことに気付いてしまったのです。
3995759_p0_square1200
日本人が、世界で大暴れしている怪獣と戦う。

ありえないと思っていたことが、現実になろうとしています。

このメガファイトが実現すると、日本人による日本ボクシング史上最大の興行となります。

もちろん、興行の大きさとボクサーとしての価値は必ずしも比例しません。

ボクサーとしての価値を考えるとき、リング誌から60年代最強と破格の評価を得たエデル・ジョフレを2度撃破したファイティング原田が歴代最高で誰も文句はないでしょう。

原田は60年代でも5位にランクされていますが、現在のような定期的に更新されるPFPがあれば、ジョフレに連勝した時点で1位か2位だったと推測できます。

井上尚弥は将来、PFP1位に登る可能性が十分にあり得ます。しかし、2020〜2029年のデケイドでも原田並みのトップ5に数えられるか?となると厳しいのではないでしょうか。

そして、怪獣との対決の舞台に上がる村田諒太になると、最も評価が高いはずの現役時代、今ですらPFPにはカスリもしていません。

リング誌のダグ・フィッシャーは、読者から 「 Who do you want next for Canelo? カネロの次の対戦相手として誰と戦って欲しいか?」と訊かれて「Charlo or Smith. I would be OK with Murata.  チャーロかスミス。村田もいいと思う」と答えてくれています。

しかし「村田」の理由については「カネロは昨年、ミドルとライトヘビー級でトップ選手と戦った。今年最初の試合にトップ10では下のレベルの“breather” (息抜き)を選んでもいいじゃないか」としているのです。

はぁ!?金メダリストをつかまえて“breather” だとッ!!

舐められたもんですが、プロでの実績だけをカネロと比べると、悔しいけど文句は言えません。

村田は日本ボクシング史上、最も商業的価値の高いボクサーですが、ボクサーとしての本質的な価値となると、ミドル級という特別すぎるクラスを考慮しなければ、歴代10傑にも入らないかもしれません。

しかし、欧米に体格で劣るアジアでミドル級という正真正銘の黄金階級のトップ戦線で戦っているからこそ、この大きなチャンスが訪れたのです。

フィッシャーは「村田の右は階級最強」とも評価してくれていましたが、彼の評価はそこまでということです。「右の一発しかない」と見ているのです。

村田が“breather” などではなく、“shocker”(衝撃を与える人)であることを見せてやりましょう。


さらにしても!年内にも実現しそうなメガファイトです。

来年以降は 「東京ショッカー」が何を指すか、世界中のボクシングファンを大いに混迷させてしまうでしょう。

それって「ダグラスvsタイソン」のことなのか?それとも「村田vsカネロ」のことなのか?

ショッカー。いいですね。イー!です。

「東京ショッカー2」。いいですね。イー!です!

怪獣退治にはこれ以上ない、絶妙のタイトルです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ